TOP > 感想

アニメ 遊戯王VRAINS 第53話 感想

TURN 53 「賞金稼ぎ ブラッドシェパード」

まずは今回の新カードから。

遊作
《クロック・ワイバーン》
NS・SSに成功したら、自身のATKを半分にして、
自場に「クロックトークン」1体をSS可(カード名ターン1)。

道順
《ドローン・ポーン》
自場に他のモンスターがいない場合、戦闘破壊されない。
このカードが攻撃されたターン、BP終了時に受けたダメージを回復。
《キャプチャー・ドローン》
自場に「ドローン」がいる場合、相手のリンク1体を対象に発動可。
対象は効果無効&リリース不可&リンク素材にできない(対象が場を離れたら自壊)。
相手のリンクは攻撃不可。
1ターンに1度、自MPに、対象のマーカー数の「ドローントークン」を自場にSS可。
《バトルドローン・サージェント》
効果不明。
《バトルドローン・ジェネラル》
効果不明。


デュエル以外のプロの描写に時間を割かれるのは、正直辟易するのですが、
20180523_01.png
道順さんは思いの外ドラマに絡んできそうですね。
第50話で映った髪色からエマさんの兄弟説がありましたが、まさかホントに・・・?
彼の、AIに嘘をつかせる戦術には感心しました。
思想的にもストーリーの根幹に絡んでくるのか気になるところ。

とはいえ、ハノイプロジェクト関係者以外の活躍はキビしそうという印象は未だ変わらず。
ブルーエンジェル改めブルーガールちゃんには頑張ってもらいたいです。
20180523_02.png
スペクターさんも関係者だったことに興味を持たせたりして、
より関わる動機を強めるという手もあるのではないでしょうか?
(他に、被験者のツインテっ娘も絵本のブルエン関係という予想もありますが。)
20180523_03.png

まぁでも、風属性「ドローン」使いの道順さんが風のイグニスを手に入れるなんて展開も、
ナイとは言い切れないかも・・・?(「黙れ」キャラが主人公と被りますが。)
20180523_04.png
まずはリンクモンスターの「バトルドローン」の強さに注目ですね。


【関連項目】
Playmakerの使用カード
ブラッドシェパードの使用カード

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

漫画 遊戯王ARC-V 第34話 感想

Vジャンプ 2018年7月号
スケール34 「伝説に挑め!」

ユユユ3人の中で最後まで残ってEVEさんのボスラッシュに挑むとか、
なんやかんやでユートって一番扱いが良いのかも?
→新規は装備魔法1枚(遊矢君復帰して交代)
漫画オリジナル「幻影騎士団」Xで笑顔になりたかった・・・
いや、でも、まだ眠りにはついてないから、もう1回交代する可能性も・・・?
ユーゴとユーリも起きたし、後述の流れから、もうめっちゃ遊矢君が決める雰囲気ですが。

ついに判明したユユユの正体。
それ自体は予想の範囲内でしたが、肉体はやっぱり滅んでるのでしょうかね?
「ワールドイリュージョン」の時に外にいましたもんね。
「四重人格」もとい憑依?は遊矢君が「G・O・D」と契約した(のを忘れてた)のかな?

復帰といえば、柚子ちゃん(今回お色気シーンあり)も予想より早く戻ってきましたね。
彼女が欠けているうちは最終決戦の場にならないと考えていましたが、
これは、このまま真ラスボスも南極に現れる可能性が・・・?(順当に「G・O・D」?)

まぁ、まずはこのEVEさん戦の次回以降の展開に集中ですね。
(残念ながら)未だ健在な彼女の場を、どのように攻略するのか気になります。

さて、カード的には不満もありますが、ユートはカッコよかったと思います。
《ダーク・アンセリオン・ドラゴン》の良調整でのOCG化を期待したいです。

あとカッコいいといえば、今月号表紙の遊矢君も。
なんでDBの悟空とバトってるの!?


【関連項目】
ユートの使用カード(漫画版)
EVEの使用カード
Vジャンプ 2018年7月号 届いたよー!

