TOP > アニメ感想 > ARC-Vの大筋の個人的な予想の変化を振り返ってみた(1年目)  
タグ : アニメ ARC-V 感想 

ARC-Vの大筋の個人的な予想の変化を振り返ってみた(1年目)

早いもので、アニメ遊戯王ARC-Vの放送開始からもうすぐ1年が経ちますね。
今作のストーリーも謎がいっぱいで、色々と考えながら観るのが楽しいです。
事実が1つ明らかになったと思ったらまた新たに謎が増えたりして、
私がアニメ感想記事で書いている予想も割と二転三転してますね。
今回は、2年目突入前にちょっとその変化を振り返ってみようと思います。

ちなみに、
放送開始当初の私↓
「シリーズ5作目ともなると大概の超展開には慣れてるし、
そうそう予想外の事態にはならないだろ。
ま、大体のストーリーの大筋は余裕で読めるかなっ!」


今の私↓
20150325_01.png
(無言のゴーグル)


【初期ビジュアル発表時(2013年12月)~】
遊矢君の顔が今より大人っぽくて頭身が少し高かったですね。
オトメディア2015年4月号によると、
初期は第1話から次元間戦争のシーンを映すハード路線の予定だったそうですが、
大人っぽい遊矢君はその名残でしょうか?
「辛い現実から逃げていた遊矢君が勇気を持って立ち向かう」というのは
この頃には明かされていました。
「プロを目指している」「全召喚法が登場」というのが明かされるのはもう少し後でしたが、
その頃の私の予想はたしかこんな感じ。↓
「プロ養成所所属のある程度強い主人公(全召喚法使用)が
飄々と強敵を倒してのし上がっていくストーリーかな?」

プロデビューがゴールのGXみたいな?
遊矢君の初期デザインが余裕たっぷりの俗に言う「俺ツエー系」に見えたんですよね。

【放送開始前(2014年1月~3月)】
Vジャンプで情報が徐々に公開されていた時期ですね。
遊矢君が今のデザインになって、中学生だと発表されました。
「デュエルが盛んで多くの塾がある街が舞台」という設定が明かされましたが、
この時点では大筋予想に大きな変化はなく、
「塾同士の試合がメインで、プロ試験を受けたりするのかな?」
といった感じでした。

【放送開始・第1話~第6話】
「・・・あれ?どうもエクストラ召喚が無い世界っぽい?
メインデッキオンリーの塾同士での対戦とかやるとは思えないし、
ここまでの予想はハズレっぽい?」と、一旦リセット。

【第1クール終了時】
素良君やユート、赤馬母子の登場によって、
「エクストラ召喚=異次元の技術」というのが匂わされてきた時期ですね。
第2クールから大会(準備)編に入るとのことで、
この頃には「大会編→異次元編」のイメージで固まっていたように思います。
(無事に大会が終わるかどうかは置いといて。)
「アカデミア」というキーワードが第7話で出てきましたが、
割と一般的な単語ということもあって、
この時点ではがっつり過去作をモチーフにしてくるという発想はありませんでした。
(GXファン向けの釣りかと。)

【第18話】
字幕でユートとユーゴの名前バレという大事件発生。
「エクストラ召喚法別の異次元と遊矢君のそっくりさん」説がほぼ確定。
D・ホイールの登場も衝撃的でした。
が、この時点でもまだ「過去作オマージュ多そうだな~」程度ののんきな気分でした。

【第2クール終了時】
異次元同士の敵対関係が見えてきたことで、
「次元間戦争をやるのかな?」といった感じに。
個人的には、この頃は「影が薄いシンクロが黒幕では?」と考え、
「スタンダード・X連合が融合を倒したあたりでS次元が出てくる」と予想していました。
(または、同盟・裏切りで勢力図がコロコロ変わる展開を見たかったです。)

【第2OP・EDに変更~第33話】
ハートランドの登場で、異次元のモデルが(少なくとも見た目は)過去作だと確定。
とはいえ、各過去作では代表の召喚法しか存在しなかったわけではないので、
「似てるのはただのファンサービスで、同一の世界ではないだろう」と結論。
「Burn!」の映像から、この時点では、
「大会編の章ボスは黒咲さんで、
上位キャラで"槍"を結成して融合次元に乗り込む展開かな?」

と予想していました。

【~第48話】
バトルロイヤルでもうジュニアユースはボロボロや・・・
柚子ちゃんシリーズが次元のピースであること、
ユーシリーズの中に邪悪な存在がいることが示唆されていますが、
これが大筋のクライマックスに絡んできそうですね。
ユーゴの真の敵もリンちゃんを攫ったアカデミアであることが判明し、
「次元戦争は『融合次元vsそれ以外』で小さくまとまりそう」
「あとはシンクロ次元と手を組んで融合次元を倒したら、
その後で真の黒幕が出てくる展開かな?」

(「デニスが実は真の黒幕側」とかはありそうなのでそこには注目かな?)
などと思っていたら、

【今週(アニメジャパン2015)】
公式「ジャックとクロウ出すで」
私「ファッ!?」
予想GUYなキャラが斜め上をリミットオーバーアクセルシンクロォォォォォ!!!
さっそく「そっくりさん」か「本人」かで議論が巻き起こっているようですね。
これ、「小さくまとまりそう」なんてとんでもなかった?
20150325_02.png
これだから遊戯王は止められないぜ!

