TOP > 未OCG化カード

【未OCG化カード】 魔星剣

勝鬨君のモンスターのOCG化に驚きを禁じ得ない。
20180417_01.png

今回は、彼の使ったこのカードを。

未OCG化カード紹介第82弾

《魔星剣》
【初出】 アニメ版 遊戯王ARC-V 第39話
【使用者】 勝鬨勇雄

【アニメ版テキスト】

装備魔法
①:魔法カードを自分の手札に加えた場合に発動できる。その魔法カード1枚を墓地へ送る度に、装備モンスターの攻撃力は100アップする。

《覇勝星イダテン》に効果が内蔵されたのでたぶんOCG化しないだろうということで紹介。
数値が違うのでもしかしたら・・・?いや、ナイか。
キャラデッキの完成度的には残念に思わなくもないです。
まぁ、OCG版「アクションマジック」の調整的に、どのみちアニメ再現は無理ですが。
アニメ再現といえば、「天」「地」テーマ化もやはり無理でしたね。

しかし今にして思えば、彼のカードはCPに入れるのに程よい数だったかもですね。
(もっと早ければ最強Dでもデュエルさせてもらえてたかも?)
非テーマなのでデッキ名が【勝鬨勇雄】になりそうというのは笑いましたw
いつか竹田&梅杉のもOCG化して【梁山泊塾】になるといいですね。


【関連項目】
勝鬨の使用カード(アニメ版)

  

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【未OCG化カード】 妖精のゴング

Vジャンプ6月号付録の《希望の魔術師》の効果が判明しましたね。
結局、遊馬のテーマをサポートする効果は付きませんでしたか。

遊馬のテーマといえば、こんなカードがありましたね。

未OCG化カード紹介第81弾

《妖精のゴング》
【初出】 アニメ版 遊戯王ZEXAL 第9話
【使用者】 九十九遊馬

【アニメ版テキスト】

通常罠
直接攻撃によってダメージを受けた時発動する事ができる。自分のデッキから「妖精」または「フェアリー」と名のつくレベル3以下のモンスター1体を攻撃表示で特殊召喚する。

遊馬は《妖精ジョー》のためだけにこのカードを入れていたのでしょうか?
以前も触れましたが、
これで小鳥ちゃんとのタッグデュエル回があってそこで再使用していれば、
かなり驚けたかもしれません。だいぶ初期のカードでしたし。

しかし、「妖精」または「フェアリー」は、
海外版のカード名的に、まず間違いなく永遠に非OCGテーマのままでしょう。
まぁ、まずは可能性のあるテーマ化済みのサポートカードのOCG化を要請したいです。
あと「PP20」に入れてくれなかった遊馬イメージのリンク(期待薄ですが)。

ところで、言ってもしょうがないですけれど、「妖精伝姫」はレベル4なので対象外ですね。


【関連項目】
遊馬の使用カード(アニメ版)

  

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【未OCG化カード】 緊急回避

未OCG化カード紹介第80弾

アクションマジックの《回避》じゃないですよ?

《緊急回避》
【初出】 アニメ版 遊戯王GX 第91話
【使用者】 遊城十代

【アニメ版テキスト】

カウンター罠
(不明)自分フィー(以下不明)

【使用者の台詞抜粋】

魔法カードの発動時に発動でき、自分のフィールド上のカードを全てゲームから除外する。
魔法を回避した後、除外したカードを元の状態に戻す事ができる。ただし、そのためには、これから俺がドローするカードがゲームから除外したカードと同じモンスターカードの場合のみ。

良回と人気の(私も好き!)一角戦で登場したカードです。
《一撃必殺!居合いドロー》から《ダンディライオン》(1枚)を守りました。
全部戻せるなら回避させた種類(枚数)が多い方が成功率が高くなってしまいますし、
「ドローした種類のカード(を1枚)だけ戻せる」とか?それならOCG化もあり得る?
ちなみに、ドローしたのは《E・HERO ネオス》でした。

ところで、「ネオス」といえば、海外版TCG新規に、
《N・グラン・モール》《N・ブラック・パンサー》とのコンタクト融合体っぽいのが来ますね!
ついにそこに手をつけますか!
十代のカードにはこのテの「あっただろう(生み出してそう)」なものが多いですよね。
《NEX》体とか《突然変異》体とか。
今後の展開が楽しみです。
残りの「セイヴァー」シグナー竜とか「CNo.」とかも出していいのよ?