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

Vジャンプ 2018年7月号 届いたよー!

Vジャンプ 2018年7月号の感想です。

純金製の《青眼の白龍》がふつくしい・・・

DPレジェンドデュエリスト編3はライバルパックなんですね。
キャラのチョイスが急に豪華になって驚きました(次どうするんでしょ?)。
残りの「あの」ライバルとは誰なのか気になりますね。
《青眼の混沌龍》
《サイバー・エタニティ・ドラゴン》
《BF-フルアーマード・ウィング》
《輝光竜フォトン・ブラスト・ドラゴン》
に続いてどんなのが来るか非常に楽しみ。続報はよ!

マスター・リンクの看板は、やはり《シューティングコード・トーカー》でしたか。
全属性「コード・トーカー」が揃った今、こちらも次のSDの内容が気になるところ。
スペクター戦の《トークバック・ランサー》が入るということは、
今度こそ《マルチスレッジハンマー》も来るでしょうか?
2年目に登場した《エルフェーズ》もさっそくOCG化するなど、
遊作君のカードは今後も順調に増えていきそう?
OCG化情報はますます要チェックですね。
そろそろ「ソウル・フュージョン」のも来てほしいです。

次号付録の《魔界の警邏課デスポリス》さんも予想外すぎてびっくり!
彼女も《クリッター》ちゃんの禁止カード関連ネタに関わってくるのでしょうかね?
そちらの意味でも要チェックです。

漫画の感想は後ほど。

20th ANNIVERSARY LEGENDARY DRAGONSの応募も早めに行かねば。


【関連項目】
漫画 遊戯王ARC-V 第34話 感想
【遊戯王OCG】 DPレジェンドデュエリスト編3 予約開始!
【遊戯王OCG】 SD マスター・リンク 予約開始!

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王VRAINS 第52話 感想

TURN 52 「名ばかりの英雄」

一瞬、早見ちゃんは乱入するのかと。
20180516_04.png
こんな酷い方向でキャラ立てんでも。

まずは今回の新カードから。

穂村
《リターン・オブ・リンクファイア》
自分の「サラマングレイト」リンク1体を蘇生(ターン終了時まで攻撃・効果発動不可)。
その後、そのマーカー数×200バーン。
《転生炎獣の降臨》
「サラマングレイト」用儀式魔法。
自場に「サラマングレイト」リンクがいれば、
墓地の「サラマングレイト」をデッキに戻してリリースの代わりにできる。
《転生炎獣エメラルド・イーグル》
自場の「サラマングレイト」リンクをリリースして発動可。
戦闘相手を破壊してATK分のバーン。

まさか穂村君も儀式モンスターを使うとは(名前が「宝玉獣」っぽい)。
20180516_01.png
データ放送でモンスターのネタバレを見た時には、
《サイバネット・リチューアル》が共通カードになるかと思いましたが、
テーマ専用儀式魔法でしたね。

鬼塚
《ダイナレスラー・マーシャルアンキロ》
自分の「ダイナレスラー」がそのATK以上の相手と戦闘を行うダメージ計算時、
手札・場のこのカードを墓地へ送って発動可。戦闘破壊を防ぐ。
ダメージ計算後に相手のATK半減。
《ダイナレスラー・ラアムブラキオ》
「ダイナレスラー」リンクが戦闘ダメージを与えたら、手札から守備表示でSS可。
次のターン、自身以外の「ダイナレスラー」は効果の対象にならない。

《ダイナレスラー・キング・Tレッスル》には攻撃順を決める効果もあったんですね。
名前の小ネタ感的に、私は割と「ダイナレスラー」好きかもです。
鬼塚さん、いつかまた輝けるといいですね。

しかし、両親の事故死とか、穂村君の過去もつらいですね。
これはハノイもっと憎んでも許されるでしょうに。
20180516_03.png
ヤンキーも、別にそっちが本性で隠してたわけでなく、本当にいい奴だったのか・・・
ヒロイン候補?もいて、ますます主人公力が増してますね。
20180516_02.png
キャスト表で「上白河綺久」って名前を見た時には、
てっきりハノプロ被験者(ツインテっ娘)かと思いましたが。

