TOP > アニメ感想

アニメ 遊戯王20thセレクション 第27回 感想

ZEXAL第72話 「雌雄決する時!!遊馬VSカイト、WDCもう一つの決勝戦!」

《ガンバラナイト》の「ガンバラッシュ」は、作中で1度くらいは見たかったですね。

無印の締めとしては、当時から納得の対戦カードでした。
一連の戦いで共闘して、もう十分仲間って認識にはなっていましたが、
やはり直接対決があるのとないのとでは、締まりがさらに違ってきますね。
遊馬自身の納得の問題だけで終わらずに、カイトのメンタルもケアし、
Ⅱに気持ちよく関係を持っていけたのではないかと思っています。

来週は最終回でこの続きですね。
今回の回想シーン的にも、
このセレクションはメインをカイトとして見れば、丁寧なチョイスだったと思います。
しかし、「20周年記念セレクション」としては、Ⅱラストまでやらないのは非常に残念です。
VJのベストデュエル投票第1位のがZEXALのだけ無い点も(元々別の企画とはいえ)。
仮に数年後に以降の作品のセレクションをやることになったりしても、
今回除外した分のⅡの枠(シャークさんセレクション?)を設けてくれるとも思えませんし。


【関連項目】
遊馬の使用カード(アニメ版)
カイト(ZEXAL)の使用カード(アニメ版)
アニメ 遊戯王ZEXAL 第72話 感想 1周目

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王ARC-V 第147話 感想

第147話 「解き放たれたドラゴン」

まずは今回の新カード。

ジャック
《インヴァリッド・インセンシティブ》
相手がモンスター破壊効果を発動した場合に発動可。
このターン、場のモンスターは効果破壊されない。
このカードを墓地へ送り、戦闘ダメージを半分にできる。
EPに自壊。

どんな高等コンボを見せてくれるのかと思ったら、
戦闘すれば「使いこなした」ことになって、
四竜も認めて背中に乗せてくれる(当初からのAデュエルの売り文句)と・・・

遊矢
《EMダック・ディーラー》
【P効果】不明。
【モ効果】他の「EM」PをNS・SSしたら、1ドロー可。
《EMカード・バード》
【P効果】不明。
【モ効果】自場に「EM」がいれば、手札からSS可。
破壊されたターンのEPに1ドロー可。
《ペンデュラム・カード・バースト》
自場のP2体を破壊して2ドロー。
《EMオッドアイズ・プリースト》
【P効果】1ターンに1度、自分の墓地の「オッドアイズ」1体を回収可。その後、自壊。
【モ効果】攻撃表示でP召喚に成功したら、??の「オッドアイズ」1体をSS可。
その後、自身を除外。
《EMイグニッション・イーグル》
【P効果】バトルステップに自Pゾーンの全カードを除外?し、
魔法・罠ゾーンのカードの数だけ「EM」をデッキから墓地へ送って発動可。
魔法・罠ゾーンのカードを全て破壊。
その後、自分のモンスター1体のATKをターン終了時まで、
自場のPモンスターの数×600?アップ。
【モ効果】自Pゾーンのカード1体をSSして、自分の攻撃モンスターのATKに加算。
その後、自身をPゾーンに置く。

AD用フィールド魔法
《エンタメ・コロッセオ》
テキスト不明(たぶん最後までいつもと同じ)。

そうかー、ズァークは皆を楽しませたかっただけなのかー。

零児
《魔界保険の契約書》
攻撃して相手モンスターを破壊できなかったターンのMP2に発動可。
破壊できなかった数だけドロー。
《DDDフュージョン》
自分の手札・場の素材で「DDD」を融合召喚可。
《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》を正規素材にする場合、
このカードを1体分の代用素材にできる。
《DDDシンクロ》
自分の手札・場の素材で「DDD」をS召喚可。
《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》を素材にする場合、
このカードをレベル2「DD」チューナー扱いにできる。
《DDDエクシーズ》
自分のエクストラデッキ・墓地の表側「DDD」PをSS(効果無効)してX召喚。
《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》が素材なら、必要素材を1体減らせる。
《DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン》
効果不明。
《DDD超死偉王ホワイテスト・ヘル・アーマゲドン》
効果不明。
《DDD超死偉王ダークネス・ヘル・アーマゲドン》
OCG版との違い:不明。

