TOP > 未OCG化カード

【未OCG化カード】 殺虫剤

20APに《甲虫装機 ダンセル》再録ですかー(プシュー)。

未OCG化カード紹介第68弾

《殺虫剤》
【初出】 アニメ版 遊戯王DM 第64話
【使用者】 インセクター羽蛾

【アニメ版テキスト】

通常魔法
対象の虫モンスターを1体破壊する。

初出が第64(ムシ)話という偶然。
原作版テキストほぼそのまんまなんですが、あちらは「虫」のルビが「インセクト」です。

《トゲトゲ神の殺虫剤》とは効果範囲で差別化できますが、
後からこんな名前がシンプルなのをOCG化はしないかな?


【関連項目】
インセクター羽蛾の使用カード

  

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【未OCG化カード】 レベル・サンダー

《古代の機械巨人-アルティメット・パウンド》は魔法・罠の発動を封じられないんですね。
アニメ版GX第18話で《魔法の筒》を踏んだ神楽坂のはこっちだった可能性が微レ存・・・?

今回は5D'sの「アンティーク・ギア」使いのカード(非テーマサポート)を。

未OCG化カード紹介第67弾

《レベル・サンダー》
【初出】 アニメ版 遊戯王5D's 第67話
【使用者】 ルドルフ・ハイトマン

【アニメ版テキスト】

通常魔法
自分フィールド上に存在するモンスターのレベルの合計×100ポイントダメージを相手ライフに与える。

《古代の機械巨人》を3体並べて発動するも、パティちゃん《ハネワタ》に防がれました。

ハイレベル至上主義者の安易なカードだと当時は思いましたが、今は割と欲しいです。

彼のカードといえば、《古代の機械像》OCG化しませんねー。
SR03やARC-VのOFのカードとの連動でワンチャンあるかと思ったのですが。
次のチャンスは「猟犬」融合モンスターの第二波かな?

しかし、この第67話は何度観てもスライのライブ感がアレですね。


【関連項目】
ハイトマン教頭の使用カード

  

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【未OCG化カード】 超進化薬・改

SR04の収録カードが判明し始めましたね。
《プチラノドン》が可愛いので竜崎の《ヘルカイトプテラ》を紹介しようかと思ったのですが、
テキストが読めなかったので断念。

代わりにこちら。

未OCG化カード紹介第66弾

《超進化薬・改》
【初出】 アニメ版 遊戯王GX 第55話
【使用者】 ティラノ剣山

【アニメ版テキスト】

通常魔法
自分フィールド上の鳥獣族モンスター1体を生け贄に捧げる。手札から恐竜族モンスター1体を特殊召喚する。

《超進化薬》の鳥獣族リリース版。
作中では《始祖鳥アーキオーニス》にしか使っていません。

「エヴォルド」なんかがある爬虫類族と違い、
まだしばらくは「鳥獣族⇔恐竜族」効果のカードは来ないっぽいでしょうか?
《ジュラシックワールド》(アニメ版は鳥獣族にも対応)のリメイクには期待してたのですが、
来たのは同じく恐竜族オンリーの《ロストワールド》でしたし。

しかし、剣山は「恐竜の先祖は鳥だっていう説がある」って言ってましたが、逆ですよね?
とりあえず、このカードのOCG化の可能性は低そう?

ティラノと鳥といえば、近年の「ティラノサウルス」のイメージ図にはびっくりですよ!
あの恐竜、イメージが世代ごとにバラバラですよね。
あなたのイメージは「日本版ゴジラ」っぽい直立型?それとも「ジュラシック・パーク」型?


【関連項目】
ティラノ剣山の使用カード

  

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【未OCG化カード】 千筋の糸

未OCG化カード紹介第65弾

《千筋の糸》
【初出】 アニメ版 遊戯王GX 第86話
【使用者】 カブキッド

【アニメ版テキスト】

通常罠
モンスター同士の戦闘時に発動可能。その攻撃を無効にし、フィールド上のモンスターの攻撃力を0にする。

《E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン》の攻撃に対して発動されました。
自分のモンスターも含めて全て攻撃力0にするのは珍しい。
使う側が十代の《速攻召喚》のようなカードを用意しておくべきですかね。

元ネタは歌舞伎(さらに元は能)の演目の「土蜘蛛」らしいですね。
「蜘蛛の糸」といえば、遊戯がまんま《蜘蛛の糸》ってカードを使ってますね。

本日(1月10日)は「糸の日」ということで紹介しました。
まぁ、糸は糸でも「納豆の糸」なんですけどね!
ちなみに「110番の日」でもあるのですが、
カブキッドの中の人は5D'sの牛尾さんと同じという偶然。


【関連項目】
カブキッドの使用カード

  

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【未OCG化カード】 神々の杯

新成人の皆様、おめでとうございます。
「お酒は二十歳になってから」ということで、今回はこちら。

未OCG化カード紹介第64弾

《神々の杯》
【初出】 アニメ版 遊戯王GX 第90話
【使用者】 ソムリエ・パーカー

【アニメ版テキスト】

速攻魔法
自分フィールド上に水属性モンスターがいる時発動で(不明)「ワイントークン」(水・水族・星3・攻守1000(不明)特殊召喚する。

【使用者の台詞抜粋】

「ワイントークン」1体を特殊召喚します。

ジェネックスのvsジュンコ&ももえ戦で使用(場には《酒豪神 バッカス》)。
その「ワイントークン」はももえの《レスキューキャット》を体内から破壊しました。
彼のソリッドビジョンはどういうわけか「お酒臭い」そうですが、味の方はどうなんでしょ?
最強D遊矢!!第11話によると、リアルソリッドビジョンにはあるようですが。)

しかし、彼、別に水属性統一デッキ使いじゃないんですよね。
《発泡美人 シャンパーヌ》は光属性ですし。プロのデッキ構築ェ・・・
それとも、モチーフ優先の方がポイント高いんでしょうかね?