次回は道順健碁さんの初デュエルですね。
20180516_05.png
「ドローン」デッキは気になります。
でも、顔も本名も既にバレてて、「実体」云々(次回予告)もナイでしょうよ草薙さん。


【関連項目】
Soulburnerの使用カード
Go鬼塚の使用カード

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王VRAINS 第51話 感想

WOW!!トムのカードOCG化率100%達成デース!
CP18」、いよいよ今週末発売ですね。もっと情報おくれ。


TURN 51 「カリスマを捨てた男」

まずは今回の新カードから。

鬼塚
《ワールド・ダイナ・レスリング》
自場に「ダイナレスラー」がいれば、お互いBPに1体でしか攻撃できない。
自分の「ダイナレスラー」は攻撃時にATKが200アップ。
《ダイナレスラー・カポエラプトル》
攻撃表示なら戦闘破壊されず、戦闘後に守備表示になる。
守備表示なら1ターンに1度?デッキから同名1体をSS可。
《ダイナマッスル》
自場の「ダイナレスラー」のATKは400アップ。
自場の「ダイナレスラー」は、それぞれ1ターンに1度だけ破壊されない。
《ダイナレスラー・カパプテラ》
「ダイナレスラー」リンクの素材として墓地へ送られたら、
BP終了時までそのリンクのATKを1000アップ可(他は攻撃不可)。
《ダイナレスラー・キング・Tレッスル》
攻撃に対して?相手は魔法・罠を発動できない。

鬼塚さん、カリスマだけじゃなくて「剛鬼」も捨ててるじゃないですか!
20180509_01.png
デッキは今後ずっと固定なのか、それとも(半端にOCG化した)後で戻るのか。
リンクの素材指定や素材時効果の関係で、混合デッキにはならなそう?
恐竜族テーマ使いは貴重といえば貴重ですが、まさか鬼塚さんがなろうとは・・・

穂村
《転生炎獣Jジャガー》(ジャック)
貫通。
(同名ターン1)自身以外の自分の墓地の「サラマングレイト」1体をデッキに戻し、
自身をこのターンにリンク召喚された「サラマングレイト」のリンク先に蘇生可。

2戦目にしては新カードが控えめでやや残念。次回に期待。

しかし、鬼塚さんのバウンティーハンターになった理由がつらい・・・
小物っぽく見えちゃいますが、気持ちはわかります。
あんな扱いされたら、そりゃコンプレックスにもなりますわな。
そこで、彼に救われた者として穂村君の掘り下げと因縁作りをしたのは上手いかと。
人間関係はどんどん広げてほしいです。楽しみ!
とはいえ、鬼塚さんがロスト事件絡みの事情を知ったのが晃お兄さま経由だったり、
このデュエルを観てもらってなかったりで、
肝心の遊作君本人との結びつきがなかなか強化されない点は心配です。
案の定速攻で消えた剣持さん鐙坂さんと組んでても未来なさそうですが、はてさて・・・?
あと、君島君もうちょっと過去に絡んでくるかと思ったら、チラッと映っただけでしたね。
20180509_02.png

ヤンキー穂村君のハノイ騒動当時の状況も気になりますね。
20180509_03.png


【関連項目】
Soulburnerの使用カード
Go鬼塚の使用カード

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王VRAINS 第50話 感想

TURN 50 「転校生、穂村 尊」

デートかな?もっと腕にシルバー巻いた方がいいんじゃない?(様式美)
20180502_01.png

今回は色々と新情報が来ましたね。
Aiのプログラムがおそ松お粗末だったとか。

穂村君は元ヒッキーのネットオンチで、立ち直って不霊夢と組んだのは最近、と。
ハノイへの特筆すべき恨みは無い?
現状のイイコちゃんな新相棒では面白みに欠けるかな。何か欲しいところ。

