TOP > アニメ感想 > アニメ 遊戯王ARC-V 第108話 感想  
タグ : アニメ ARC-V 感想 

アニメ 遊戯王ARC-V 第108話 感想

第108話 「アマゾネス・トラップ」

わー、ふたりをえがおにできてよかったですねー。
20160605_01.png
レジスタンスの彼女たちへの恨みをどう昇華するかが今回の主題なのかと思ってました。
次回はもう少しそのあたりに踏み込んでほs・・・
隼・・・、お前・・・消えるのか?
20160605_02.png

ここで今回の新カード。

タイラー姉妹
《スローライフ》
自場にモンスターがいない場合に発動可。
お互いに1ターン中にNSかSSの片方しかできない。
《アマゾネス拝謁の間》
自場に「アマゾネス」がいなければ自壊。
相手の場にモンスターがSSされたらそのATK分LPを回復可。
《アマゾネスの秘湯》
自場に「アマゾネス」がいなければ自壊。
1ターンに1度、EPに自分が受けた戦闘ダメージ1回分のLPを回復可。
《アマゾネスの呪鏡》
戦闘ダメージを受けたターンのEPに発動可。
1ターンに1度、自分への戦闘ダメージを0にできる。

黒咲
《RR-アイアン・ハート》
「RR」Xにのみ装備可(ATK500アップ)。
墓地へ送られたターンに「RR」X2体を対象に発動可。
片方を蘇生し、もう片方をORUにする。
《RUM-エスケープ・フォース》
自場のXへの攻撃を無効にし、1ランクアップ(攻撃表示)。

遊矢
《ミラクル・ロケット・ショー》
このターン、相手モンスターは戦闘破壊されず、戦闘ダメージも0に。
BP終了時、0にしたダメージ分のバーン。


ゴンちゃんが墓地共有ルールのせいで不利だったことを説明させるなど、
脚本の「フォロー」力が上がってきたように思えますね
(なお彼自身も今回Aカードを使わない理由に利用されてましたが)。
次はそろそろ「説得力」とか「面白さ」に力を入れてほしいです。

OF襲来にエド出動と、なんか次回から一気に話が動き出しそうですね。
黒咲さんははたしてどうなってしまうのか・・・
カイトーはやくきてくれー!


【関連項目】
遊矢の使用カード(アニメ版)
黒咲の使用カード(アニメ版)
タイラー姉妹の使用カード

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

沢渡と権現坂は予想通り・・・
相性が悪いのは確かなんですが
1回どうにかするくらいは見たかったかなと。

そしてまさかいきなり笑顔にするとは。
勝ちはするも・・・という展開だと思ってました。

まあ、あくまで興味を持たれただけな気もしますが。
そして知らないうちにエドに喧嘩を売っているという。

次回はタイトル的に・・・
遊矢(ユート)を庇う展開でしょうか。

>>まぐかっぷさん

>エド
「スマイル・ワールド・・・ッ!(憎悪)」には若干共感しました。
しかし、「~を使うような奴なんかに」ってすごいdisり具合でしたが、
遊勝さんのエンタメもそんなにアレだったのでしょうかね?

タイラー姉妹に関しては、
レジスタンス視点での恨みが後半うやむやになったのをひとまず置けば、
エンタメが通じた貴重な幹部クラスということで、今後の役割に注目ですね。

>次回はタイトル的に
「死す」なら助かったかもしれませんが、これはどうなるか・・・
ここで果てたら素良君やデニスとの因縁はどうなるの!?
(もうアレで既に終わった扱いな可能性をひしひしと感じつつ。)

初めまして。ブログをいつも拝見しております。
今回のデュエルでは、ようやく遊矢がエンタメデュエルをできたので良かったですね。ユートや黒咲が憎しみに飲まれて力押しで倒してしまう、という展開を予想していたので、一つ転機になったなと思いました。
黒咲さんは美味しいキャラなので果てるにしても一時的に戦闘不能になる程度じゃないでしょうか。

はじめまして。

話数を考えれば、ここで遊矢君が成功するのは良かったですね。
姉妹も背景が不明だけど、
元々エンタメに感応する心があったのかと納得することはできます。
あとは、遊矢君の行動でレジスタンスの心がどう動いたのか、
姉妹を笑顔にすることと笑顔になったことに納得がいったのかを、
次回以降しっかり描写してもらいたいです。

>黒咲さんは美味しいキャラなので
たしかにそうですが、
正直、脚本的には消すメリットもそれなりにありそうな気がして怖いです。
アカデミア憎しのキャラはエンタメ改心をやるには邪魔に思われていそうで。
なので、前述の心情の変化をしっかりと描いて、
彼にも笑顔のために戦ってもらえれば、と思います。

レジスタンス勢関連がエンタメ軸のために若干曖昧になったのは残念ですが、これは次回フォローが入ってくれればOK。(入るかなぁ……)

ユート君が遊矢の話を聞いてくれる冷静さがあって良かったぁ
怒る理由は十分にわかりますが、やはりユート君は冷静だったりオカンキャラのほうが映えるし、好きなので。

遊矢君がようやくエンタメフェイズへ。
そうそうスタンダード次元以外だったらこんな感じでエンタメは見たかったんだよなぁ。
ある種、漫画版遊矢が一つの完成形を見せているようなものなので、これから頑張っていただきたいところ。

……ただ、やっぱりクロスオーバー一色はなぁ…大会編の沢渡さんのおかげでスタンダード次元でのアクションデュエルは結構気に入ったんですけど、別次元だと相手が基本使わないからもっとフィールドのバリエーション増やしてほしいなぁ(ZEXALのWDCみたいな感じでもいいのよ?)。社長!早く来て改良+デュエルするんじゃ!

