FC2ブログ
TOP > アニメ感想

アニメ 遊戯王VRAINS 第107話 感想

TURN 107 「鬼を討つ」

ロボッピちゃん(とディスク)の表情の変化が楽しいですね。
20190619_01.png
DVDのコメンタリーで櫻井さんが言っていた、中の人の演技が面白いというのも納得!

以下、今回の新カード。

ロボッピ
《遮断機塊ブレイカーバンクル》
手札から墓地へ送り、「機塊」?の戦闘破壊とダメージを防げる。
《機塊テスト》
(名ターン1)EXMZの自分の「機塊」と相互リンク状態になるように、
自分のリンク1の「機塊」を可能な限り蘇生(ATK0化&EPに除外)。
《洗濯機塊ランドリードラゴン》
リンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
1ターンに1度、相互リンク状態なら、戦闘相手を除外可(互いへのダメージは0)。
1ターンに1度、非相互リンク状態なら、
戦闘相手をダメージ(互いに0)計算後に破壊&元々のATK分のバーン可。
《機塊コンバート》
(名ターン1)自分のMMZの「機塊」リンクを全て除外し、
その数まで、除外されている自分のリンク1の「機塊」をSS。
(名ターン1)自MPに他の「機塊」魔法・罠1枚を除外して、
このカードを墓地から回収可(墓地へ送られたターンは不可)。

結局宣言どおりに使わなかったロボッピちゃんのスキルが気になる
(めっちゃ強力とかの展開ですかね?)。
道順さんたちにもう新規が無かったのは残念。
多人数デュエル回の感想は、カードの効果確認で忙しいくらいが嬉しいです。
20190619_02.png
今章では、もう彼ら兄妹のデュエル回はキビしそう?
そして、今さらですが、財前兄妹にもタッグデュエルフラグ立ってた?(OP的にも。)

Ai
《ヒヤリ@イグニスター》
(名ターン1)EXMZに自分のリンクがいれば、リンク先に手札からSS可。
(名ターン1)自場の他の「@イグニスター」1体をリリースし、
《Aiの儀式》1枚をサーチ可
(リリースしたのがリンクなら、さらに「@イグニスター」儀式1体をサーチし、
自身のレベルをそのマーカー数アップ)。
《ドシン@イグニスター》
(名ターン1)自MMZに「@イグニスター」がいれば、手札からSS可。
(名ターン1)自分の墓地の「@イグニスター」リンク1体をEXデッキに戻し、
《Aiラブ融合》1枚をサーチ可。
《Ai打ち》
(名ターン1)自「@イグニスター」のATKをダメージ計算時のみ戦闘相手と同じにし、
戦闘破壊されたモンスターのコントローラーに、その元々のATK分のバーン。

各種召喚法の大型がいるのが確定しましたね。
下級の属性的に、次回(再来週)出るゴーレムっぽいのは融合のようで。
また、《ダークナイト@イグニスター》の戦闘耐性のお披露目が、
OP映像で戦ってる《デコード・トーカー》相手じゃなかったのは予想外。
ちゃんと生かすための魔法もあったんですね(いちいちネーミングが面白い)。

鬼塚
《剛鬼アイアン・クロー》
(名ターン1)自分の「剛鬼」と相手モンスターの戦闘時に手札から墓地へ送り、
ターン終了時まで、そのATKを500アップ&相手の効果を受けなくする。
(名ターン1)場から墓地へ送られたら、別の「剛鬼」1枚をサーチ可。

再起した鬼塚さんの今後の活躍(と新規「剛鬼」)に期待ですね。
ED映像での剣持さんと鎧坂さんとの交流は既に行われていたのでしょうか?
台詞無いけどイイ人たちなのが伝わってきましたね(素顔も善良そうで)。

スペクターには、初めて悪い意味で期待を裏切られたかも。
20190619_03.png
彼もここから立ち上がってアースの話題に絡んでくれたりは・・・ナイかな?

