TOP > アニメ感想 > アニメ 遊戯王ZEXALⅡ 第134話 感想  
タグ : アニメ ZEXAL 感想 

アニメ 遊戯王ZEXALⅡ 第134話 感想

ナンバーズ134 「甦る竜皇神話!! 『銀河眼の光子竜皇』」

ヒャッハァー!新銀河眼だァー!
20131222_01.png
攻撃モーションがめちゃくちゃカッコよかった!

まぁ、新カードの効果は今月のVジャンプに載ってましたし、
今回一番驚いたのは、
オービタルがカイト製だったことなんですがね。
20131222_02.png
「6年前に作った」って、カイト凄すぎだろ。ここにきて技術者属性が付くとか。
地味にハルトの年齢も大体判明しましたね。
ってことは、過去回想の大体の時期もわかりそうですね。
あと、フェイカー生きてたのか!?
というのは冗談ですが、Ⅱ以降全然出てこないもんだから、
「どこか別の場所で何かやってるんじゃ?」とか想像してたのに、
普通にハートランドにいたんかい!この大変な時に何をしてたんだよ!

そして、オービタルが献身的すぎて泣いた。
オボミにちゃんと想われててよかったね。

以下、今回の新カード。

ミザエル
《時空混沌渦》(タキオン・カオス・ホール)
OCG版との違い:「タキオン」が対象。

共通
《銀河衝撃》(ギャラクシー・ショック)
自場の「ギャラクシー」が自身のATK以上?のモンスターと戦闘する時、
デッキのカード1枚を除外して、そのATKを1500アップ。
相手モンスターの効果とそれが受けているカードの効果は無効化される。
《銀河再誕》(リギャラクシー)
「ギャラクシー」をATKを半分にして蘇生し、このカードを装備する。
このカードを装備モンスターと同レベルのエクシーズ素材にできる。

カイト
《銀河暴竜》(ギャラクシー・ティラノ)
OCG版との違い:2体分の素材にできる。
《No.62 銀河眼の光子竜皇》
OCG版との違い:1ターンに1度、場の全モンスターのランクを1アップ可能。
《双龍降臨》(ダブル・ドラゴン・ディセント)
OCG版との違い:「発動条件がドラゴン族エクシーズの直接攻撃」
「SSするのは光属性に限定されず、効果は無効化されない」

《No.62 銀河眼の光子竜皇》はアニメ版の方がより殺意の高い効果になってますね。
また、ジンロンに言われて《No.46 神影龍ドラッグルーオン》を召喚してましたが、
カイトは他にも《双龍降臨》で呼び出せるドラゴン族エクシーズを持ってたのかな?

ミザエルの前世に出てきた祈祷師もやはりドンさんでしたか。
愛する《No.107 銀河眼の時空竜》が「呪いのカード」だと知り、
案の定ミザちゃんはショックを受けてましたが、
「ヌメロン・コードの鍵の"時の龍"」なわけですし、そこはまだ何かある気がします。
来週さらに過去の回想が入るみたいですし。
20131222_03.png

結局のところ、
ヌメロン・コードの鍵の封印を解くには「光と時の龍」がナンバーズである必要があり、
フェイカーがバリアン世界から持ち帰った「光の龍」をカード化した
《銀河眼の光子竜》では不完全で、
それが今回月でナンバーズ化したことで完全な存在になった
・・・という解釈で合ってるのかな?
白紙の「No.62」自体はずっと月にあったってことでしょうか?
もしかして、このデュエルで「時の龍」も正規ナンバーズ化するなんてことは・・・?
《No.X 銀河眼の時空竜皇》とか。「光子竜」だけ「皇」付きとか気になりますし。

さて、次回は今年最後の放送なわけですが、
カイトがすごく死にそうで不安です。
新たな切り札、真の「光子竜」と、てっきり楽勝展開だと思ってたのに・・・
うーむ・・・、ミザエル恐るべし。
こりゃ年末落下はどっちかわかりませんね。
でも、ミザちゃんは七皇の現状を知らずに逝く方がたぶん幸せですよね?
まぁ、何はともあれ、来週は絶対に見逃せませんね。


【関連項目】
カイトの使用カード(アニメ版)
ミザエルの使用カード

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

6年前に作ったってことはカイトは12歳の時か。ハルトは今7歳くらいかな?