20170319_01.png
カードの方には集大成感がありますね。
予告を見るに、「覇王白竜(仮)」も出るっぽいですし。

来週の最終回ではたして笑顔になれるのか(視聴者が)、注目ですね。


【関連項目】
遊矢の使用カード(アニメ版)
ジャック(ARC-V)の使用カード
赤馬の使用カード(アニメ版)

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王20thセレクション 第26回 感想

ZEXAL第43話 「奇跡のオーバーレイ!超銀河眼の光子龍」

ⅢとⅣもいて、豪華なメンツのデュエルでしたね。
後編のみで、第42話のⅣ語録がカットなのが残念なファンもいるかもですが。

この回も大好きです。
遊馬のタッグ上手なイメージが定着しつつあった頃でしょうか?
当時、まだ敵だったカイトともうタッグするのか!?と驚いた記憶があります。
強引な共闘で交流させるのは、頑ななキャラ相手には上手い手法かと。
この積み重ねが大事なのですよね。

しかし、次回は第72話なんですね。
薄々思ってましたが、「ZEXAL(無印)」のセレクションなんですね。
そういえば、VJなんかでも「ZEXAL」「ZEXALⅡ」はきっちり分けて表記してたかも。
Ⅱが今BSで再放送してるから配慮したのでしょうかね?
DMが「記憶編」からだったのも、リマスターと被せないため?)
正直、騙された気がしなくもない。
だってタイトルでⅡ最終回のシャイニング・ドローのシーン映してるし。
えー、「闘いの儀」やらないのー?
ならせめてWDC決勝のトロン戦か、シャークさん参加のフェイカー戦やってくれよ・・・


【関連項目】
遊馬の使用カード(アニメ版)
カイト(ZEXAL)の使用カード(アニメ版)
Ⅳの使用カード(アニメ版)
Ⅲの使用カード(アニメ版)
アニメ 遊戯王ZEXAL 第43話 感想 2周目

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王ARC-V 第146話 感想

第146話 「ディメンション・ハイウェイ」

まずは今回の新カードから。

ジャック
《レッド・ジャイアント》
場に魔法(罠も?)がセットされたら、手札からSS可&BP終了。
《レッド・リボーン》
自分の「レッド」?を蘇生。

遊矢
《EMオッドアイズ・ミノタウロス》
【P効果】1ターンに1度、攻撃する自「EM」「オッドアイズ」のATKを100アップ可。
【モ効果】自「EM」「オッドアイズ」が攻撃した相手モンスターのATKを、
ダメージ計算時のみ、自「EM」「オッドアイズ」の数×100ダウン。
《EMオッドアイズ・ディゾルヴァー》
【P効果】Pゾーンの自身を破壊して発動可。自場の素材で融合召喚する。
【モ効果】自場のモンスターの戦闘破壊と自分へのダメージを防ぎ、
自身を手札からSSし(このターン破壊されない)、戦闘相手の効果を無効化。
自場の自身と自Pゾーンのカード1枚を素材に融合召喚を行える。
《EMオッドアイズ・シンクロン》
【P効果】1ターンに1度、自分のチューナーを破壊から守れる。
【モ効果】自MPに自身と自Pゾーンのカード1枚でS召喚可。


ジャックのために特別なコースを生やすとはたまげましたよ。
20170312_02.png

だから、ゆゆゆゆ(笑)の絆が生える過程をじっくり描いてほしかったんだってば。
20170312_01.png
「四竜」全召喚は、たしかに盛り上がりどころではあると思いますよ?
でもここまで引っ張って最後の最後に披露するほどのネタかというと疑問が生えます。

