TOP > アニメ感想 > アニメ 遊戯王ZEXALⅡ 第132話 感想  
タグ : アニメ ZEXAL 感想 

アニメ 遊戯王ZEXALⅡ 第132話 感想

ナンバーズ132 「我が身を盾に! ドルベ最後の誓い!!」

ドルベェェェェェー!!!うわあああああ!!!
20131208_01.png
予想よか遥かにカッコいい散り様でよかった。
まぁ、元々の期待がそんなに高くなかったというのもありますが。
しかし、予告で既にメラグ璃緒ちゃんの消滅もネタバレしてる件について。
この2人の前世の真の記憶どうすんだろ?(あと遺跡ナンバーズの出番)
そして殴りたいこの顔。
20131208_02.png

今回の新カードはこちら。

ベクター
《ダメージ・ポット》
発生した戦闘ダメージを0にする。
このカードが場を離れた時、お互いにそのダメージを受ける。
《イービル1》
モンスターの戦闘での破壊を無効にして、ダメージをライフ-1にする。
自分のMPにこのカードを墓地へ送って場のカード1枚を破壊し、BPをスキップ。

メラグ
《魔水晶》(ディストーション・クリスタル)
自場に水属性がいる場合に発動可。
EPまで相手モンスターのATKの変化が倍になる。
《氷結の刃》(ゼロ・ブレード)
自場のモンスター1体を選択して発動可。
相手モンスター1体のATKを1000ダウン。
選択したモンスターは相手モンスターに2回攻撃可能。

《CNo.103 神葬零嬢ラグナ・インフィニティ》単体じゃ効果が微妙ですし、
サポートカードもOCG化してほしい。

ドルベ
《CNo.102 光堕天使ノーブル・デーモン》(アンホーリー・ライトニング)
相手モンスター1体の効果を無効&ATKを0にする(ORU消費1)。
ORUを全て使って自身の破壊を無効&ATK分のバーン。
《白き盾》(セイント・シールド)
罠カードの効果ダメージを0にして、その数値分天使族1体のATKをアップ。
EPに自分はそのダメージを受ける。

まさかの「白き盾」。
あの異名はここぞという時にこのカードを使うから付いたのでしょうか?
あと、《CNo.102 光堕天使ノーブル・デーモン》は「光天使」じゃなくなっちゃいましたね。
まぁ、特にサポートカードがあるわけでもないのであまり関係ないでしょうか?
天使族なのでちゃんと《RUM-バリアンズ・フォース》で出せますね。
効果は《No.102 光天使グローリアス・ヘイロー》からの予想の範囲内でしたが、
「1ターンに1度」の制限がないですし強いですね。OCG化でどうなるでしょうか?

アリト
《BK ビッグバンテージ》
効果不明。
《ハイパー・バーニング》
ライフを半分払って自分へのトドメのダメージを0にする。

「BK」まだ増えるの!?ΣΣ(゚Д゚;)
レベル2でしたが、次回《No.64 古狸三太夫》の素材になるのでしょうかね?
ああ見えて実は獣族とか?

ギラグ
《プロミネンス・ハンド》
自場に炎族がいる場合、手札からSS可。
《No.58 炎圧鬼バーナー・バイサー》
自身を自場のエクシーズの装備カードにできる(ORU全消費)。
装備モンスターは直接攻撃できる。
手札1枚を墓地へ送って相手に500ダメージ。

ひゃっほーい!新ナンバーズキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
20131208_03.png
アニメ版の《No.58 炎圧鬼バーナー・バイサー》は、
《No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク》と違って、
装備カード化するのにORUを使うんですね。

まさかアリトvsギラグさんの展開になるとは・・・!
ポン太との絡みがちょっと楽しみ。
20131208_04.png
しかし、「バリアンの力を失った」とか、
衝撃の新事実ゥ!をさらっと挟んでくるから油断なりませんね。
「人間になった」・・・ってわけではないのでしょうか?

次回は「銀河眼伝説」の方にも触れるみたいで、かなり濃い内容になりそうですね。
20131208_05.png
当たり前ですが、やっぱり宇宙服着るんだ・・・

いや~、今回はドルベもメラグちゃんもアリトもチョイ悪なギラグさんもカッコよかった!
来週が今から楽しみです!早く観たい!


【関連項目】
ドルベの使用カード
メラグの使用カード
ベクターの使用カード(アニメ版)
アリトの使用カード(アニメ版)
ギラグの使用カード(アニメ版)

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト


ベクターを倒す!

次回予告でネタバレ

さすがの遊戯王クオリティ

ベクターがかわいい

>>Chaosさん

お願い、死なないでメラグ!あんたが今ここで倒れたら、ドルベとの約束はどうなっちゃうの? ライフはまだ残ってる。ここを耐えれば、ベクターに勝てるんだから!