個人的に驚いたのはプライム・フォトンは前哨戦に過ぎなかったことです。
つまり銀河眼対決として向こうと一歩劣ってた部分を対等にした存在ってことですね。

プライム・フォトンの攻撃SEがかっこよかったです。
ブオンッって感じでしたね。他の作品では宇宙でよく使うSEと似ていたので銀河眼にはぴったりですね。

相打ちも多くて雌雄を決する決闘感が出ていいですねぇ。
その分真実を知ったミザエルが虚しい・・・タキオンの存在によりますね。

フェイカーは力のないハルトをカイトの代わりに守るために残ってたんでしょうかね

>>ジェネティックさん

>ハルトは今7歳くらいかな?
10歳以上も離れてたらそりゃブラコンにもなりますね。

今回のデュエルは熱かったですね。
ミザエルは依然強キャラっぽく描写されていて扱いがよいですね。
次回も楽しみです。
フェイカーも何か喋ってくれるといいなぁ~。

僕もカイトのペースで進められそうだと思ってたんですが……
やっぱりあれですね。「七皇の剣」とバリアンズ・カオス・ドローが凶悪すぎる。
超時空竜を1ターン目から出したってのに、ミザエルの手札全然減ってませんでしたもの。
光子竜ナンバーズ化は、この圧倒的ハンドアドバンテージを覆すためのものであり、
時空竜皇はないものと信じたいです。というか、あったらカイトが本当に死んでしまう……。

フェイカーはGXの影丸理事長よろしく、歳がひびいてデュエルできないんでしょうかね?
だからせめてハルトの傍にいようと、残っていたと。

しかし改めて思うのは、フェイカーとハルトが並ぶとフェイカーがおじいちゃんにしか見えない……。
あれだけ老いてから子どもを持つというのは相当珍しいと思います。きっとかわいくて仕方がないんだろうな。

そういえばカイト一応オーバーレイ・ブースターの効果使えばギリギリ勝ててますね。
まぁ、相手がミザエルで伏せカードもあったので温存したのが裏目に出た可能性もありますが・・・

そして何度見なおしてもミザエルのブレなさは敬意を表しますね。
他の七皇にとっては単なるエースカードだったオーバーハンドレッドナンバーズ。
だけどミザエルにとって自身の矜持、意義といってもいい。

それが自身を歪めた呪いそのものとはやはりとても悲しいです。

今までのシリーズにも己の象徴というべきドラゴンを持つ者はいたが、どれも呪いなんて無かったですからね・・・

果たしてタキオンドラゴンはどちらに傾くのか?(そういえばミザエルだけカードが表記されてないんですよね)

>>じょんどりとるさん

>時空竜皇はない
あのまま《No.107 銀河眼の時空竜》が偽物だったら
ミザちゃんがかわいそうだと思いまして。

そして、フェイカーの奥さんが本当に気になります。
少なくとも、ハルトが産まれるまではいたわけですよね。



>>ジェネティックさん

前述の「時空竜皇が出るんじゃないかな?」の件ですが、
時空竜を放し飼いにしていた描写がありましたし、
「器(カード)が呪われてるだけで中身(龍)は本物」とかなら、
アストラルのナンバーズに生まれ変わる展開もアリかな?
と思っています。

《オーバーレイ・ブースター》の件は考えてみましたが、
納得のいく理由が思いつきませんでした。
次回は使うのでしょうかね?

7というナンバーの割りに昔からいるオービタルは、用途が違っていたのではと
考えてはいたのですが、天才少年カイト製の介護ロボとは恐れ入りました。
もしかしたら、作製時の名前は別にあるのでしょうか。
回想を見ていると、オービタルはハルトのお母さんみたいですね。
女性型の性格か外見にしておけば、ゲームでのフェイカーの暴走も
なかっただろうになんてことを考えてしまいました。
お茶目な多機能介護ロボというとドラえもんみたいですけど、
エスパーロビンといい、そういう番組が向こうの世界でもあって、
その影響を受けたのかもしれませんね。

光子竜皇の攻撃時に光っていた点の数を確認してみましたら7つでした。
位置関係が北斗七星かどうかは確かめていませんが、
バリアン7皇に対するアストラル側の力の象徴という立場なのでしょうか。