【関連項目】
十代の使用カード(アニメ版)

  

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【未OCG化カード】 サイバーレーダー

2018年3月10日発売の「SR闇黒の呪縛」が発表されましたね。
看板は《魔王ディアボロス》のリメイクでしょうか?
2月の「DBPダーク・セイヴァーズ」と連動するのか気になるところ。

さて、何か関連する未OCG化カードはなかったかと探した結果、
・「SD暗闇の呪縛」のカードはTFでサイコ・ショッカーが使ってたなー。彼のを何か・・・

OCG化率100%だった。

・じゃー、《人造人間-サイコ・ショッカー》絡みでエスパー絽場のを・・・リンクスに来るし。

OCG化率100%だった。

・そういや、絽場には微妙な差し替えカードがあったな・・・
という若干無理矢理な流れで、今回はこちらのカードになりました。


未OCG化カード紹介第79弾

《サイバーレーダー》
【初出】 アニメ版 遊戯王DM 第58話
【使用者】 エスパー絽場

【アニメ版テキスト】

通常モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1400/守1000
武器をいっさい使わず、素手で戦いぬく格闘戦士。

《サイバー・レイダー》(原作でも同名)のOCG化よりもだいぶ早い登場でしたし、
「デュエル構成のすり合わせのための名前変更」ではなく、タダの誤植っぽい?
Wikiにあるとおり、フレイバー・テキストは《格闘戦士アルティメーター》のものですし。

ところで、GXのサイコ・ショッカーの精霊猪爪のリンクス参戦は(被るし)キビしいかな?
OCGの方での「人造人間」の強化は絽場枠でやりそう?キースと同じく闇機械の方向で。
サイキックorサイバース族リンクへのリメイクとかは・・・ナイかな?


【関連項目】
エスパー絽場の使用カード
【未OCG化カード】 レベル4通常モンスター

  

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【未OCG化カード】 ライン・プロモーション

メインモンスターゾーンのモンスターを移動させる速攻魔法《アスポート》が、
「EXFO」で登場しますね。
《電送擬人エレキネシス》といい、位置関係の効果を充実させる時期に入りましたか。
今なら「ラインモンスター」も特徴を残してOCG化されていたのでしょうかね?

というわけで、今回はこのカードを。

未OCG化カード紹介第78弾

《ライン・プロモーション》
【初出】 漫画版 遊戯王ZEXAL 第26話
【使用者】 飛車角

【漫画版テキスト】

通常罠
ラインワールドが場にあるとき相手モンスターを破壊した自分のラインモンスターの効果を拡大する

詳細はWikiの《No.72 ラインモンスター チャリオッツ・飛車》を参照。
(X含めて)3枚テーマ(未)のためにOCG化されることはまずナイでしょう
(レジェンドデュエリストの格でもないし、OCGオリ下級が増えるはずもなし)。
リメイク路線をシリーズ何巡かした後で「CNo.竜王」とかは妄想してなくもないですが。

ところで、これの登場回の感想でも書きましたが、
Rの玲子ちゃんの《プロモーション》先もいつか出してほしいです。


【関連項目】
飛車角の使用カード

  

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【未OCG化カード】 シークレット・ミッション

ついにデュエルリンクスのGXワールドが開放されましたね。
十代の初期デッキに、幼少の頃使ってた《オシロ・ヒーロー》《ルイーズ》が入ってますね。

今回は十代の非「HERO」サポートから1枚。

未OCG化カード紹介第77弾

《シークレット・ミッション》
【初出】 アニメ版 遊戯王GX 第81話
【使用者】 遊城十代

【アニメ版テキスト】

通常罠
相手モンスターの攻撃時に発動可能。相手プレイヤーは自分フィールド上のモンスターの中からランダムに1体を選択し、そのモンスターと戦闘するか、バトルフェイズを終了するか選択する。

このテキストだとわかりにくいですが、モンスターを選択した後でBP終了は選べません。
作中では「モンスターが透明化&位置シャッフル」という演出でしたが、
《マジカルシルクハット》みたいな処理でOCG化すると、EXモンスターゾーンが問題に?
《ニードル・ウォール》みたいにして(6も割り当てて)、当たるまで振るのが適当かな?

