fc2ブログ
TOP > アニメ感想 > アニメ 遊戯王ARC-V 第1話 感想  
タグ : アニメ ARC-V 感想 

アニメ 遊戯王ARC-V 第1話 感想

第1話 「光の軌跡、ペンデュラム召喚!」

さて、いよいよ始まりましたね。遊戯王ARC-V!
20140406_04.png

遊矢君もなかなかに複雑かつ魅力的なキャラですね。
20140406_03.png
今後の精神的成長に期待です。
あと権現坂良いヤツだなぁ。

それにしても、
オッ素君ーーー!!の扱いあんまりすぎない?
まさか第1話にしてカードが変化するとは・・・!

前情報では「遊戯王なのに全然オカルトチックな雰囲気がないな~」と思っていたら、
ペンデュラム召喚自体が遊矢君の特別な力っぽいですね。
あ~これでいろんなキャラに目をつけられるのか。
しかし、
新ルール&Pゾーン創造に対応するとか、
あの世界のデュエルディスクどんだけすごいの?


以下、今回の新カード。

遊矢
《カバーカーニバル》
OCG版との違い:相手への攻撃制限が永続。自分への召喚制限なし。
《EMディスカバー・ヒッポ》
アドバンス召喚用ダブルコスト。
《オッドアイズ・ドラゴン》
OCG版との違い:効果ダメージの発生条件がレベル5以上。
《ワンダー・バルーン》
手札1枚を墓地へ送る毎にカウンターを置く。
このカードを墓地へ送り、そのカウンターの数×1000だけ、
モンスター1体のATKをEPまでダウン。
《時読みの魔術師》(Pモンスター化前)
1ターンに1度、自場の魔法・罠1枚を効果で破壊できなくする。
《星読みの魔術師》(Pモンスター化前)
1ターンに1度、自場のモンスター1体を戦闘で破壊できなくする。
《時読みの魔術師》(Pモンスター化後)
【P効果】1ターンに1度、自場のPモンスター1体が対象の罠の発動と効果を
無効にして再セット可。
【モ効果】1ターンに1度、Pゾーンのカードが対象の魔法・罠の効果を無効化。
《星読みの魔術師》(Pモンスター化後)
【P効果】1ターンに1度、自分のPモンスターの戦闘時に魔法の発動と効果を
無効にして再セット可(このターンは発動不可)。
【モ効果】1ターンに1度、???を離れた自分のPモンスターをSS可。
《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》
【P効果】OCG版との違い:②の効果なし。
【モ効果】OCG版との違い:戦闘ダメージ倍化の条件がレベル5以上。

「魔術師」コンビの効果がOCG版とかなり違いますね。
ヘビと魚は《EMウィップ・バイパー》と《EMソード・フィッシュ》でいいのかな?
20140406_05.png
【追記】公式サイトの「熱血!デュエル塾」で紹介されてましたね。

AD用フィールド魔法&アクションカード
《辺境の牙王城》
アクションカードを1枚しか手札に加えられない。
《回避》
モンスター1体の攻撃を無効化。
《奇跡》
場のモンスター1体の戦闘破壊を防ぎ、戦闘ダメージを半減。

ストロング石島
《蛮族の饗宴 レベル5》
→字幕より。OCG化の際にカード名が《蛮族の狂宴LV5》と判明。
手札からレベル5の戦士族2体をSS(効果は無効)。
《バーバリアン・キング》
「バーバリアン」をリリースしてアドバンス召喚した場合、モンスターに2回攻撃可。
《バーバリアン・レイジ》
戦闘ダメージを受けた時、「バーバリアン」1体のATKを2000アップ。
そのモンスターが戦闘破壊したモンスターは手札に戻る。
対象の「バーバリアン」が場を離れたらこのカードを破壊。
《バーバリアンの奇術》
モンスターが手札に戻った時に発動可。そのATKの半分のライフを回復。

「バーバリアン」とか懐かしすぎ。
20140406_06.png
これまでのアニメ第1話の敵はみんなレギュラーキャラでしたが
前作のZEXALに至ってはラスボス)、ストロング石島さんはどうなるでしょうね?

権現坂
《超重武者ワカ-O2》
??では破壊されない。
《超重武者ソード-999》
このカードが???したら、???できる。
《超重武者ビッグベン-K》
効果不明。

テキストがよく見えなかったけど機械族?

さてさて、ARC-Vの新要素「アクションデュエル」ですが、
うーん・・・どうなんでしょう?
画的には動きがあって良いと思うのですが、
アクションカードの入手・使用のタイミングがフリーダムすぎて、
ゲームの面白さとしては・・・
たまにやる変則デュエルならまだしも、
メインに据えるならきっちりしたルールが欲しいところです。
ただ、同じ御都合なピンチ回避カードでも、
デッキに入ってるよりは拾った方が自然?
今回を観た感じでは、《回避》と《奇跡》は定番のカードっぽい?
手札コストに使えるのはちょっと面白いかも。
まぁ、なんだかんだで今後ハマるかもしれませんし、もう少し様子を見ますか。

個人的には初デュエルは1話に収めてほしい派ですが、
主人公のエース召喚で締めてましたし、初回の掴みとしてはなかなかかと。
ペンデュラム召喚のエフェクトがカッコよかった!