エドがスマイルワールドにここまで敵意向けているのは公式サイトの紹介文見る限りでは前回の明日香さんのより強いモノ的な感じなのかな?
誰かが言ってましたが、今のカイトとエドは犬で例えるとちょうど真逆って感じます。

>>DFGNEXTさん

>クロスオーバー一色
背景を楽するためだけでなく、
今回はついにAカードを使わない理由付けまでして非常に残念です。

今月の最強ジャンプ版の最新話で、
Aカードの取得方法に関する効果持ちのフィールドが出ましたが、
アニメ版でもそういうのを出してほしかったです。
「発動しなかったターンのEPにペナルティ」とか、
「与(被)ダメージいくらか以上で自動的に手札に加わる」とか、
よく言われている「ドラベース式」などのように、より競技性を高めて、
他次元のデュエリストにも強制させる形で、
アクション(エンタメ)デュエルの面白さに目覚めさせる
なんてこともできたのではないかと思います。
ソリッドビジョンの視覚効果と魅せコンボに加えて。

遊矢君の今後の成長に関しては、
直接遊勝さんの指導を受けたクローバー校組から何か得るものがないか注目しています。

流れとしては悪くなかったんですが、スピード改心がゼアルのⅣっぽいというか・・・
深いはずの怨恨そっちのけで仲良くなりそうなのもものすごくデジャヴを感じます

姉妹が思った以上に早くエンタメで笑顔になって驚きました。ただ、アカデミアで兵士としての訓練ばかり受けてきたと考えると、エンタメから受ける衝撃はかなり大きかったのかなぁと思いました。
レジスタンス勢も気になりますが、今後の姉妹が改心して味方になるのか、興味を持ったが故に敵として何度もデュエルを挑んでくるのか等、どう動くのかも気になってます。

>Ⅳっぽい
そこに至るまでの情報量が違うので同意しかねますが、
こちらは、視聴者視点でものすごく面白いエンタメだったか、
あるいは「デュエルの楽しさを知ってほしい」との説得込みでの、
相手を想ってのものなら印象が違ったかもしれませんね。
今回はユートと黒咲さんへの「自分の理想」語りに寄っていたように思いました。



>エンタメから受ける衝撃
質が違えどデュエルが「娯楽」だったS次元ではその違いゆえにウケにくかったのに対し、
考え方が大きく違う融合次元人の方が、かえって揺さぶられるのかもしれませんね。

>今後
エドにOFと、早くもX次元編はクライマックスなのでしょうかね?
姉妹がセルゲイみたいな台無しな末路を辿らなければよいのですが・・・

バーン効果を遊矢がわざと隠して進めてたため
姉妹はどうせ死なないから安心しきって物珍しい見世物を楽しんでたんで
そういう説得力も多少は上がってきたんじゃないかなーと思います。
バーン明かされてもウッソー(笑)とか言ってる緩みっぷりでしたけどね…
終わった後ちょっと我に返ったのか涙目でしたし。

なるほど、話術による騙しテクが向上したと見ることもできますね。
今後も油断を誘ってからの逆転ワンキルに特化するのでしょうかね。

レジスタンスの恨みについてはその象徴としてカイトがいるし今後の課題かと
まずはエンタメ未体験の融合次元の兵士に、そして復讐心から楽しむことを捨てたエクシーズのレジスタンスにという段階を踏む地に足の着いた、いい展開だと思います。

エンタメそのものについてはAカードなしではあるものの個人的には大満足でしたがどうでしたでしょうか。
騙し、油断させる、と聞こえが悪いかもですが遊矢のエンタメがサーカスや手品をモチーフにしていることを考えるとむしろそうあるべしって感じです。
ミッチー戦でもそうでしたが演出や話術でこの後何が起きるかワクワクさせる感じがすごくよかったです。仕事で疲れた心には刺激が強くて最後はグレースみたいに涙目になって見てましたがw

与えられた仕事だけに全力だった融合次元人が感化されるのはしょうがないと、実体験をもって納得できた回でした

>>ハネヒツジさん

今回のデュエル内容は、今後のプレイスタイル確立に関わってくるかもしれない
という点では興味深いかもしれません。

ですが、個人的に、この初タッグ戦には、
これまでの仲間イベントの不足分を補うと同時に、
後のカイト説得(仮)に繋がる何かを得ることを期待していたため、やや不満です。
黒咲さんが「仲間の力」と言ったAカードを上手く活用してみせるとか、
やはりアカデミアを笑顔にするかどうかの討論は徹底的にやってほしかったかなと。
もしも次回で黒咲さんが果ててしまったら、
「殲滅」が彼の遺志になってしまってマズイのではないかと思います。
予告の台詞では遊矢君の行動を認めつつも自分は曲げないようでしたし
(まだ散り際までに心変わりする可能性もありますが)。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
デュエル一覧・目次
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 過去テーマリンク一覧
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

レアリティ・コレクション(2月10日発売)予約受付中!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析