TOP > 感想

アニメ 遊戯王VRAINS 第40話 感想

TURN 40 「勝利への渇望」

まずは今回の新カードから。

鬼塚
《剛鬼ツープラトン》
ATKが変動しているこのカードを素材にした「剛鬼」リンクのATKを
ターン終了時まで1000アップ可(リンク以外の相手モンスターを攻撃不可)。
《剛鬼怒根性》
このターンに破壊された自分の「剛鬼」1体を蘇生し、このカードを装備。
このカードが場を離れたら対象を破壊。
《剛鬼ザ・ジャイアント・オーガ》
戦闘では破壊されない。
自身以下のATKのモンスター効果を受けない。
ATKが変動したら、ターン終了時までATKが1000アップ。

20180221_01.png
攻撃力変動時のAiの解説はありがたかったです。

リボルバー
《シェルヴァレット・ドラゴン》
OCG版との違い:Wiki参照。
《メタルヴァレット・ドラゴン》
OCG版との違い:Wiki参照。
《ブースター・ドラゴン》
OCG版との違い:Wiki参照。
《ハイバネーション・ドラゴン》
SSに成功したら、自分のレベル4以下の闇属性ドラゴン族1体をサルベージ可。
《ヴァレルソード・ドラゴン》
1ターンに1度、戦闘では破壊されない。
戦闘した相手の半分だけATKがアップし、相手のATKを半減(ターン終了時まで)。
(自分の?)場のモンスター1体を守備表示にできる。
↑を自分のターンで使用したら、自身はもう1度攻撃できる。

20180221_02.png
戦闘の演出は結構良かったのではないでしょうか。
刃を交えた状態からの至近距離での「ゼロバレット・ファイヤー」がカッコよかった!

鬼塚さんお疲れ様でした。
子供たちを絶望させないためにも、山本先輩たちのリポートはここまででしょうか?
この戦いが終わったらすぐに仲間たちが戻るとして・・・戻るよね?

ただ、次の遊作君vsリボルバー戦で「ロスト事件」の重要な情報が出てきそうなのに、
草薙さんが聞けないのが気になりますね(予告では知ってる体ですが)。

あと、リボルバーの「デュエリストは2人だけ」発言が本当なら、鴻上博士は闘らないの?
4月からOP曲が変更(KIMERUさんの「go forward」!)とのことですが、
3月いっぱい使ってラストデュエルなのですかね?


【関連項目】
リボルバーの使用カード
Go鬼塚の使用カード

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

漫画 遊戯王ARC-V 第31話 感想

Vジャンプ 2018年4月号
スケール31 「「満足」と「諦め」!」

前作の八雲弟(偽)のエピソードも大概でしたが、
今作でもまたドギツイのブッ込んできましたね・・・
介護疲れは深刻な問題ですね(素良君の場合は看取り疲れもループ回数分という)。
つらい・・・つらい・・・

黒咲さんと沢渡を大事にすべきだったという点には同意(主にデュエル回数の件)。

あと、さらっと言ってましたが、ユユユは死んで魂だけ取り憑いてるの?
おい・・・この後またキッツイ過去(未来)が判明しちゃうの・・・?こわい・・・

さて、デュエル面での今回の注目は、
《スターヴ・ヴェネミー・リーサルドーズ・ドラゴン》ですね。
「スターヴ・ヴェネミー」くくりは、
《スターヴ・ヴェネミー・ドラゴン》と一緒のパックでOCG化する前フリ?
しかし、ヴェネミーカウンターですか・・・
ユユユのドラゴンは使用テーマ所属じゃないので、
捕食カウンターじゃないのは仕方ないのでしょうかね?

もしかして、ユーゴも復活して2体目のドラゴン貰える?
ユートは「《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》があるからナシね」ってのがこわい・・・


【関連項目】
ユーリの使用カード(漫画版)
素良の使用カード(漫画版)
Vジャンプ 2018年4月号 届いたよー!

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

Vジャンプ 2018年4月号 届いたよー!

Vジャンプ 2018年4月号の感想です。

一月前なんですし、PRB2018の付録はさっさと明かしてくれればいいのに。

SR闇黒の呪縛には、やはり「ウイルス」がどっと再録されるんですね。
《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》には、「そういう方向で来たかー!」と。
結構な人が思ってるでしょうが、連動してバイラさんのカードも出ないか気になるところ。
今さら「ウイルス」と「ウィルス」を一緒にカバーするのは無理にしても。

ダーク・セイヴァーズの「閃刀姫」の情報も来ましたね。
敵国と戦争しているとか、ストーリーも公開されましたが、今後も展開が・・・?
単機で戦うヒロインをリンク1で表現してるんですね。
「空牙団」の方は、結局獣戦士族もいるんですね。
先月からの疑問ですが、獣族の団員との違いとは・・・?