そして、予告のパンドールは何をしてるのか・・・怪しい・・・


【関連項目】
Go鬼塚の使用カード
Aiの使用カード
ブラッドシェパードの使用カード
ゴーストガールの使用カード
ロボッピの使用カード

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王VRAINS 第106話 感想

TURN 106 「がんばれ!! ロボッピ」

ロボッピちゃん、テンプレな人類お掃除ロボットになってるぅぅぅ!?
20190612_01.png
Aiの方には真の目的がありそうな悲しみが見え隠れする中、
この子の行く末がかなり気になります。
パンドール=サンとの挨拶とかに和みつつも、ちょいちょい怖さも感じます。

ここで今回の新カード。

道順
《カモフラージュ・ドローン》
発動後、次の相手EPに自壊。
自場の「ドローン」は破壊されず、相手の効果対象にならない。

エマ
《オルターガイスト・プークエリ》
(名ターン1)自場の「オルターガイスト」を「オルターガイスト」のL素材にする場合、
手札のこのカードも素材にできる。
(名ターン1)「オルターガイスト」が自場にリンク召喚されたら、
墓地のこのカードを回収可。
《オルターガイスト・フィジアラート》
(名ターン1)「オルターガイスト」が自場にリンク召喚されたら、
他のリンクのリンク先に手札からSS可。
(名ターン1)自場のリンク1体を「オルターガイスト」扱いにできる。
《オルターガイスト・メモリーガント》
効果不明。

今作初のタッグデュエルはフィールド等共有型でしたか。
20190612_02.png
エマさんの新規リンクは「兄妹の絆」とのことですが、
道順さんの方には新規の大型が無いのか気になるところ。
仲良くなってたのは何よりですね。

ロボッピ
《電幻機塊コンセントロール》
(名ターン1)自場に同名がいれば、手札からSS可。
(名ターン1)自身以外の同名がSSされたら、デッキから同名をSS可。
《充電機塊セルトパス》
リンク状態なら、相手の攻撃・効果対象にならない。
自場のモンスターが「機塊」のみで、
自身と相互リンクしているモンスターが相手と戦闘するダメージ計算時、
そのATKを、このカードの相互リンク数×1000アップ。
(名ターン1)自身と相互リンクしていない自場の「機塊」が破壊されたら、1ドロー可。
《掃除機塊バキューネシア》
リンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
非相互リンク状態なら、直接攻撃可。
(いずれか名ターン1)
相互リンク状態の場合、相手のMMゾーンのモンスター1体を破壊可。
手札1枚を墓地へ送り、相手の場のカード1枚を破壊可。
《機塊リユース》
(名ターン1)レベル4以下の自分の「機塊」1体を蘇生(場を離れたらデッキに)。
《扇風機塊プロペライオン》
リンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
非リンク状態なら、直接攻撃可。
相互リンク状態なら、1ターンに1度、
自分のモンスターを攻撃した相手のATKをダメージ計算時のみ半減可。
非相互リンク状態で攻撃されたら、相手のATKをダメージ計算時のみ半減可。

家電モチーフの機械族テーマでしたか、サイバース族でなく。
20190612_03.png
「掃除機」だけに除去効果、と。
《機塊リユース》の効果を見るに、メインの下級もまだいるっぽい?

Ai
《アチチ@イグニスター》
自分の炎属性モンスターが攻撃されたダメージ計算後、
このカードを墓地から除外して、その自分のモンスターを破壊可。
《ファイアフェニックス@イグニスター》
(名ターン1)攻撃時に自身のATK分のバーン可(相手への戦闘ダメージは0)。
(名ターン1)効果破壊され墓地へ送られたら、相手モンスター1体を破壊可。
↑を発動したら、次のSPに蘇生可。
《AiAiウォール》
自場の炎属性リンク1体を対象に発動可。そのマーカー数だけカウンターを置く。
カウンターがある限り、
●このカードは相手から効果対象にならず破壊されない。
●お互いに攻撃不可。
●1ターンに1度、相手がリンク召喚したらカウンターを1つ置く。
●EPにカウンターを1つ取り除く。

《転生炎獣パイロ・フェニックス》のOCG化発表と同日に、Aiにも「フェニックス」が。
20190612_04.png
コピーで3人同時に会話イベントを進められるのは良いアイデアかと
(新規も3種出てたらなお良かったですが)。
ハノイ三騎士の新規は諦めました。

