FC2ブログ
TOP > アニメ

Aiの使用カード

アニメ版 遊戯王VRAINSから 闇のイグニス Ai です。

20190529_09.png


Aiの使用カード の続きを読む


テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

アニメ 遊戯王デュエルセレクション 第11回 感想

5D's第57話 「心の闇 残された最後の希望」

「まだ背後に黒幕いるし続くやろ」と期待してたのに終わられるのもキツいですが、
黒幕の組織のイメージが章の前後でイマイチ一致しないってのも割と困惑ですね。
と、ルドガーの回想の男を見て改めて思いました。
しかし、モーメント絡みの因縁がストーリー全体の軸になっている点は、
非常にすっきりしていて、やはり良いですね。
前のセレクションで既に最終回をやってしまったのが惜しいくらいです。

さて、前回から続いたルドガー戦が決着しましたね。
デュエルリンクスでのゲームオリカ実装の件なんかを見るに、
彼は今回のセレクションでは「地縛神」の販促要員だったのでしょうが、
いつか「スパイダー」の方も強化してほしいです(おこぼれで八雲も)。

話数配分的に5D'sはここで区切る(GXより少ない)かと思っていましたが、
次のジャックvsカーリー戦までやってくれるようで一安心。
来週も楽しみです。


【関連項目】
遊星の使用カード(アニメ版)
ルドガーの使用カード(アニメ版)

  


テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王VRAINS 第118話 感想

TURN 118 「無謀な提案」

「ダークワイト」なんて名前は、本家ではカッコよすぎて被りそうにない?
20190911_01.png

今回の新カードはこちら。

遊作
《サイバネット・クロージャ》
(名ターン1)自MPに発動可。デッキから1枚選んで裏側で除外。
自分のサイバース族リンクが相手リンクを戦闘破壊したら↑を墓地へ。
《フォーマッド・スキッパー》
OCG版との違い:Wiki参照。
《オーバーフローター》
自身を戦闘破壊した相手の効果を無効にできる。
(↑したターン不可)場のモンスターの数が相手より少なければ、墓地から除外し、
相手の攻撃モンスター以下のATK(元々)の相手モンスターの効果を全て無効化。
《エクスレイヤー》
リンク先にモンスターがいれば、このカードを攻撃対象にできない。
自身またはリンク先のサイバース族の戦闘ダメージを0にできる。
リンク先にX召喚されたら、
自場の1体をリリースして手札からレベル4以下1体をSS可。
《パラレルエクシード》
(名ターン1)自分がリンク召喚したら、そのリンク先に手札から守備表示でSS可。
(名ターン1)このカードがNS・SSしたら、同名1体をデッキから守備表示でSS可。
同名の効果でSSされたら、レベル4になり、元々のATKとDEFは半減。

今回も錚々たるメンツの同窓会でしたね(EXは残り4枠?)。
しかし、ここで新規の派生リンク体が出た《リンクスレイヤー》は、
20190911_03.png
遊作君の代表モンスター争いで一歩リードかな?
最終切り札は1月パックの名前的にやはり「コード・トーカー」なのか、
はたまた《ファイアウォール・ドラゴン》の逆転なるか・・・!?

Ai
《-Ai-SHOW》
(名ターン1)相手の攻撃宣言時、合計がそのATK以下になるように、
リンク以外のATK2300のサイバース族を自EXデッキからリンク先の自場にSS可。
その後、BPを終了する。
《-Ai-コンタクト》
(名ターン1)FZのと同名のカード1枚を手札からデッキに戻して3ドロー。
《キ-Ai-》
自分の「@イグニスター」1体を蘇生(効果無効)。
自場の「@イグニスター」リンクの効果破壊の代わりに、墓地のこのカードを除外可
(その後、ターン終了時まで、自場の「@イグニスター」リンクは破壊されない)。
《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》
元々のATK=リンク素材×1000。
ATK+=自場のカードの数×1000。
1ターンに1度、カウンターを置く(置かれていれば、他の効果を受けない)。
1ターンに1度、モンスターを破壊し、リンク先に「@イグニスタートークン」をSS可。
《ダークワイト@イグニスター》
リンク状態なら攻撃対象にできない。

究極の「サイバース」はなかなかカッコいいですね。好みです。
20190911_02.png
このリンク6を超えるマーカー数MAX(8)のリンクは、さすがに作中じゃ出ないかな?
(イグニスたちに加えて、遊作君と草薙さんとの絆とかでワンチャン?)