来月号付録の《シューティング・ライザー・ドラゴン》は楽しみです。
ZEXALイメージのX(「RC02」の新規なし作品への補完)も期待したいですが、
今月がDM(《竜魔導の守護者》)でしたし、
作品1つずつ飛びで次はARC-Vな気もしないでもなかったり。

過去作といえば、5月発売の「CP18」の情報は次号に来ますかね?
当ブログとしては、やはりアニメ・漫画産のカードが気になります。

漫画の感想は後ほど。


【関連項目】
漫画 遊戯王ARC-V 第31話 感想
【遊戯王OCG】 DBP ダーク・セイヴァーズ 予約開始!
【遊戯王OCG】 SR 闇黒の呪縛 予約開始!
【遊戯王OCG】 ザ・ヴァリュアブル・ブック20 予約開始!

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王VRAINS 第39話 感想

TURN 39 「闇に葬る弾丸」

まずは今回の新カードから。

鬼塚
《剛鬼ジェット・オーガ》
OCG版との違い:Wiki参照。
《剛鬼ジャドウ・オーガ》
リンク先のモンスターの効果の発動を無効にして破壊可。
その後、自分の「剛鬼」リンク1体を蘇生可。
《剛鬼ムーンサルト》
1ターンに1度、自分の墓地の「剛鬼」リンク1体をEXデッキに戻し、
墓地から「剛鬼」1体を回収可。
《剛鬼ヘルトレーナー》
1ターンに1度(カード名)、自場にモンスターがいなければ、
手札からSS&このターンに破壊された自分の「剛鬼」リンク1体を蘇生可。
↑で蘇生したリンクが自場にいる限り、自身は戦闘破壊されない。
《剛鬼咆哮》
自場の「剛鬼」が攻撃するダメージステップの間、ATK+=自場の「剛鬼」×300。

20180214_01.png
今回はいっぱい展開してて面白かったと思います。

リボルバー
《トリガー・ヴルム》
闇属性リンクの素材になったら、そのリンク先に蘇生可(デュエル中1度)。
リンクの効果で破壊されたら1ドロー。
《リンク・プロテクション》
リンク以外の自分のモンスターは攻撃不可。
1ターンに1度、自場のリンク1体を対象に発動可。
このターン、戦闘破壊されず、その戦闘でのお互いのダメージは0に。
対象が攻撃した相手のリンクはダメージ計算後に破壊される。
自場のリンクが破壊され墓地へ送られたら、それとこのカードを除外して発動可。
相手の場のリンクモンスターの数<除外した自分のリンクのマーカー数ならば、
相手モンスターは攻撃不可(ターン終了時まで)。

え?
20180214_02.png
え?マジでミラフォ・・・なの・・・?
たしかに歴代では視聴者視点で「ミラフォでおk」というネタはありましたが、
今更こんな仰々しい演出で本当に登場するとはさすがに予想外。
てっきり「ハノイのなんちゃら」的な限定的な効果の罠だとばかり。

まぁ、でも、たしかに絶体絶命の窮地ですね。
がんばって鬼塚さん!ここで倒れたらマネージャーとの約束はど(以下略)

次回あらすじの「最強のエース」ですが、
《剛鬼ヘルトレーナー》の効果で素材を並べるのでしょうかね?

あと「ヴァレット」のターンに入るようで。
20180214_03.png
《シェルヴァレット・ドラゴン》《ブースター・ドラゴン》も登場ですか。


【関連項目】
リボルバーの使用カード
Go鬼塚の使用カード

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王VRAINS 第38話 感想

TURN 38 「ハノイの追想」

薄々予感してましたが、リボルバー視点で改めて第1話から振り返りましたね。
20180207_01.png
仮に1、2回目とかなら、割と正統派な総集編の手法だと思います。

父親の実験とその被験体の子供たちについての語り口が、微妙に他人事っぽい気も?
リボルバーは6人の内の1人ではなく(遊作君の調査はスペクター以外は完璧で)、
「3つ」の声の「少年」本人ってパターン?
(私はあの「少年」、ラスボスのプロトタイプ・イグニスとかって予想してたのですが。)
ただ、遊作君と「少年」の会話の音声を流さなかったあたり、ミスリードもあり得る?
まぁでも、「少年」はAI、リボルバーはただの見学者で一方的に遊作君に執着を・・・
ってのはもう無理がありますかね?