主人公格3人(なおAiの主人公評価)がロックで足止めをくらってる間に
(《AiAiウォール》に自壊条件が無いのが地味にイヤらしい)、
次は鬼塚さんが犠牲となりますか(アニメ誌バレによるとかなり粘るようですが)。
アース関連の会話があるなら、スペクターにも参加してほしいところ(バレにはいない)。


【関連項目】
ブラッドシェパードの使用カード
ゴーストガールの使用カード
ロボッピの使用カード
Playmakerの使用カード
リボルバーの使用カード
Soulburnerの使用カード
Aiの使用カード

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王VRAINS 第105話 感想

TURN 105 「迎撃」

OPの女性がハノイの「パンドール」だったんですね
(てっきり、クイーンさんが人格をソルティスに移植されるとかの怖い展開かと)。
20190605_01.png
名前の元ネタが「パンドラ」って、なんかヤバイこと引き起こしそう?
SOLの「キング」はタダの株主だったようですし、Ai以外なら、彼女もラスボス有力候補?

さて、決戦前の準備回!
色々とキャラの関係に変化がありましたね。
草薙さん(Unnamed)素顔晒しからの遊作君身バレが高速で処理されましたが、
20190605_02.png
これなら、前章で組んだ時にでも、
もうちょっとドラマチックなイベントが欲しかったような・・・

鬼塚さんの復帰にも、1エピソード割いてほしかったです
(いや、実際やったら、「Aiの方が気になるから早く進めて!」って言ってたかもですが)。
前章ではあっさりと取り返されてたアースとの繋がりは、まだ有効なのでしょうか?
スペクターとそれ関係での会話とかあるかな?

そして、使命を果たしたら罪を償うつもりの了見君と、未だ消化不良の穂村君・・・
こちらの結末も気になるところですね。再戦はあるかな?
しかし、前述のパンドールが何か起こしちゃったら、またゴタゴタしそうで、
色んな意味でハラハラです。

まとめると、不満はありつつも、楽しみが大きく上回っているといったところでしょうか。
今は新展開の掴みのスピード感が優先で、補完は後でやるかもしれませんしね。

次回はロボッピちゃんの初陣!
20190605_03.png
「ご主人様」呼びをやめられて、すごく・・・つらい・・・「into the VRAINS!!」かわいい・・・
モンスターデザインの系統が、同じくお掃除ロボのオボミに似てる?
どんな効果か気になりますね(あとOCG化するのかどうかも)。
しかも、今作初、全シリーズ通しても約2年ぶりのタッグデュエルという。
道順さんとエマさんの有能兄妹をいきなりぶつけちゃいますか。
ハノイ三騎士もトリプルかませとかでいいから、新規カード欲しい。

ところで、「DP22」のメンツが凶悪すぎて、
20190605_04.png
CMがなんか笑えました。

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王VRAINS 第104話 感想

OCGの公式Twitterアカウント、早く復活してほしいですね。
色々と新商品が控えてますし。


TURN 104 「犯行声明」

まずは今回の新カードから。
めっちゃいっぱい出ましたね(そしてすごい口上)。「CHIM」に入るかな?
20190529_01.png

Ai
《イグニスターAiランド》
自MMゾーンにモンスターがいない場合、
手札からレベル4以下の「@イグニスター」1体をSS可
(その後、ターン終了時まで、自分はサイバース族しかSSできない)。
このカードが効果破壊されたら、自場の全モンスターを破壊。
《ピカリ@イグニスター》
NS・SSに成功したら、デッキから《イグニスターAiランド》をサーチ可。
《リングリボー》
EXデッキからSSされた「@イグニスター」1体をリリースして蘇生可。
自身をリリースし、相手が発動した罠の効果を無効にして除外可。
《ブルル@イグニスター》
サイバース族Sの素材になったら、他の素材を蘇生可。
《ドヨン@イグニスター》
(名ターン1)NS・SSに成功したら、「@イグニスター」1体をサルベージ可。
《ダークナイト@イグニスター》
ATKが同値のモンスターとの戦闘では破壊されない。
相手を戦闘破壊したら、リンク先に自分の「@イグニスター」1体を蘇生可。
(名ターン1)リンク先にモンスターがSSされたら、
レベル4以下の「@イグニスター」を、自分のリンク先に可能な限り蘇生可。
《ウィンドペガサス@イグニスター》
(名ターン1)自場の「@イグニスター」の数まで、相手の魔法・罠を破壊可。
(名ターン1)自場の魔法・罠が相手に破壊されたターン(相手ターン可)、
墓地のこのカードを除外して、相手モンスター1体をバウンス可。
《ライトドラゴン@イグニスター》
(名ターン1)自場の「@イグニスター」の数まで、
相手モンスターを破壊可(ORU消費1)。
(名ターン1)他の「@イグニスター」が相手に戦闘ダメージを与えたら、
自分の「@イグニスター」1体を蘇生可。