ズァークのモンスターの声を聴ける設定はまだ生えてたんですね。
そのモンスターを「飼い犬(by主人公)」とか、この作品の言葉選びには戦慄が生えます。

遊矢君が「四竜」を全部持ってた件については、
記憶を取り戻した直後あたりにエクストラデッキを確認するシーンを挿むだけでも、
多少印象が違ったように思います。
前回黒咲さんが当然のように持ってる前提で話を進めて(視聴者置いてきぼり)、
今回ジャックが「鋭く」指摘→遊矢君が説明口調で言い訳って流れがモヤモヤしました。
まぁ、ここに至っては些細なことですが。

新「統合召喚」龍が生えるのかどうかには注目しています。

・・・これ、全文「は?」とかの方がかえって優しい感想になるんじゃないかと、
半ば本気で考えました。

このデュエルは「期待」どおり次回(最終回1話前)に続くそうで。
は?
20170312_03.png
製作側が何を成し遂げたいのか理解できない(したくない)。

ところで、「彼女」呼びの零羅ちゃんの性別は生えてない方で確定ですか。
OCG版の《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》には「・」が生えましたね(アニメ版はなし)。

さ、劇場版のBD観よっと!


【関連項目】
遊矢の使用カード(アニメ版)
ジャック(ARC-V)の使用カード

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王20thセレクション 第25回 感想

ZEXAL第14話 「『銀河眼の光子竜』降臨!」

《銀河眼の光子竜》のCGが本当に美しくて心が癒されます。

2周目感想でも触れましたが、この回も好きです。
遊馬とアストラルの成長における序盤の重要なエピソードですね。
あと、WDCの情報をチラ出しして第3クール以降の展開を匂わせてたり。

また、ここからカイトが遊馬を認め、Ⅱで頼れる兄貴になっていく過程が良いです。
リベンジ戦のゼアル初合体回(第24話)は飛ばされますが、
次回は第43話(ネオ・フォトン初登場回)と、カイト関連をだいぶ丁寧にやるようですね。

が、残り話数に対してスローペースすぎません?
個人的には、カイトメイン回は「銀河決戦(第134話第135話)」だけでも充分でした。
魅力的なキャラが多いので、全てのファンが納得するチョイスは難しいでしょうけども。


【関連項目】
遊馬の使用カード(アニメ版)
カイト(ZEXAL)の使用カード(アニメ版)
アニメ 遊戯王ZEXAL 第14話 感想 2周目

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王ARC-V 第145話 感想

第145話 「終わりなき反逆」

人間関係見せて。
20170305_01.png

Aパートを黒咲さんのための説明にあてて尺稼ぎとか、ホントさぁ・・・
どうせなら「零羅君を笑顔にすれば全て解決」な流れにもつっこませてよ。
「ユートは遊矢君の中にいる」って、落とし所はまぁそうでしょうが、いろいろ雑に感じました。
あと、キツく当たられてた明日香さんが気の毒でした。
20170305_02.png
素良君にもレベル12融合あげたれよ。Sは「鉄道王」出たじゃんよ。

以下、今回の新カード。

黒咲
《RR-ラダー・ストリクス》
NS・SSしたら相手に300バーン。
攻撃されたら手札から「RR」2体をSS可。
《RR-リスキー・フライト》
攻撃された自場のレベル4以下の「RR」の戦闘破壊とダメージ無効&BP終了。
《RUM-バトル・アップ・フォース》
相手モンスターが攻撃してきたら自場の「RR」Xを2ランクアップ(「RR」に)。
《RR-ファイナル・フォートレス・ファルコン》
1ターンに1度、除外されている自分の全「RR」を墓地へ戻せる(ORU消費1)。
自分の「RR」が攻撃したら全ORUを消費して発動可。
そのモンスターは自分の墓地の「RR」を1体除外する毎に続けて攻撃可。