今後しばらくは平和な日常回と考えてよいのでしょうかね?
最初から「ナンバーズを集める」という目標が提示されていたZEXALと違い、
こっちは現時点ではどんな展開になるか読めませんね。明確な悪者もまだ見えませんし。
お約束的にはお父さんの失踪の秘密が関わってきそうですが。
できれば今シリーズはあまり頭を使わないで観られるストーリーがいいなぁ。
GX第1期くらい気楽な感じの。(あくまで第1期ね第1期。)

まずは色々なキャラのデュエルが見たいですね。
ペンデュラム召喚が遊矢君独自の召喚方法ということは、
他のキャラには儀式・融合・シンクロ・エクシーズを期待してもいいのかな?
儀式塾の人来ないかなー?
デッキ破壊やディアン・ケトのそっくりさんの塾も気になる。
てか、突っ込みどころ多すぎw

次回の赤馬社長の出番は楽しみです。
20140406_07.png
いったいどんなキャラなんでしょうね?気になります。


それから、Amazonで予約したパーフェクトルールブックが届きました。
例が詳しく載っていて予想よりかなりわかりやすかったです。
手元に1冊置いておいて損はない出来かと。
今回のマスタールール3は変更点も結構多かったですし。
通常ペンデュラムモンスターは気になりますね。


【関連項目】
遊矢の使用カード(アニメ版)
ストロング石島の使用カード
権現坂の使用カード(アニメ版)

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

アニメ版EMディスカバー・ヒッポが意外と強いw
しかしOCGと全く違う効果ということはZEXALみたいにアニメ効果のみで行く路線なのかな?

ZEXALのカードの裏側が変わった理由が裁判対策ですけど、
ARC-Vはなんかあるのかな?

>新ルール&Pゾーン創造に対応するとか、
あの世界のデュエルディスクどんだけすごいの?

ドーマ編からデュエルディスクの空気の読みっぷりは異常でしたが、
今回のはディスクもソリッドビジョンなのでさらに空気を読みますねw

アクションデュエルに関しては……ちょっとまだ微妙ですかね?
片方が止まってたり、モンスターが破壊されると落っこちるあたりが
ライディングデュエルと違う感じで変な印象になっているのかも……?

どちらにせよアクションデュエルはルール的にはライディングデュエル同様常時フィールド魔法。それの効果でアクションカードが支配される……って感じなのかな?

>>手札コストに使えるのはちょっと面白いかも。
≪零式魔導粉砕器≫で拾ったアクションカードを8枚捨てて4000ダメージだ!とかなっちゃうんですがそれは……


まあ序盤で???ってなるのは遊戯王アニメの伝統ですしこれからに期待ですかね

>>ジェネティックさん

>今回のはディスクもソリッドビジョン
デュエリストの思念とか読み取って動いてそうですね。

アクションデュエルは、
今後フィールド魔法の効果次第で化けるかもですね。



>零式魔導粉砕器
敵が使う分には面白そうな気がします。

自分もフリーダムすぎるアクションデュエルに少し戸惑いを覚えました笑
一緒に行動するモンスターを呼べなかったらどうなるのか気になります
ですが動き回るのは見てて楽しいし、ディスカバー・ヒッポはアクションカードを見つけるのが得意という設定も中々面白くも感じたので期待してます

ストーリーの方はどうなるんでしょうね?新しく誕生したペンデュラム召喚が既存の召喚方法が浸透しているデュエル界に革命を起こす‼︎
ってのが最初の動きでしょうか
塾長が使えなければその塾の力としては示せないと思うのですがそこの所はどうするんでしょうか笑

>個人的には初デュエルは1話に収めてほしい派ですが
自分も1話でスッキリ終わって欲しかったですね
ペンデュラム召喚やアクションデュエルなどの新要素が多かったので難しいかもしれませんが・・・

あとこれまでのシリーズとの関係が気になりますね
シンクロやエクシーズが出てくるならデュエルの幅が広がりそう

書き換わるのは聞いてましたが、まさか三体同時とは思わなんだ。
やっぱZEAL同様オヤジがただものでない予感しますね。
今回は回収してくれるのかしら?