しかし、この戦い、「意思を持つAI」を危険視するハノイに対して、
遊作君が別にそこで思想的に対立してるわけではないのが、本当にムズムズします。
実際Aiが真っ黒っぽくて、展開がどう転ぶのか予想できませんね
(先に絆が芽生えていれば、かばうという予想もできるのですが)。
このテの話で敵も味方も人工生命否定派とかなったら、ちょっと新しいかもですね。

さて、次回はGo之内死s・・・がんばれおにづかさーん!
20180207_02.png
倒してしまっても構わないのよ?


     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王VRAINS 第37話 感想

TURN 37 「我が母なる樹」

まずは今回の新カードから。

スペクター
《聖天樹の大母神》(サンアバロン・ドリュアトランティエ)
相手の効果では破壊不可&攻撃対象にならない(他にいなければ直接攻撃に)。
1ターンに1度、リンク先の植物族リンク1体をリリースし、
そのマーカー数まで相手の表側魔法・罠を破壊可
(発動するターン、自分のMMZのモンスターは攻撃不可)。
《聖天樹の開花》(サンアバロン・ブルーミング)
相手の全モンスターの効果を無効にし、
自EXMZのリンク4以上の植物族1体を対象に発動可(それが場を離れたら自壊)。
対象のATKはダメージ計算時のみ、リンク先のATKの合計になる。
《聖天樹の呪精》(サンアバロン・カースド・リボーン)
自分の「聖天樹」リンク1体を蘇生
(ATKはマーカー×1000&効果無効。このターン、リンク素材にできず、攻撃不可)。
このカードと対象は、互いに場を離れたら、もう片方を破壊。
自分がダメージを受けたら、場のこのカードを墓地へ送って、同値バーン可。

《聖種の地霊》のフレイバー・テキスト(効果モン主体のアニメオリカでは珍しい)が判明。
種がレアで成長にも時間がかかる、なんかスゴイ精霊だったんですね。
守備力は600でしたか。

遊作
《オーバーロード・アンカー》
自場にリンク1体のみの場合、相手の攻撃宣言時に発動可。
戦闘破壊を防ぎ、自分へのダメージ半減。その後、BP終了。
↑の効果を適用したターン、自場のこのカードを除外して発動可。
次の相手SPまで、相手のリンクモンスターのATKを半分にする。
《リンク・プロセッシング・フェイルアー》
発動後2回目の自SPに自壊。
自場のリンク1体を対象に発動可(それが場を離れたら自壊)。
リンク以外と対象のマーカー数以下のリンクは攻撃不可。
《リンク・サージ・カウンター》
自分のリンクがよりマーカーの多いリンクと戦闘を行う場合、
自場・墓地の魔法・罠2枚を除外し、ダメージ計算時のみATKを同じにできる。
《ROMクラウディア》
OCG版との違い:Wiki参照。
《トークバック・ランサー》
自場のサイバース族1体をリリースし、リンク先に「コード・トーカー」1体を蘇生可。
《リンク・アトロシティ》
自場のリンク1体をリリースし、自場のリンク1体を対象に発動可。
ターン終了時までATKを加算。
対象がリンクに攻撃する場合、その相手のATKはダメージステップ終了時まで、
自分・相手の墓地のリンク×400ダウン。

いや、ホント、リンクモンスターがいっぱい出ましたね(解読班ー!)。
20180131_01.png

スペクターさん、この2連戦で今作でも特に強い印象を残して逝きましたね。
お母さん伐られて焼かれて終わりでは後味悪いですが、
20180131_02.png
ビターエンドなのか、後々救済があるのか・・・
個人的には、事件被害者の掘り下げは次章以降にでも改めてやってほしいところ。
遊作君とはそのへんの語り合いが足りなかったように思います。

そして、晃お兄さまも消えちゃいましたか・・・
遊作君の復讐の見届け人になるかとも思ったのですが。
鬼塚さんも次の相手が・・・ですし、
結局、部外者はみんな消えて、深い事情は知られない展開なのでしょうか?
まだカエルとハトがいますけど。
うーん、気になります。

というところで、
VRAINS、また総集編情報整理回だってよ。
20180131_03.png
リボルバー視点なら新情報には期待できる?
でも、主人公も知るべきな内容の場合、まだ焦らされる可能性が高い・・・?