また、イグニス6属性対応(Aiは闇属性)説が確定しましたね。
20180502_05.png
仁君の属性に言及したのは、重要なイグニスである前フリでしょうか?
それとも、進入禁止エリアに風のイグニスのデータの断片があるあたり、
ハル君たちが既に風を捕獲→その元の仁君のデータも必要って流れだった?
前回のコメント欄で書きましたが、「ジン」は名前的には風っぽいなと。)
ただ、人間につくか議論していたそうですし、
自発的に敵側についたイグニスがいる可能性もまだ捨てきれない?
ボーマンさんの扱いを見るに、敵もなかなかの外道っぽいですが。
20180502_02.png

ブラッドシェパード(本名:道順健碁)さんは早々のリアル姿判明で、
20180502_03.png
(少なくとも視聴者にとっての)リアルでのサプライズ展開はなさそう?

でも、ここにきて再登場した磯巻さんには何かあるかも?
20180502_04.png
ちょっと前のコメント欄で「この人何だったんだろ」って書いたのですが。

戝前兄妹とエマさんの動きにも期待したいですね。

さて、次回は穂村君vs鬼塚さんですね。
前回は別行動だったため、遊作君は初めてSoulburnerのデュエルを観るわけですね。
主人公が視聴者と一緒に新レギュラーの初デュエルを観ていないのは珍しい気がします。
ここで穂村君がダミーデッキを使って真の実力を隠したりしたら、
視聴者的には「やっぱり何かよからぬこと企んでる!?」と緊張感が生まれるのですが、
今回を見るに、特にそういう流れではなさそうですね。
単に鬼塚さんを生贄に捧げてレギュラー交代を強く印象付けたいのかな?(非情)
逆に、鬼塚さんが健闘して存在感を改めてアピールできるか注目したいところです。

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王VRAINS 第49話 感想

TURN 49 「炎をまといし決闘者」

まずは今回の新カードから。

Soulburner
《転生炎獣ミーア》(サラマングレイト)
手札の「サラマングレイト」1体を墓地へ送って手札からSS可。
《転生炎獣フォクシー》
場に表側表示の魔法・罠があれば、
手札の「サラマングレイト」1体を墓地へ送って蘇生可。
その後、場の表側表示の魔法・罠1体を選んで破壊。
《転生炎獣ファルコ》
自場の「サラマングレイト」1体を手札に戻し、自身を蘇生可(カード名ターン1)。
《転生炎獣ヒートライオ》
リンク召喚成功時、相手の魔法・罠1枚をデッキに戻せる。
転生リンク召喚している場合、1ターンに1度、ターン終了時まで、
場のモンスター1体のATKを自分の墓地のモンスター1体と同じにできる。
《エナジー・オブ・ファイア》
相手の攻撃宣言時に自分の墓地の「サラマングレイト」1体を対象に発動可。
その戦闘でモンスターは破壊されない。
対象をデッキに戻し、そのATK分のLPを回復。
《転生炎獣の聖域》(サラマングレイト・サンクチュアリ)
(各効果カード名ターン1制限)
「サラマングレイト」リンク1体のみで「サラマングレイト」をリンク召喚可。
「サラマングレイト」の戦闘でダメージを受ける計算時に1000LPを払い、
自場の「サラマングレイト」リンク1体のATKを0にして、元々のATK分のLPを回復。

やはり彼もサイバース族使いでしたか。炎族でなく炎属性の。
また、融合使い(「ソウル・フュージョン」からの期待)でなく、普通にリンク使いでしたね
(「Burning Draw」で《融合》をドローするのかと)。
そして、エースはドラゴンでなくライオンだったのね。
20180425_01.png
「転生」をテーマにクルクル回したり、「転生リンク召喚」でデバフをリセットしたりと、
OCGでの調整(名称ターン1縛りの度合い)が気になる効果です。