>>紅蓮魔竜さん

>ディスカバー・ヒッポ
「カバ」をかけるにしてもなんで「ディスカバー」なんだろ?
と思っていたらそういう設定があったのには驚きました。

>塾長が使えなければ
まぁ、現実でも名物講師を客寄せに使ったりしますし、
遊矢君をそのポジに据えるとか?
問題は、
入塾すればP召喚を覚えられる(Pモンスターが手に入るとは言っていない)
な気がします。
修造さんは経営者としてはアレでもデュエルは強いといいなと思ってます。



>新要素が多かったので難しい
新システムがあるとストーリーとデュエルの両立は厳しいかもですね。

>シンクロやエクシーズ
メインキャラに最低でもどっちかの使い手は欲しいです。
理想はP召喚から場合に応じて両方を使い分けることですが。
口上がどうなるのかも気になります。
「チューニング」や「オーバーレイ」という用語を使うのかとか。



>>カウントダウンの人さん

>オヤジがただものでない
今回は本職デュエリストなのでデュエルはあると思いたいですね。
アバンで映ってたモンスターが気になります。

あと個人的にストロング石島がアクションカード使う時だけ汗だくで焦っていたのは少し残念に思いました

アクションカードという(言葉が悪くなりますが)運ゲー要素が普通のデュエルより強く感じられる設定なら遊矢のように「逃げ回ってるように見えてアクションカードの場所を把握していた」「ディスカバー・ヒッポはアクションカードを見つけるのが得意」などのように少しでもそれを薄れさせる理由付けを対戦相手にも平等に付けて欲しかったです

特に遊矢を倒して真のチャンピオンになろうと意気込んでいるチャンピオンなのでそこは丁寧にして欲しかったなと

バーバリアン・レイジを伏せておいて戦闘ダメージ対策を怠っていたことにもなりますし

>>紅蓮魔竜さん

アクションデュエルの鍛錬を怠っていた感はありますね。
不戦勝でチャンプになってしまった弊害でしょうか。
遊勝さんから実戦で戦術を学ぶ機会が無かったわけですからね。
逆にそこが石島さんの今後の成長の余地かもしれませんね。

好意的に解釈するならば、
《辺境の牙王城》のメインである城には
アクションカードが少なくとも1枚はあるだろうと踏んだ上で
あそこに陣取っていたとか?
《回避》と《奇跡》が多めに落ちてるのを知っていて油断していたら、
予想外のワンショットキルが来て慌てて取りに行ったと。

Aデュエルは一話を見ただけだとこんなかんじですかねぇ?

1.フィールド毎に違ったAカードがばらまかれる、また『取得』するまでカードの内容を確認することが出来ない(プロキシで再現するなら別途にAデッキを用意する)
2.魔法、罠と同一タイミングのリアクションとしてAカードの『取得』を試みる事ができる(コイントスで表ならAデッキからドローする)
3.『取得』したAカードは即座に発動するか手札に加えるか選択できる(ドローした瞬間のAカードは実質リアクションを消費せず発動できる)
4.Aカードの『取得』は手札にAカードが存在しない場合しか試みる事ができず、またAカードはフィールドに伏せる事が出来ない
5.Aカードの『取得』は自分の場にモンスターが存在する場合でしか試みる事が出来ない
6.Aカードの『取得』に失敗した場合(コイントスで裏だった場合)リアクションの放棄として処理を続行する


不要なAカードの処分が重要になってきそうな感じ?

とりあえず、逆にモンスターを担いで自分で走るデュエリストとか出てこないか期待

>>多賀谷さん

カードの効果自体はOCGの範疇だったライディングデュエルと違って、
アクションデュエルは再現が難しそうですね。
多賀谷さんのルールは面白そうなので一度やってみたいです。

>不要なAカードの処分が重要になってきそう
《ワンダー・バルーン》のように手札を処理できる
永続魔法は便利そうですね。

戦略性という意味では、
試合のデッキを組む前にフィールド魔法とアクションカードの種類を
公開してくれると面白くなりそうな気がします。
例:《回避》が多めなのでデッキには攻撃無効系を入れない、等。

>モンスターを担いで自分で走るデュエリスト
私も見たいです。
ヴァロンのアーマーモンスターみたいなのもいいかもですね。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th-S
VRAINS】【DUEL-S
SEVENS】【ゴーラッシュ
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
全テーマの使用キャラ一覧
キャラ別使用カード
デュエル一覧・目次
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 AカードのOCG化状況
過去テーマLモンスター一覧
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

DP輝光のデュエリスト編(5月25日発売)予約受付中!

パーフェクトルールブック2024(4月26日発売)予約受付中!

ザ・ヴァリュアブル・ブックEX4(3月22日発売) 予約受付中!

「炎王妃 ウルカニクス」付属のOCGストラクチャーズ第8巻(3月4日発売) 予約受付中!

インフィニット・フォビドゥン(4月27日発売)予約受付中!

QUARTER CENTURY SUMMONSCENE SELECTION(3月27日発売)予約受付中!初回特典は「キメラテック・オーバー・ドラゴン」!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中