【関連項目】
Playmakerの使用カード
スペクターの使用カード

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王VRAINS 第36話 感想

TURN 36 「くだらない正義」

スペクターさんの鋭いツッコミ回でしたね。
まぁ、「復讐者」として半端になろうと、主人公的にはやはり「優しさ」は欲しいでしょう。
ただ、遊作君の場合、「代わりに得た仲間との絆」云々な展開には足りないですが、
どういう風に話を持っていくのでしょうかね?
鬼塚さんいないし、エマさん葵ちゃん消えちゃったし(実はお兄さまの方と?)。

以下、今回の新カード。

スペクター
《聖天樹の輝常緑》(サンアバロン・グローリアス・グロース)
戦闘ダメージを受けたら発動可。
「聖蔓トークン」1体SS&「聖天樹」1体リンク召喚&ダメージ回復。
自分が回復したら、同値バーン。
1ターンに1度、相手の直接攻撃を無効&自場の「聖蔓」に攻撃強制。
自場の「聖天樹」が破壊されたら自壊。
《聖天樹の月桂精》(サンアバロン・ダフネ)
リンク召喚に成功したターン、リンク素材にできない。
このカードは攻撃対象にならない(他にいなければ相手の攻撃は直接攻撃に)。
1ターンに1度、自場のモンスター1体をリリースし、
自分の植物族リンク2体をEXデッキに戻せる。
《聖天樹の威圧》(サンアバロン・フォース)
自場の「聖天樹」リンクは相手の効果対象にならない。
相手モンスターが戦闘破壊されるダメージ計算時、
場の最多リンクマーカー数×100バーン。
場に「聖天樹」がいなければ自壊。

20180124_01.png
ようやく「ゲニウス・ロキ」のカードが映ったと思ったら、
小さくてカード名の表記が見えませんでした。
DVDの設定資料待ちですかね?OCG化が先だと嬉しいですが。

そういえば、DVD第2巻の設定資料では、10年前のも「藤木遊作」表記でしたが、
「保護プログラムで別の名前に~」で「自分が自分である実感が無い」とかいうような、
さらに重い話ではなかったということでしょうか?

2人の闘いはどのような結末を迎えるのか・・・次回は見逃せませんね。

あと、今回は《マルチスレッジハンマー》のアクションが好みでした。
20180124_02.png
動作に重みがあって、地上戦(マスターデュエル)って感じでした。

ところで、「RC02」にやっぱり《オッドアイズ・アークペンデュラム・ドラゴン》が来ましたね。
欲しい・・・


【関連項目】
Playmakerの使用カード
スペクターの使用カード

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

漫画 遊戯王ARC-V 第30話 感想

Vジャンプ 2018年3月号
スケール30 「素良の望む世界!」

さすがに「ゲ素良(スラ)」は言いすぎだと思うの、アオリ(担当)さん・・・

《デストーイ・ボーンダイバー》のPスケールと《デストーイ・マイスター》のレベル、
修正されるとしたらどっちでしょうかね?
あと、《デストーイ・クロウパイレーツ》といい、「海」のイメージっぽいですが、
アニメ版後半の《ファーニマル・オクト》などに続く水属性なのでしょうか?
「デストーイ・ユニット」って用語は、漫画的には便利ですね。流行るかな?

素良君の願いは悲しいけど、気持ちはわかりますね。
私も某アニメ作品の出来が完璧なパラレルワールドに行きたいです・・・
懸念については前回の感想で述べたとおり。はてさて・・・?

ユーリの出番来ましたが、「捕食植物」は増えるのだろうか・・・?
あと結局社長たちも観戦に来るっぽいですが、
もうとにかくカードを増やしてほしいので、
いっそ沢渡と黒咲さんの乱入もアリな気がしています。

ところで、また6話収録なら、次で単行本第5巻の分の話が溜まりますね。
付録は今回登場の《デンジャラス・デストーイ・ナイトメアリー》かな?
アイザックさんのは1枚だけ来てもアレですしね。


【関連項目】
遊矢の使用カード(漫画版)
ユーリの使用カード(漫画版)
素良の使用カード(漫画版)
Vジャンプ 2018年3月号 また発売日前に届かなかったよ……

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
デュエル一覧・目次
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 過去テーマリンク一覧
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

「クインテット・マジシャン」&「円融魔術」付属のヴァリュアブルブック20(2月23日発売)予約受付中!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析