遊矢
《天秤の魔術師》
相手フィールドにモンスターがSSされたら、
それと自場のモンスター1体のATKを1000ダウン可。
《オッドアイズ・ランサー・ドラゴン》
自場の「オッドアイズ」が破壊されたら、
自場の「オッドアイズ」1体かそれ以外2体をリリースして手札からSS可。
NS・SSに成功した場合、手札・デッキから「オッドアイズ」1体を墓地へ送り、
相手モンスター1体の効果を無効にできる。
このカードが攻撃する場合、相手は魔法・罠を発動不可。
自場の「オッドアイズ」1体を手札に戻し、
自分のモンスターの戦闘破壊と自分への戦闘ダメージを無効にできる。
手札の「オッドアイズ」2体を墓地へ送り、
自分のモンスターの戦闘破壊を無効&自分への戦闘ダメージ半減&その分反射。
《クロス・ダメージ》
相手モンスターの攻撃で発生するダメージを相手にも与える。


次回は・・・うん・・・、
先月のVJで「最終局面」の相手に黒咲さん・デニス・零児社長が挙げられてたからさぁ、
その連戦後に真のラストデュエルの尺がワンチャンあるかと思ったわけですよ。
社長戦前のジャック戦(RD)の情報が伏せられてただけでしたね。
20170305_03.png
極まれり、ですね。
でも零羅君との関わり的に、この作品の中では比較的フラグがちゃんとしてるという。

柚子ちゃん(仮)の肉体の所在も判明しちゃいましたし、
こりゃ、説明どおりの流れで最終回に復活かな?
20170305_04.png
しかし、仮に柚子ちゃんが主体じゃなかった場合でも、
遊矢君は黒咲さんみたいに「納得」することが、はたしてできていたでしょうかね?

今週発売の劇場版のBD早く届かないかな~。
そういや、今日は発売記念イベントだったはずですね。
差し替えジャケット欲しかったなぁ。


【関連項目】
遊矢の使用カード(アニメ版)
黒咲の使用カード(アニメ版)
瑠璃の使用カード(アニメ版)

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王20thセレクション 第24回 感想

ZEXAL第13話 「魂を狩る者!ナンバーズ・ハンター現る!」

2周目感想第78話放送後)で結構語ったので、今回もあまり本編の話題がなかったり。
とりあえず、《No.56 ゴールドラット》が狩り取るのはLPやない!所持者の判断力や!

楽しそうなカイト兄さん(18)にほっこりする回ですね。
5D'sもそうですが、やはり初期レギュラーの登場を引っ張るのは1クールが限度かな?

個人的には、ZEXALはもう少し日常のカードキャプター路線を続けてほしかったですが。
いっそ序盤でナンクラをはじめ、レギュラー全員にナンバーズを取り憑かせちゃうとか。
ナンバーズの「心の具現化」設定は、
所持者を良い意味で「カード化」して手に入れる感じだと思うのです。
当初の「心の闇を増幅させる危険物」ってナンバーズの印象を、
終盤の「善いカオス」論でひっくり返して、主要キャラに限らず、
ゲスト含むもっと多くのキャラを最終決戦に参加させる演出もできたのではないかな?と。

あと、ハルトはⅡでもっと出番を増やしてほしかったです。
「デュエリストとして参戦して」とまでは言いませんが、
ベクターとの絡みが少しくらいはあってもよかったと思います。あとトロン。
それがなかったせいか、どうも無印とⅡのベクターが同一人物に思えず、
ストーリーの地続き感が薄いのですよね。

ついでに、リアルタイム視聴時には、
まさかMr.ハートランドがハエキャラになるとは全く予想していませんでした。

来週はこの続きの第14話なんですね。
3月までだとすると、あとはラストデュエル3話やっておしまいでしょうかね?