アバンで《リンクリボー》ちゃんも連れてってもらえたのかと思ったら、
《リングリボー》さんだった。対決あるかな?
20190529_02.png
SとXも登場と、
20190529_03.png
大盤振る舞いでしたね。
20190529_04.png
融合の属性は何かな?

クイーン
《魅惑の宮殿》(アリュール・パレス)
自場の「アリュール・クィーン」のATK・DEFを500アップし、
自身を墓地へ送る効果を自MPに発動できる。
自場に「アリュール・クィーン」がNS・SSされたら、
デッキから同名モンスター1体を相手の場にSS可。
《魅惑の舞》(アリュール・ダンス)
「アリュール・クィーン」のATK+=自身の効果で装備しているモンスターのATK。
自場に「アリュール・クィーン」がいる限り、
攻撃可能な相手モンスターに攻撃を強制&対象は自分が選ぶ。
(名ターン1)「アリュール・クィーン」の効果で装備されたカード1枚を墓地へ送り、
自分の「アリュール・クィーン」(同レベル1体まで)を可能な限り蘇生可。
《金色の魅惑の女王》(ゴールデン・アリュール・クィーン)
リンク召喚していれば、ATK+=リンク先の「アリュール・クィーン」のATK。
《魅惑の宮殿》があれば、1ターンに1度、
自場の「アリュール・クィーン」が攻撃・効果対象になった時に発動可。
そのターン、戦闘・効果破壊を防ぐ。その後、相手モンスター1体を破壊可。

そしてクイーンさん!「魅惑の女王」使いとか、シブくない!?
20190529_05.png
ちょっとファンになりました(たぶんもうデュエルしないでしょうけど)。
「アリュール・クィーン」はOCGでテーマ化するかな?
どうでもいいけど、カードの方は「クーン」でなく「クーン」ですね。
あと、スキル「ハニートラップ」もすごかった(「デッキ外からセット」て・・・)。

さて、カード的にもストーリー的にも盛り上がってまいりました!
Aiは現実世界で活動するための肉体を手に入れ、
逆に人間を電脳世界に引きずり込むこともできる・・・と。
賢くなったロボッピちゃん君との軽妙な会話は、微笑ましくも空恐ろしく・・・
20190529_06.png
次回から遊作君たちも動き出すようで、非常に楽しみです。
晃お兄さま専務とガッチリ協力体制を築けるとは、何とも感無量。
また、鬼塚さん、道順さんのAIに対するスタンスが気になりますね。

しかし、ロスト事件の記憶を失った仁君は、
もう完全に戦力(レギュラー)外と見てよいのでしょうかね?


【関連項目】
Aiの使用カード
クイーンの使用カード

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王VRAINS 第103話 感想

TURN 103 「終りへの旅立ち」

新展開の前に恒例の総集編!でも新OPでテンションはMAX!

新キャラ・・・なんかすごいヴィジュアルの人が出てきましたね(CV櫻井さん感)。
明らかに遊作君とAiを混ぜた感じ(モンスターも似てた)の彼はいったい・・・?
20190522_01.png
そして、ロ・・・
20190522_02.png
ロボッピちゃん!?
20190522_03.png
と、慄いていたら、
次回あらすじでさっそく正体ネタバレしてるやん!
(クイーンさんのお墓も建てるウラ?)
え、遊作君と敵対するの!?これは気になる展開です!