ビットブート
《Dスケイル・サーベルサーディン》
500LPを払って発動可(カード名ターン1)。「Dスケイルトークン」1体をSS。
《Dスケイル・バトルシーラ》
1ターンに1度、自MPに発動可。自身のリンク先の自MMZに移動。
1ターンに1度、自MPに発動可。リンク状態のカードのリンク先の自MMZに移動。
《Dスケイル・トーピード》
「Dスケイル」のみ装備可。
1ターンに1度、自MPに発動可。このターンの装備対象の移動回数×800バーン。
《Dスケイル・ピアースソーリー》
手札の「Dスケイル」1体を墓地へ送り、「Dスケイル」1体を蘇生可(ATK半減)。
《Dスケイル・フルメタルダンクル》
1ターンに1度だけ破壊されない。
↑を適用した時に発動可。自身のリンク先の自MMZに移動。
このカードが移動した場合、同じ縦列の相手モンスターをEPに破壊可。
《Dスケイル・チャフ》
自場の「Dスケイル」リンク1体のマーカー数が
相手の手札及び相手の場のモンスターの合計と同じ場合に発動可。
相手の手札及び相手の場のモンスターはターン終了時まで効果無効&攻撃不可。

そして、こちらは魚型サイバース族使いでしたね(今作での魚族強化は諦めるべき?)。
最強コンボ「地獄への航海」は、興味深かったです
(位置移動効果のバリエーション増加の点で)。
20180425_02.png
たった1回でハル君に「クビ(Fire)」にされちゃいましたが、
今後も彼らみたいな使い捨てキャラ(と新戦術)が来るのか気になるところ。
あと、《裁きの矢》以外のリンクマジックも増えるのか。
「合体したからスキル2人分使える」は一発ネタなのか、
いつかイグニスとパートナーが合体する前フリなのか・・・

さて、Soulburnerはなかなかに好青年でしたね。
しかし、不霊夢さん割とポンコツじゃねーか!
20180425_03.png
前回「クールキャラだな」とか思っちゃたよ。間違いなくAiの同胞だわ。
「期待」に反して裏切りキャラではなさそう・・・?
次回でサイバース世界の崩壊についてどの程度知っているのか、
また、この5年間何をしていて、穂村君とはどうやって出会ったのか、
といった話が語られるのか注目ですね。
20180425_04.png
あと、穂村君のハノイへの憎しみ及び、
リボルバーを許した遊作君に思うところがあるのか無いのかといったところも。
そのへんがボカされると、まだ後がわからないかなーと思います。

いよいよ動き出したVRAINS新章。とにかく要チェックですね。
ロボッピちゃんvs《リンクリボー》の行方とか、ハル君とボーマンの上司?とか。


【関連項目】
Soulburnerの使用カード
ビットブートの使用カード

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

少年ジャンプ 2018年21・22合併号 買いました!

2年前のように描き下ろしの遊戯王漫画が載ってる(感想ネタがある)わけでもないので、
本当に「買った」という報告だけなのですけどね。

《サクリファイス・アニマ》付属の
週刊少年ジャンプ 2018年21・22合併号は本日発売でしたね。
※このカードは一般発売されません。」って書かれてますね(VJだと無いのに)。

紹介ページには原作画のペガサスが。
付録の使い方を教えてくれるなら、友永先生のSD漫画とか読みたいです
使用カードまとめが増やせるので)。

しかし、《サクリファイス》のリンクリメイクは良い感じかと(元のカード枠と色も似てますし)。
どうせなら元のと同名扱いに(テーマ強化)してほしかったかもですが。

来年は何が来るか今から楽しみですね・・・もうちょっと付録の機会増やしません?


【関連項目】
ペガサスの使用カード

  

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
デュエル一覧・目次
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 AカードのOCG化状況
過去テーマリンク一覧
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

エクストラパック2018(9月8日発売)予約受付中!

20thアニバーサリーセット(8月18日発売)予約受付中!

ヒドゥン・サモナーズ(8月4日発売)予約受付中!

ソウル・フュージョン(7月14日発売)予約受付中!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析