【関連項目】
遊馬の使用カード(アニメ版)
カイト(ZEXAL)の使用カード(アニメ版)
アニメ 遊戯王ZEXAL 第13話 感想 2周目

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アニメ 遊戯王ARC-V 第144話 感想

第144話 「呪われし機械仮面」

20170226_01.png
派遣軍でエドにだけ懺悔台詞言わせたり、負け犬なハートランド市民の描写で、
前半かなりムカムカでした。
グロリア姉さんとノロマちゃんの子供たちとの絡みや、
実はチャンピオンだった旦那さんなどの描写でどの程度フォローされたと感じるかは、
まぁ、個人差ですかね?

以下、今回の新カード。

遊矢
《EMミラクル・ミラービット》
【P効果】不明。
【モ効果】ATK変化効果の対象を自身に移せる。
自身が攻撃しない場合、自モンスターに攻撃権を譲れる。
《チャレンジ・ステアーズ》
自分のモンスターが相手モンスターを戦闘破壊できなかった場合、
自場のカード1枚を墓地へ送ってもう1度攻撃可。
《ホープ・ステアーズ》
相手モンスターと戦闘した自分のモンスターのATKを400アップ(次の自SPまで)。

「チャレンジ」に「ホープ」ね・・・
まさか遊矢君がハートの塔に登るとは思いませんでした。

デニス
《Emフィルムジー・スリマー》
【P効果】もう片方の自PゾーンにPが置かれたら、自身を手札に戻せる
(そのターンはもう置けない)。
【モ効果】自場に「Em」がNS・SSされたターンに発動可。手札からSS。
《古代の機械仮面》(アンティーク・ギアマスク)
装備モンスターは1ターンに1度破壊されない。
装備モンスターの攻撃時、相手は魔法・罠を発動不可。
装備モンスターに貫通付与。
装備モンスターが相手を破壊する戦闘でのダメージ倍化。
《Emリバーサル・ダンサー》
【P効果】1ターンに1度、相手モンスターのATK・DEFのアップ分、
自場の「Em」のATKをアップ可。
【モ効果】同上?
《RUM-マジカル・フォース》
このターンに戦闘破壊された自分のX1体を蘇生(効果無効)して、
1ランクアップ(魔法使い族限定)&このカードをORUに。
《Emトラピーズ・ハイ・マジシャン》
MPに1度発動可(ORU消費1)。そのターン3回までの破壊耐性を取得。
ランク4以下の魔法使い族Xを素材にX召喚されたターンに1度発動可。
そのターン3回まで攻撃可(ORU消費1・直接攻撃は1回)。

20170226_02.png
やはりデニスのエンタメは、中の人の演技との相乗効果で盛り上がりますね。

遊矢君も、デニスの意図に途中でちゃんと気づいて、
その後は一緒にエンタメしようとしてましたね。
正直、気づいても、「その心意気を買って」自分だけヒーローを演じるものかと。
いや~成長したなぁ~(くっそ低いハードル)。

まぁ、個人的に今回までの展開を通して思うのは、
やはり、デニスはもったいないキャラだったな・・・と。
アカデミア生でランサーズでエンタメデュエリスト、融合使いでX使いって立場は、
どう考えても中盤でもっとおいしく活かせたように思います
(終着点自体は今回で良いと思いますが)。
ところで、師匠からデニスのエンタメへのコメントはなしですか?
「兄弟弟子」には無言の拍手をさせてましたが。
20170226_03.png

ここまで来たらもう言っちゃいますけど、
私はストーリーの過程を重視していますので、
これからガワだけキレイな締めを見せられても、
ARC-Vの評価が上がる可能性はだいぶ低いと言わざるを得ません。

次回の黒咲さんとかホントね・・・
瓦礫やスタンガンで果てさせたのが、
瑠璃ちゃん関係の情報を与えずに最終回直前に遊矢君と闘わせるためとか・・・


【関連項目】
遊矢の使用カード(アニメ版)
デニスの使用カード

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 デュエル一覧・目次
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

「DDD運命王ゼロ・ラプラス」付属の漫画版ARC-V第3巻(4月4日発売)予約受付中!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析
pixiv
ブックマーク

デイリーランキング100