さて、着々とラストに向けて盛り上がってますね。
次回はライトニングが出てきて、前章ラストのやりとりの回収でしょうか?
20190911_04.png
Aiの悲しい決意を、はたして遊作君は止めることができるのか!?
大いに期待ですね。


【関連項目】
Playmakerの使用カード
Aiの使用カード

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

遊作の使用カード

アニメ版 遊戯王VRAINSの主人公 Playmaker(藤木遊作) です。

20170510_02.png


遊作の使用カード の続きを読む


テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

アニメ 遊戯王デュエルセレクション 第10回 感想

5D's第56話 「17年前の誓い モーメントが導く運命」

原作の舞台の街をブッ壊すとか、今考えても5D'sはスゴイ作品でしたね。
あと、イェーガーと通信してたイリアステルの男とかアンジェラさんが、なんか懐かしかった。

さて、今回は20thセレクションでやったDS鬼柳さん戦(第55話)の次の回ですね。
まだ敵側のメンバーが残っているこのタイミングでリーダー戦という構成は、個人的に好み。
暗躍する長官(まだ超ではない)をチラ見せして真の章ボスなのを匂わせつつ、
ルドガーからもある程度の情報は開示させて、メリハリのある展開にしてましたね。
次回の回想の不動博士のシーンも楽しみです。

ところで、結局VRAINSは今月で終了なのが確定しましたね。
来年まで毎週の記事のネタが1つ減ってしまうのか・・・
このセレクションが終わった後も、新作(4月?)まで結構間がありますよね?
うーん、どうしよう・・・


【関連項目】
遊星の使用カード(アニメ版)
ルドガーの使用カード(アニメ版)

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王VRAINS 第117話 感想

TURN 117 「交わらない道」

了見君のけじめはああいう形に落ち着きましたか
(別れ際にくれたの《聖なるバリア -ミラーフォース-》じゃないよね?)。

さて、ついに3年目初の遊作君のメインデュエル回ですね。
20190904_01.png
依然として公式発表が無いため、「ラストデュエル」と言っていいのか悩みます
第65話の仕掛け人の件とか、諸々回収に入ってますが)。

ギャラリーなしの2人きりの決戦となりましたね。
遊作君に説得のチャンスがあるかと思いきや、逃亡の提案は却下され・・・
人間側の仲間の生還はプログラムで制御されていて対決不可避、と。
AIの未来を試す方法のブッ飛びぷりに対してこの静かな雰囲気と、なかなかに異質。
歴代シリーズと差別化されていて、これはこれで個人的に嫌いじゃないですかね。

以下、今回の新カード。

Ai
《ゆずり-Ai-》
自場に1枚しか表側で存在できない。
1ターンに1度、自場の「@イグニスター」1体を永続魔法扱いにできる。
1ターンに1度、モンスターがSSされたら、
自分の魔法&罠ゾーンの「@イグニスター」1体をSS可。

名前が優しいのが布石だといいな。

遊作
《ガベージコレクター》
OCG版との違い:Wiki参照。
《スプラッシュ・メイジ》
サイバース族1体を守備表示で蘇生可。
《コード・ハック》
自場の「コード・トーカー」は効果破壊されない。
1ターンに1度、「コード・トーカー」の戦闘相手のATKをBP終了時まで0にできる
(モンスターは戦闘破壊されず、お互いの戦闘ダメージは0に)。
「コード・トーカー」の戦闘時に相手の魔法・罠が発動した時、
墓地のこのカードを除外して、発動無効&「コード・トーカー」のATKを700アップ可。

20190904_02.png
《シーアーカイバー》詰めデュエルでは使いましたが、
デッキへの投入が確認されたのは初めてですね。

次回予告を見るに、これまた大型モンスター多数のハデな総力戦っぽいですね。
さらにAiは「究極のサイバース」を降臨させる(儀式ワンチャン?)とのことで、
非常に楽しみです。


【関連項目】
Playmakerの使用カード
Aiの使用カード

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王デュエルセレクション 第9回 感想

5D's第39話 「降臨!2体の地縛神」

先週の続きで、ダグナー女子2人の「地縛神」お披露目回ですね。
召喚→「どこに!?」→外だ!のインパクトよ(デカイ)。
窓から覗き込んでくる《地縛神 Ccarayhua》が不気味で素敵!
また、《地縛神 Aslla piscu》の、端から場を離れるの前提の効果(とシナジー)には、
当時驚いた記憶があります。なんかスマートでイイよね(「LotD」で使うの楽しかった)。

この回は、デュエル後に我に返って苦しむカーリーを見るのが辛いです・・・
しかし、マジヒロイン度高い!
(デュエルリンクスの方でもジャックとの対戦時に特別演出があるそうで、素晴らしい!)
この流れなら、次はジャック戦(第58話)か!?
・・・と思いきや、来週は第56話(遊星vsルドガー戦)とのこと。
どういうことだ!?答ルド!