まずは4月からの新OP&EDに期待ですね。


【関連項目】
アニメ 遊戯王ARC-V 感想・目次

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

相変わらずの予想斜めの超展開ぶりで驚かされます
自分は各召喚方法の異世界があると6話で予想していましたし、ユートの名前ばれで書く世界で戦うとも予想していました
しかし、まさかあの2人が出るとは…予想GUYです


過去で自分が外した予想
・シグナーたちの前世は大昔のシグナー
(フィールでそれっぽいの回収したけど…)
・AOJのために相手のフィールドだけ光属性するカードが出る
・イェーガーは黒幕の側近キャラかと思ってた
・アキさんはチアコスで応援すると思っていた
・ゾーン=未来の不動遊星
・アポリア戦で遊星が負ける
・入院しているシャークの大切な人=シャークの彼女
・鉄男は終盤でも結構残ると思っていた
・闇川vsV。声優繋がり
・遊馬は時・場合によって色んなNo.を使いこなす
・二期の初めにⅢとアンナが転校してくるかと思ってた
・アリトは「しん…げつ…」の言葉には続きがあるとなと思っていた
・真月はベクターが作り出した分身orベクターの善の部分から作り出した作り物(救いがある展開があると思ってた)
・バレで99話のナッシュの名前を知った時は本物のナッシュだと予想した(ドルベ人間体が少年に見えなかったため)
・ベクターの遺跡の過去は国民がドンに操られていると思った
・ベクターの遺跡のナンバーズの番人はベクターの死刑執行人
・イリス=ドンが化けた姿
・ライオンハートのカオス体は出る
・最終決戦はドンvs遊馬&ナッシュ&カイトの総力戦
・ユートvsユーゴは柚子が近づいてきて中断
・柚子の正体は実は記憶をなくした瑠璃
・ナイトオブデュエルズの中身はシンクロ次元の人間と入れ替わっている


男爵さんは過去にどういう予想を外しましたか?覚えている限りで

>>風来の決闘者さん

5D'sは予想をあまりせずに勢いで観ていましたが、
たしか「アルカディアムーブメントはもっとがんばれよ!」
と思った記憶がありますかね。

ZEXALの予想→正誤の流れは大体以下の記事にまとめています。
http://peperoncino100.blog.fc2.com/blog-entry-823.html
「璃緒ちゃん⇔Ⅳ」「ハルト⇔ベクター⇔トロン」の掘り下げが無く、
無印とⅡの地続き感がイマイチ薄かったのは未だに残念です。

やっぱり一番最初に発表されたデザインはちょっと大人目にデザインされてだんですね。自分も、あれ?ちょっと幼くなった?って思ってました。


自分は今シーズンのラストを

柚子をかけて遊矢とユーリの決闘→遊矢の負け→赤馬からペンデュラムのさらなる可能性を教わる→融合次元へ乗り込む

だと予想していましたけど、見事に外れました。融合次元へ乗り込む前にシンクロ次元とも色々起こりそうでこれからも楽しみです。

>>とある通常モンスター(レベル4以下)さん

>一番最初に発表されたデザイン
目がキリッとしているだけでだいぶ印象が違いますね。
もしかしたらGXのように作中で成長して見た目が変わるのかも?
と少し思っています。

柚子ちゃんとセレナちゃんの声が同じだと判明した時には、
一時的に柚子ちゃんが抜ける代わりに
セレナちゃんの分のレギュラー枠を確保したのかと思いましたね。
実際は柚子ちゃんの誘拐は回避したわけですが、
もしもしばらく出てこないならば、セレナちゃんの味方化もあるでしょうかね?
その場合、スタンダード側は気づかないけど、
今回の戦いでは融合次元が実質的には負けたという
少々間抜けな構図になりそうですが。

自分の場合、塾対抗を予想していて次元戦争をやられたのもあれでしたが
一番驚いたのは、梁山泊やナイトオブデュエルズがいとも簡単に脱落させられたことでしょうか。
ゼアルの感覚がまだ残っていて
「ゴーシュやドロワみたいに残るか、せめて遊矢と親交を持ったりするのかなー」
と思っていたので意外でした。

今までは、OP等で意味深に写っている連中は(後々ヘタレ化したり
することもあったとはいえ)それなりに活躍するのが基本でしたが、
今後はそういう推測も成り立たないということですね。
例えば今回は「Pカード量産」「ジュニアユースからのランサーズ結成」
の伏線が活かされた裏で「大会の(順調な)続行」というフラグはへし折られましたが、
いくつか張られている伏線のうち、どれが本命なのかを見極めねばならない、
というのは中々厄介だと思います。

>>じょんどりとるさん

>梁山泊やナイトオブデュエルズ
のように正直がっかりだった連中もいる一方で、
ミッチーや大漁旗、風魔塾の兄弟のような
思わぬ見せ場があったキャラもいましたね。
また、
「ハリル君のデッキはDMファン枠だから危ないけど
オリテーマを貰えたオルガちゃんは生き残るかな?」
と思いきや2人とも退場したりと、
今作は予想しづらい感じがします。

個人的に、OF戦で黒咲さんと共闘したキャラのつながりは
上手くシナリオに活かしてくれると嬉しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 デュエル一覧・目次
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

漫画版ARC-V 第2巻(10月4日発売)予約受付中!付録は「白闘気双頭神龍」!

最強デュエリスト遊矢!! 最終第2巻(10月4日発売)予約受付中!付録は「超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン」!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析
pixiv
ブックマーク DR100