ところで、《オシロ・ヒーロー》《ルイーズ》といえば、《ユベル》の生け贄ですね。
彼(彼女?)の強化も来てほしいなー。新融合体なり新進化形態なり。


【関連項目】
十代の使用カード(アニメ版)

  

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【未OCG化カード】 禁止薬物

《究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン》の「DP19」収録を記念して、
今回はヨハンのカードから
(ただし漫画版。アニメ版の「宝玉」関連はOCG化の可能性があるので)。

未OCG化カード紹介第76弾

《禁止薬物》
【初出】 漫画版 遊戯王GX 第57話
【使用者】 ヨハン・アンデルセン

【漫画版テキスト】

通常魔法
モンスター1体は2回攻撃できる

《The tripping MERCURY》にお注射しました(OCG化の際に内蔵)。
Wikiの解説の通り(2017/09/28時点)、《ダブルアタック》の上位互換。
名前がアレなんで、OCG化の可能性もアレでしょうかね?
そのターンに決着がついたため(&漫画版特有の曖昧なテキストのため)、
効果が一時的なのか持続性があるのかもわかりません。
トラゴエディアに操られて使ったわけですが、
ずっと手札にあったわけですし、素でデッキに入れていた可能性も捨て切れず。
ヘル衣装の後日談でも使ってそう(偏見)。
まぁ、《スマイル・ポーション》よりはたぶん安全 (^p^)
「It was a happy duel.」

さて、「DP19」に話を戻しますが、
【宝玉獣】の新規は、やはり「究極宝玉神」が来ましたか。
今回は《宝玉の先導者》《宝玉の守護者》のような外部オプションでなく。
『「宝玉獣」自体は7種』というコンセプトは、今後も守られそう?
漫画版との連動で「宝玉虫」とかはなさそう?
「A宝玉獣」を完全上位互換で・・・というのはちょっと心配?
今後の動きも要チェックですね。


【関連項目】
ヨハンの使用カード(漫画版)

  

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【未OCG化カード】 休火山

2018年1月のレギュラーパック「FLAMES OF DESTRUCTION」が発表されましたね。
看板は《フレイム・アドミニスター》ってことはナイですかね?
【09/27追記】「EXFO」への収録が判明。
炎属性の「コード・トーカー」来る?復讐に燃える遊作君の闇堕ちモンスターとか?
あるいは新展開の新レギュラーの新テーマだったり?

というわけで、今回は炎にちなんだカードから。

未OCG化カード紹介第75弾

《休火山》
【初出】 アニメ版 遊戯王GX 第77話
【使用者】 岩丸

【アニメ版テキスト】

通常罠
このカードがカードの効果によって破壊され墓地に送られた時、効果発動。相手プレイヤーは300ポイントのダメージを受ける。1ターン後の自分スタンバイフェ(不明)互いのプレイヤーはデッキから炎属(不明)札に加える事ができる。

【使用者の台詞抜粋】

さらに、1ターン後のスタンバイフェイズに、プレイヤーはお互いのデッキから炎属性モンスターを1体手札に加える。

【四帝】デッキ時の岩丸が使用。炎丸もデッキに入れてたのかもですね。
対戦相手の十代《N・フレア・スカラベ》をサーチしました。
《篝火》(レベル4以下の炎族サーチの通常魔法)はよく聞きますけど、
コレは欲しいって声を聞いた記憶がありません。

ちなみに、私が欲しい「炎」カードはの《炎獄の祝福》です。
最悪OCG化はしなくてもいいから、せめてテキスト読める画質のBlu-ray出して。
Ⅱで璃緒ちゃんとのデュエルの回想を期待してたのですが、結局無くて残念でした。


【関連項目】
岩丸の使用カード

  

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

スポンサード リンク

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
デュエル一覧・目次
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 AカードのOCG化状況
過去テーマリンク一覧
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

「希望の魔術師」付属のVジャンプ6月号(4月21日発売)予約受付中!

20thアニバーサリーセット(8月18日発売)予約受付中!

ソウル・フュージョン(7月14日発売)予約受付中!

SDマスター・リンク(6月23日発売)予約受付中!

DPレジェンドデュエリスト編3(6月9日発売)予約受付中!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析