鬼塚さん(【剛鬼】に戻る?)や道順さんもまだ出番ありそうですね。
20190522_04.png
OPにいない美優ちゃんの参戦はなさそう?(アクアちゃん絡みで出番はある?)
20190522_05.png

そして、葵ちゃんがついにヒロインに!?
20190522_06.png

とりあえず、新章はアンドロイドがキーっぽいですね。
20190522_07.png
電脳世界側からの現実世界への干渉が本格化する展開でしょうか?
ハノイの使命はまだ続きそう?
てか、Aiが騒動を起こすのか?目的が気になりますね。

などなど、めっちゃ楽しみです!
はよ!次回はよ!

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王VRAINS 第102話 感想

CP19」収録の《No.76 諧調光師グラディエール》が判明し、
残りの空きナンバーは「26」だけとなりましたね。
同じく本日判明した《銀河衛竜》を見るに、次はミザちゃん強化のターンっぽいですが、
これはもしかして、前々から巷で期待されてたアレの対が来ちゃう・・・?
(逆に最後まで残しておいてからの式ファンサービスをやりそうとも、ちょっと思ってたり。)
【2019/05/17追記】 タコでした。


TURN 102 「委ねられた願い」

まずは今回の新カードから。

遊作
《スレッショルド・ボーグ》
OCG版との違い:Wiki参照。
《サイバネット・コーデック》
OCG版との違い:Wiki参照。
《コード・トーカー》
OCG版との違い:Wiki参照。
《マイクロ・コーダー》
OCG版との違い:Wiki参照。
《サイバネット・オプティマイズ》
OCG版との違い:Wiki参照。
《コード・ジェネレーター》
OCG版との違い:Wiki参照。
《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》
OCG版との違い:Wiki参照。

アニメ未登場だったカードが結構一気に消化されましたね。
CHIM」看板の《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》は、
20190515_01.png
色合いはそんな好みじゃないですが、
豪快な攻撃力アップ効果と、攻撃演出・技名は好みでした。

さて、ついにボーマンさん編の最終決戦が終わりましたね。
彼にもつながりはちゃんとあったので、
20190515_02.png
どこかで違う道に進むこともできたのかもしれませんね。
しかし、こうなってくると、ライトニングがまだ何かしでかしそう・・・?
20190515_03.png

来週は後始末回、そして新OP曲ですね。
アニメ誌の新章導入部あらすじバレ以上の情報がどこまで出てくるか注目です。
新キャラいるかなー?

とりあえず、Aiとつながったロボッピちゃんラスボス進化説とか、
20190515_04.png
今のうちに言うだけ言っておこうかな。


【関連項目】
Playmakerの使用カード
ボーマンの使用カード

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王VRAINS 第101話 感想

TURN 101 「迷いなき本能」

鬼塚さんの名前を呼ばなかったのは、敢えてだよ・・・ね?
20190508_02.png
後でちゃんと改めてつながるという意思表示だよね?
(スペさんとは既にリンク完了してたようですけども。)

まずは今回の新カードを。

遊作
《リターン・リスク・リザーバー》
(名ターン1)相手BPに自分のレベル1モンスター1体を攻撃表示で蘇生
(場を離れたら1ドロー)。

ボーマン
《ハイドライブ・リ・アドベント》
相手のATK最高値より低いATKの自分のリンク1体を蘇生(効果無効&EPに破壊)。
《パーフェクトロン・ハイドライブ・ドラゴン》
SS(リンク召喚?)成功時、自身にハイドライブ・カウンターを5つ置く。
ATK+=カウンター×1000。
戦闘で発生する自分へのダメージは0になる。
カウンターを1つ消費して(戦闘?)破壊を防げる。
戦闘を行った後、相手モンスターを全て破壊し、
自分の墓地の「ハイドライブ」リンクの数×300バーン可。

20190508_03.png
前回で気にしていた「キメラ・ハイドライブ・ドラグヘッド」の表記ですが、
これ以上創られそうにないし、結局未判明で終わりそう?
せめて墓地に行ってくれていれば・・・
20190508_04.png
ところで、EXデッキに無いのにサイコロで光(5)が出ちゃったのを、
「ライトニングがまた足を引っ張った」とか言われてるのは、さすがに気の毒だと思うの。

次回はいよいよクライマックスでしょうか?
この局面で、はたして遊作君はどんな力を見せてくれるのか・・・
あらすじによると、イグニスたちの希望を託されるようですが、
全属性のリンク6とかは、まだ早いかな?