次回「メラグ死す」。デュエルスタンバイ!

ですね。わかります。

ベクターのあの顔は笑いましたw

殴りたいこのベクターw

それにしてもノーブルデーモンは素材的な意味で劣化パラディオスだなぁ
コンマイOCGで魔改造してくれないかしら

とりあえず遺跡のナンバーズは敵側が持ってるのが多い。
ナッシュとベクターがデュエルするなら、遺跡のナンバーズ件は問題ないな

感想読ませていただきましたー

私もドルべの死に関してよかった方だと思います。一応メラグに希望が残る形を取っていましたので
これでもしベクターに何もできず負けむざむざ吸収されるなんて事になりましたら残されたメラグに大きく不安を煽る結果となり今週中で負けてしまったでしょう メラグに反撃する気力を与えられたのも白き盾としての明晰な頭脳と優しさがあってのことなんでしょうね?

ただ前回から一つ気になってたのがベクターがこのデュエルをバトルロイヤル方式と言ってた事です。これはドルべがメラグをわざと倒すことでメラグをベクターから解放し(ベクターに負かされない限り吸収はない)、残ったドルべは元リーダー代理として不良ベクターとけじめをつけるためサシで挑みそして負ける…という展開への伏線だと思ってたんですが何にもありませんでしたね 単に言う必要もない事を言って視聴者を惑わすベクターの策略だったようです
さすがはベクターといったところですね^^

ドルべェェェー!泣

ちゃんとメラグを守っててかっこよかったです…その前のターンで大人しくターンエンドした時はおい!って思いましたが…伏せが白き盾じゃ仕方ない…

そしてギラグさん…すっかり変わり果てちゃって…使うモンスターも完全に炎一色でしたね
ジワジワとライフを削るのは残虐描写としてピッタリだなと思いました
あとバーナー・バイサーの効果で捨てた3枚を知りたいんですが…男爵さんは確認できましたか?

しかしまさかドルべが七皇で一番最初にリタイアするとは…

ドルベさん・・・・・
もうブックスなんて呼ばせない!!
これでまたお気に入りのキャラがまた一人減ってしまったよ……

しかしベクターはもう後戻りできないところまで落ちたな~
EDでハブられたのはやはり伏線なのか・・・・・

ノーブルデーモンは残念効果じゃなくてとりあえず安心(^_^;)
やはりオバハンで一番弱いのはラグナさんですかね(笑)

ドルべの退場回なのに、メラグがベクターすら騙されかけるコンボを披露したり、アリトが熱いデュエリスト魂を発揮していたりとちょっと影薄かった気がします。ドルべさん……。
盾だけに、派手な活躍はできないということなのでしょうか?
もし仮にドンの僕として復活し、遊馬と戦うことがあったら、ドンナンバーズによる禍々しい強化を期待したいです。

そして、まだ先があったBK、ポン太との絡みと、アリトが予想外の活躍を見せてますね。
この方向性は嫌いじゃないです。是非来週以降も活躍してもらいたいものです。
セスタス&カエストスが使えなくても、リードブローぐらいなら使っていいんだよ!

>>ジェネティックさん

ですが、その2人は
「自分のオバハンNo.を自分の遺跡No.で倒してもらう」ってのができませんね。
自分で遺跡ナンバーズを使っても効果があるのか気になるところです。



>>闇天使ファックスさん

ドルベは穏やかに逝きましたね。
結局、彼がドンにどうやってバリアンにされたのか判りませんでしたね。
今後に期待です。

>ドルべがメラグをわざと倒すことでメラグをベクターから解放し
なるほど、その展開は燃えますね。私もそういうのが見たかったです。
まぁ、きっとあのデュエルを支配するルールが
「ライフが0になったら問答無用で"魂の力"的な光になる」
とかだったのでしょう。



>>紅蓮魔竜さん

「メラグ・・・お別れだ・・・」からの流れが好きです。
あんなんされたら「許してやるよォ!(泣)」としか言えません。

>バーナー・バイサーの効果で捨てた3枚
1枚目は《アイス・ハンド》、2枚目は《リロード》でした。
3枚目は赤っぽいモンスターでしたが、
イラスト的に
《ファイヤー・ハンド》、《プロミネンス・ハンド》、《マジック・ハンド》
ではないです。
すごく《ジャジメント・ザ・ハンド》に見えるのですが、自信はありません。