光子竜皇メチャクチャかっこよかったですね!技名とか見た目とか演出とか

デュエル内容も大型モンスターが飛び交っていて非常に迫力がありました

あと個人的にはミザエルが時空竜が呪いだと言われた後の動揺を孕んだ声の裏返りようとカイトの「今度こそ自分の運命を諦めるな‼︎」という台詞がグッときました

次回予告とジンロンの「このデュエルでお前の進むべき道が決まる」という台詞からカイトが負けそうで全く展開が読めませんねしかし

>>No.X 銀河眼の時空竜皇
僕は普通に「SNo.107」の方がいいです。

ベクターは遊馬がああなるまで精神的に痛めつけないと生きていけないのでしょうかね。

>>八荷飴さん

オービタルのナンバーが製造順だとすると、
どう見ても戦闘用にしか見えない5と6は
さらに幼いカイトが作ったってことになりますよね。
なんて恐ろしい子供なんだ・・・

>女性型の性格か外見にしておけば
確かにオービタルの性格設定については謎ですね。
なぜカイトは自分であのキャラに作っておいて
あんなにオービタルに冷たいのでしょう?
あの高性能な心は偶然の産物だったとか?

ところで、考えようによっては、
カイト自身も「遊戯王名物の酷い父親」ですね。



>>紅蓮魔竜さん

>自分の運命を諦めるな
その台詞はよかったですね。
前にカイトが自身とハルトのことについて言ったのを思い出しました。

>カイトが負けそう
本当にどうなるのでしょうね?
たとえ勝ったとしても、
「鍵の起動には命が必要」なんて展開にならないか心配です。



>>ゼアルっち二世さん

>SNo.107
オバハンなので、
進化にはアストラルじゃなくてドンさんとの絆が必要なのでしょうかね?

オーバレイ・ブースターの件は青眼の光龍の例もありますから、
個人的にはプライム・フォトンに対象にとるカード効果を無効にするくらいあっても良いとは自分も思ってますけどね。超銀河眼の光子龍がアルティメットポジなので。
光龍も究極竜が素材ですが、レベルは下で海馬も「ブルーアイズの最終進化形態」と青眼の白龍のほうの進化形とも取れない言い方してましたから、ついてても違和感はないでしょうし。

そういえば随所で言われていますが、ナンバーズ文字の62は希望皇ホープのナンバー39の逆だとか、
39+62=101で対比されていて、この戦いが終わったらプライム・フォトンは遊馬の下に行くという説もありました。

中々面白そうですが、最後のもしカイトが死ぬようなら遊馬の鋼メンタルにもそろそろ完全にとどめ刺しそうで怖いですけど・・・

>>ジェネティックさん

《No.62 銀河眼の光子竜皇》に
アニメオリジナルの効果がある可能性はありますね。

>ナンバーズ文字の62は希望皇ホープのナンバー39の逆
それを見た時は驚きました。
単純な数字でなくひと工夫してるところがニクイですよね。

>もしカイトが死ぬようなら
最後に全員復活するのが前提ですが、
「一度死んで生き返れば体の不調も治りそう」
とか嫌な考え方をしてしまいました。

・・・某所でNo.26か、62の逆でプライムフォトンと対をなし、さらに風呂上がりさんの「風呂」にもなってる…完璧じゃないか
という意見を聞いて一瞬納得してしまった自分が悲しい。

そういえば以前もウルトラマン-コスモスをドン・サウザンドの言葉で思い出しましたが、
あの作品でも終盤月で戦ってたなぁ・・・

・・・あれ? なんかガチでカイトが死にそうな気がしてきた

>>ジェネティックさん

《No.26 銀河眼の時空竜皇》来てもいいのよ?
でも「風呂」はちょっと・・・何かもう少しカッコいい語呂はないものか・・・

月面での最終決戦なら、私は「勇者エクスカイザー」が好きですね。
全身が金色に・・・てのは前作でやりましたか。

>勇者エクスカイザー
自分はそれのオマージュのトランスフォーマーギャラクシーフォースの月面決戦も好きですね。
最近だと大張作画OPだったガンダムAGEで見ましたが。

・・・月面決戦ってこうなんでそそられるというか、盛り上がるんでしょうか

>>ジェネティックさん

やはり地球が背景なのがイイのかもしれませんね。
「あれが俺たちの守る惑星(ほし)だ」的な。
ZEXALだと地球は今赤くてちょっとアレですが。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 デュエル一覧・目次
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

「六武衆の真影」付属のVジャンプ10月号(8月21日発売)予約受付中!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析
pixiv
ブックマーク DR100