それにしても、エマさんと晃お兄さまだけでなく、
20190508_05.png
山本先輩たちも消されてしまい、この決戦の見届け人はハノイだけになりましたね。
すると、一般人には詳細が伝わらない状況に?次章の展開への布石でしょうか?
注目したいです。


【関連項目】
Playmakerの使用カード
ボーマンの使用カード

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王VRAINS 第100話 感想

アァアアア年号がァ!! 年号が変わっている!!

とうとう今作も第100話!
当ブログは令和も遊戯王を応援しています。
まずは令和最初のゲームを早く出してほしいですね(亡並感)。


TURN 100 「ねじれた理想郷」

今回はハッカー組の戦いも見せてくれましたね。
麻生(ファウスト)さんが目立っててよかった。

まずは今回の新カードから。

ボーマン
※表記はTV字幕参照。
《キメラ・ハイドライブ・ドラグヘッド アクア》
自身のリンク先以外のモンスターの効果は無効になる。
ターン終了時にEXデッキに戻り、《キメラ・ハイドライブ・ドラグリッド》をSS。
《キメラ・ハイドライブ・ドラグヘッド フレイム》
SS成功時、自身のリンク先以外のモンスターを破壊可。
ターン終了時にEXデッキに戻り、《キメラ・ハイドライブ・ドラグリッド》をSS。

毎ターン発動可の「マスターストームアクセス」で何をするのかと思ったら、
《キメラ・ハイドライブ・ドラグリッド》の効果で入れ替えるための「ドラグヘッド」を創造、と
(今日のTwitterの再録情報がデザイン似てる《F・G・D》なのは狙ってた?)。
20190501_01.png
なるほど、コレが属性サイコロ戦術の到達点ですか。
歴代ボスキャラとよく差別化できているのではないでしょうか?

しかし、今週も遊作君の新カードありませんでしたね。
データ放送のは、《クロック・スパルトイ》にするくらいなら、「ドラグヘッド」がよかった
(でなきゃ本編でカードの画像映してほしい)。
TV字幕だと表記が「ドラグヘッド(スペース)(イグニス名)」でしたが、
実際は「ドラグヘッド(イグニス名)」って可能性もあるのですよね。

降伏すれば幸福にしてくれるらしいボーマンさんの誘いを拒否し、
20190501_02.png
イグニスとの共生の道を探る遊作君は、はたしてどんな答えを得るのか・・・
そして、次回(作画濃い)のAiはどうなってしまうのか!?
20190501_03.png
新元号早々見逃せない展開ですね。楽しみです!

しかし、アホな民衆の意識改革もかなり重要だと思うのですが、
今作ではそのあたりもちゃんと描写するのか気になるところ。

それにしても、まさか島君まで犠牲になるとは・・・!
20190501_04.png
もうちょっと日常回をやって遊作君の「日常の象徴」的なイメージがあれば、
さらにショックMAXだったのではないでしょうか?
・・・いや、彼の意識が勝利の鍵になる可能性もまだ捨て切れない・・・かも?


【関連項目】
Playmakerの使用カード
ボーマンの使用カード

      

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
全テーマの使用キャラ一覧
キャラ別使用カード
デュエル一覧・目次
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 AカードのOCG化状況
過去テーマリンク一覧
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

「ストライカー・ドラゴン」付属のVジャンプ8月号(6月21日発売)予約受付中!

リンク・ヴレインズ・デュエリスト・セット(8月31日発売)予約受付中!

ウォリアーズ・ストライクR(9月28日発売)予約受付中!

エクストラパック2019(9月14日発売)予約受付中!

遊戯王ARC-V 最終第7巻(7月4日発売)予約受付中!付録は「GO-DDD神零王ゼロゴッド・レイジ」!

DPレジェンドデュエリスト編5(6月8日発売)予約受付中!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中