GXで酒関係ですと、隼人の父ちゃんのカードもありますね。
アニメでは非テーマ指定で、TFでは「酔いどれ」指定に調整されたんですよね。

ところで、「杯」といえば、
《花札衛-月花見-》の素材用の《花札衛-菊に盃-》マダー?


【関連項目】
ソムリエ・パーカーの使用カード

  

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【未OCG化カード】 デスパレート・バトル

未OCG化カード紹介第63弾

《デスパレート・バトル》
【初出】 アニメ版 遊戯王GX 第167話
【使用者】 クロノス・デ・メディチ

【アニメ版テキスト】

通常罠
自分のターンのバトルフェイズ中にのみ発動する事ができる。自分フィールド上のモンスター1体の攻撃力をバトルフェイズ終了時まで1000ポイント下げる。このターン、対象モンスター1体は2回攻撃を行う事ができる。

《ネクロ・ガードナー》に攻撃を止められた《古代の機械究極巨人》に使用しました。

ZEXALⅡ第106話感想でも触れた、OCG化率0%の「デスパレート」カードの1枚です。
「DSCでOCG化ワンチャン?(GXの第1位は第167話)」と思ったら、
そっちはOCGオリカの《古代の機械巨人-アルティメット・パウンド》でしたね。
そもそも、この回からなら《狂った召喚歯車》か《未完の時空機械筐》が先でしょうが
(ちなみに、先生の未OCG化カードは現時点でこれら3枚のみ)。

一番OCG化の可能性が高いのは、テーマカードの《RR-デスパレート》ですかね?
何気に、黒咲さんも「アルティメット」お披露目回で使用してるんですよね。


【関連項目】
クロノス先生の使用カード

  

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【未OCG化カード】 投石機

本日(1月4日)は「石の日」ということでこちら。

未OCG化カード紹介第62弾

《投石機》
【初出】 小説版 遊戯王 「機械仕掛けの巨人」
【使用者】 サイバー海馬

【本文抜粋】

背には「投石機」。飛行モンスターにはプラス800の攻撃力。

《機械仕掛けの巨人》に装備された「武装カード(本文中の表現)」です(他にも多数)。
特に活躍はしませんでした。
OCG風にするなら、相手は鳥獣族・ドラゴン族でしょうか?

以前に《魔剣アイスソード》の記事でも書きましたが、
この小説では昔のRPG風のネーミングのカードが多く登場していました。
今となっては逆に新鮮かも?アニメは次回作もサイバーな雰囲気ですけども。
藤木君はどんなカードを使うのでしょうかね?


【関連項目】
サイバー海馬の使用カード

  

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【未OCG化カード】 古代遺産都市バビロン

今回は13日にちなんで「遺産」カードを。

未OCG化カード紹介第61弾

《古代遺産都市バビロン》
【初出】 アニメ版 遊戯王ZEXAL 第47話
【使用者】 ミハエル・アークライト

【アニメ版テキスト】

フィールド魔法
1ターンに1度、自分の墓地の「先史遺産」と名のついたモンスター1体をゲームから除外し、そのモンスターと同じレベルの「先史遺産」と名のついたモンスター1体を自分の墓地から表側守備表示で特殊召喚できる。

OCG化の際に《先史遺産都市バビロン》に名前が変更されたカードです。
アニメでは蘇生時の表示形式に制限があったので、実は地味に強化されてたり。
読みは同じく「オーパーツシティ」。
表記を分ける必要性は無さそう(むしろややこしい)ですが、
どういう意図があったのでしょう?
とはいえ、現時点(2017年1月)では「先史遺産」にした恩恵も特に無いのですが。
名前差し替え系カードは記事のネタになるので、個人的には歓迎します。

このフィールド魔法は、アストラルの処刑場になったり、遊馬が危うく落ちそうになったりと、
デュエル以外でも印象的なはたらきをしていましたね。
特に後者は、現実に映像を被せるARの特性を生かしたギミックだったかと。
しかし、かっとビング強奪や《アンゴルモア》も合わせると、
あのデュエルでⅢのやったこと本当にすごいですね。
ストーリー上では大会予選ですが、彼、第4クールの章ボスなんですよね。
不満は《No.6 先史遺産アトランタル》が小さかったことくらい(第48話2周目感想参照)。

Ⅲのフィールド魔法には、あと《深海の王国-サンケン・キングダム》がありますね。
それはまぁ置いといても、他の未OCG化魔法・罠はいつかOCG化してほしいです。
《パレンケの石棺》とか。


【関連項目】
Ⅲの使用カード(アニメ版)

  

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

スポンサード リンク

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 デュエル一覧・目次
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

「DDD運命王ゼロ・ラプラス」付属の漫画版ARC-V第3巻(4月4日発売)予約受付中!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析
pixiv
ブックマーク

デイリーランキング100