あと、忘れてましたが、ボマーディなんとかさんに助けられるのもこの回だったんですね。
今回のセレクションからは漏れましたが、彼らの強化もそろそろ来るでしょうか?
VRAINSで「バブーン」リンクが出た時には、「猿」系強化をちょっとだけ期待したものです
(あと《モーターワーム・ベイト》なんてのもありましたが)。


【関連項目】
カーリーの使用カード
ディヴァインの使用カード
アキの使用カード
ミスティの使用カード

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王VRAINS 第116話 感想

10月からの後番組の情報来てるじゃないですか(白目)。


TURN 116 「完全燃焼」

とりあえず、今回の新カードから。


《逆巻く炎の宝札》(バーニング・ドロー)
自場にカードがない場合に発動可。相手のリンク1体のマーカー数だけドロー。
《転生炎獣サラマンダラ》
(名ターン1)手札から見せ、
場のマーカー合計以下のレベルの「サラマングレイト」1体を手札からSS可。
(名ターン1)リンク召喚した「サラマングレイト」が相手の効果で場を離れたターン、
墓地の自身を除外し、そのリンクより少ないマーカー数の「サラマングレイト」を蘇生可
(EPに破壊)。その後、場の表側モンスターの効果をターン終了時まで全て無効化。

「ドロー」と読む「宝札」は初めてですね
(なんか発動するターンの制限があったようですが、読めませんでした)。
20190828_01.png
DPとかでOCGオリで出しそうな必殺技カードが先にアニメに来ましたか。
不霊夢との絆を感じる熱い展開だったのではないでしょうか。

了見
《フェイタル・オフガード》
(名ターン1)LPが相手より少なく、
EXデッキからSSされたモンスターが相手の場にのみいる場合に発動可。2ドロー。
《アブソルーター・ドラゴン》
OCG版との違い:Wiki参照。
《ヴァレル・ハーフ・リプレイス》
(名ターン1)自分の墓地の「ヴァレル」と同マーカー数・別名「ヴァレル」リンク1体を、
EXデッキからSS(ATK半減&効果無効&EPに破壊)。
(名ターン1)墓地のこのカードと「ヴァレット」2体を除外し、
リンク2闇属性をリンク召喚扱いでEXデッキから「ヴァレル」のリンク先の自場にSS。
《リンク・バースト》
(名ターン1)自分のリンク1体と相手モンスター1体を破壊。その後、自分は1ドロー。
《トポロジック・ゼロヴォロス》
OCG版との違い:Wiki参照。
《カルマセプト・ドラゴン》
相手の場にリンクがSSされたら、それにこのカードを手札・場から装備可。
(名ターン1)↑の装備対象が除外されたら、そのATK分のバーン可。
(名ターン1)このカードが墓地へ送られたら、
相手の墓地のリンク1体のマーカー数以下の自分のドラゴン族リンク1体を帰還可。

《トポロジック・ゼロヴォロス》は、てっきりパンドールが2戦目で使うものかと。
「SD36」のCMどおり、リボルバーのカードだったんですね。
20190828_02.png
彼も色々使いましたが、《ヴァレルロード・F・ドラゴン》を見られなかったのは少し残念。
そして、負けたのはかなり予想外でした
(「《エクスプロードヴァレット・ドラゴン》による相打ち」って予想が外れたのはよかった)。

さて、やはり後はAiと闘っておしまいのようですね。
20190828_03.png
仮にいつもどおりの丸3年放送だったら、今の時期はまだ最終章中盤なわけで、
ここからどんでん返しとか、葵ちゃんたちのフォローとか期待する余地があったでしょうか。
しかし、実際はもう終盤も終盤(ギリギリまで不明)で、
見たまんま雰囲気どおりに最終決戦やってたとか、割と肩スカしです。
これまでコメント等でちょいちょい語ってきましたが、
今作は個人的に見たかった展開(予想)がほとんど外された感じでしたね(締めの態勢)。


【関連項目】
Soulburnerの使用カード
リボルバーの使用カード

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th-S
VRAINS】【DUEL-S
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
全テーマの使用キャラ一覧
キャラ別使用カード
デュエル一覧・目次
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 AカードのOCG化状況
過去テーマリンク一覧
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

エターニティ・コード(1月11日発売)予約受付中!

リンク・ヴレインズ・パック3(11月23日発売)予約受付中!

SDリバース・オブ・シャドール(12月7日発売)予約受付中!

DPレジェンドデュエリスト編6(11月9日発売)予約受付中!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中