>>ヨシノブさん

今回がカッコよかったので、もうOCGでの不遇っぷりは気にしません。
いなくなってしまって心にポッカリと穴が開いた気分です。

ベクターの最期は今から楽しみですね(ゲス顔)。



>>じょんどりとるさん

まぁ、前回の時点でドルベの戦術とベクターの応手はある程度読めていましたしね。
でも好きですよ、今回のドルベのデュエル。

>リードブローぐらいなら使っていいんだよ!
次回そこには新規「BK」エクシーズの姿が・・・!
って、OCGでの優遇っぷり的にありえそうで怖いです。

ドルベのやることなすことが全て空回りでわろた・・・・

そしてノーブルデーモン・・・・
ヘイローですら3体の素材がいるってのに、がんばってランクアップしてようやくパラディオスの効果と微妙な破壊耐性・・・・。

KONMAIはドルベになんの恨みがあるんです・・・?(困惑)

>>ナナさん

まだPRIOのワールドプレミア枠で
OCGオリジナル「光天使」サポートが来る可能性が・・・!

結局CNo.102は光属性でしたね。No.103がいるからいつか闇属性天使族No.も出て欲しいです。
あ、もちろん新規風属性No.もです。
No.58の数字の色がNo.57と被ったのはチト残念です(水色が良かった)。あと、まさかの玉。そしてバーン回数無制限。

No.58「え、ボクカオス化できないの?」
No.80「かも(´・ω・`)」
No.58。゜。゜(ノД`)゜。゜。
No.20。゜。゜(ノД`)゜。゜。←ドルべ昇天を見て
No.19&64。゜。゜(ノД`)゜。゜。←予告を見て
No.105。゜。゜(ノД`)゜。゜。←自分がドン・サウザンドの呪いだという立場を知って
CNo.102「ウァァァン (ノTДT)ノ ┻┻」

>>ゼアルっち二世さん

装備するのが《CNo.106 溶岩掌ジャイアント・ハンド・レッド》(腕)ですし、
《No.58 炎圧鬼バーナー・バイサー》は武器の形でもよかったかもですね。

ドルベは割と保護者みたいな所がありましたね
バリアンは身を寄せ合った家族みたいな捉え方だったのかなと思います
だからこそベクターへの対応が甘過ぎてしまったという所でしょうか

一方で、イービル1が闇マリクを意識したカードだったので
Ⅳが104を使うベクターの分身みたいという気持ちが一層高まってしまいました
ディザスターレオはラーの翼神竜と似せているみたいですし
マリクは墓守の一族だったのでⅣが墓守を使っていたのもそれが理由かなと
他にもメラグの使う103のラグナインフィニティがⅢが使った
マシュマックとカオスアトランタルに似た効果を持っていたり
2人とも自分のことを剣と名乗ったり
Ⅴと105を使うアリトが共にトラップ戦術を得意としたりするのも気になります
もしかしたら、ノーブルデーモンがカイトのパラディオスと類似効果だったり
光天使とフォトンモンスターが共に光の筋が入ったデザインなのも
狙ってやっていることなのかもしれません
ドルベはミザエルと仲が良かったので、そのあたりとも関係があるのでしょうか

>>八荷飴さん

ドルベのカードに自己犠牲的な効果が多いのは、
前世で大切な存在を守れなかった無念が現れているのかもしれませんね。

Ⅳとベクターの台詞なんかは意識して似せているような気がしますね。
Ⅳが歪んでいった過程は具体的にはわかりませんが、
トロンとベクターの関係を考えると影響があったのかも?と思います。

>光天使とフォトンモンスターが共に光の筋が入ったデザイン
「フォトン」モンスターを作り出した異世界科学と
根っこの部分が同じなのかも?と思いました。両方とも光属性ですし。

今更ですが、ベクターの表情に合わせて動く胸のドン・サウザンドの目に草回避不可www

・・・同じく今更ながら、宇宙で宇宙服(オービタルっぽいけど)着てるほうが違和感ある遊戯王ってアニメが怖ろしい・・・
ZEXALⅢですらゼアルフィールドを普通じゃんていわれるくらいだからな・・・

漫画版5D'sのライディングデュエルが『バイクに乗っただけの普通のデュエル』とか言われていたりもしましたね・・・。
普通って一体・・・

>>ジェネティックさん

でもミザエルが生身で月に来たら、それはそれでネタにされるんでしょうね。
理不尽すぎるぞ遊戯王!

>漫画版5D'sのライディングデュエル
最近はフィールで物理的に相手を倒そうとしたりがんばってますよね。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 デュエル一覧・目次
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

リンクヴレインズパック(11月25日発売)予約受付中!OCGテーマのリンクモンスターを多数収録!

「セキュリティ・ドラゴン」付属のVジャンプ12月号(10月21日発売)予約受付中!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析