TOP > 漫画感想 > 漫画 遊戯王ARC-V 第12話 感想  
タグ : VJ 漫画 ARC-V 感想 

漫画 遊戯王ARC-V 第12話 感想

Vジャンプ 2016年9月号
スケール12 「高速の駆け引き!」

今回めっちゃバイク漫画みたいでした。

蓮さんの「輪廻シンクロ」が「世界ループ」の暗示というのは考えすぎでしょうか?
「海豚」→「白鯨」ときて、まだ続くようですが、鯨の先って何でしょう?
「リバイアサン」とか「バハムート(魚)」とかいっちゃう?

しかし、ユーゴの回想で遊矢君と別々に肉体が存在してましたが、
こちらは元は普通に四つ子とか?
というか、遊矢君も蓮さんの言ってた「シティ」にいたのかな?
他2人も気になります。

そのユートとユーリは今回観戦しに現れましたが、
遊矢君の「外」から「中」に来る場合は任意の場所へ来られるのか、など、
ちょいちょい設定が小出しにされてますね。興味深いです。

また、遊矢君の意識が反映されて道路が生えてきたシーンでは、
なんかソリッド・ヴィジョンを連想しました。
これ、「MAIAMI市も誰かの心の中」なのでは・・・?とか妄想してみたり。
というか、「自在に操れる」遊矢君が怪しい?
「遊矢君の中に遊矢君がいて、さらにその中にユートたちが」とかいう入れ子構造?

これはEVEさんたちがどこにいたのかますます気になってきました。
先が早く読みたいです!


【関連項目】
ユーゴの使用カード(漫画版)
蓮の使用カード
Vジャンプ 2016年9月号 届いたよー!

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

>輪廻シンクロ
で思いましたが色枠が微妙に『生と死』がチラつくのは気のせいでしょうか?
黒咲はこの世界で自分が生きてるかどうか分からない云々
素良はP口上に「生きても地獄死んでも地獄」
そして今月の蓮の輪廻シンクロと


シティといえばシンクロ次元を連想しますが、漫画でも4つの次元はあったのか…
ただユートユーリの場合、アニメだと過去作の舞台名が使われてるんですよね。
4つの世界があったかどうかはまだ分かりませんがそれは出さない気がします。

それと漫画でユートの幼少期姿も密かに期待できたり…?
ユートはアニメでその機会はもうほぼ逃してると思うので

榊、権現、紫雲と、
当初は「今作のモチーフは仏教・神道か?」と言われてましたね。
漫画版で蓮が登場して然もありなんって感じでしょうか。
黒咲さんはちょっとわかりませんが。
隼というとエジプト神話のホルスですが、あれは天空と太陽の神ですし。
>生と死
これが「黒咲ジャッカル」とかいう名前だったら冥界の神アヌビスでそれっぽい縛りに?
あるいは、「猛禽→鳥葬」で仏教縛りと解釈できなくも・・・?

>4つの世界があったかどうか
「いつも」応援してたとのことから、
遊矢君はユーゴの近くに住んでた可能性があるのですのね。
今回出てきた街だけかもしれませんね。
ユーリもその街のアカデミアに相当する学校に通っていたとかの設定にするのかも?

>ユートの幼少期姿
アニメで登場した例の私服でしょうかね?

偶然かもしれませんがEVEサイドは紫雲に蓮(はす)と極楽浄土に縁があるような…?
紫雲は徳の高い人が死んだ時、極楽浄土へ迎えに来る雲
蓮(はす)は泥水の中から美しい花を咲かせる姿が極楽浄土に最も相応しい花
とのことらしいです。EVEサイドの2人は極楽浄土コンビ?

漫画素良は徳が高いどころかゲスなのですごい名前負けしてますけど

>EVEサイドの2人は極楽浄土コンビ?
これは、やっぱり黒咲さんは仲間外れの可能性が・・・?
名前が「黒咲迦陵頻伽」だったら(ry

ついでに柚子sについても考えてみましたが、
柊、瑠璃(聖青)、鈴(第117話のタイトルよりリンちゃんのモチーフと確定)は、
神道・仏教だけでなく、キリスト教とも関連付けられるな、と
(セレナちゃんは「月」だとさすがに解釈の幅が広すぎなのでスルー)。

色枠なら赤馬もいるから仲間はずれじゃないですし(震え声)
黒咲に関しては”今”の世界に適合できず生きてる実感が湧かないのでしょうかね

ユートユーリ観戦はデュエル後に合流して蓮から出る情報に居合わせる為の前降りでしょうか
大体毎話情報出てますがデュエル後は特にでかい情報が出てる気がしますので

>色枠なら赤馬も
「零→インド人が発明→仏教」というこじつけ(とにかく黒咲さんをハブりたい鉄の意志)。

>蓮から出る情報に居合わせる
社長もここらで絡んできてほしいですね。

ライディングに関してはAカードは4枚以上になってるのでしょうか
取り切ったら先行走る理由やその為の駆け引きがなくなるので
上手いこと競争性に作用してる点ではまだアリかもしれませんが。
それでもホイホイと使ってほしいものではないでしょうけどAカードは

今回はユーゴで完遂できそうですが、実はそれでも結構お膳立てされてるような?
コースの利に蓮からのハンデと
蓮の格や白鯨の先、本気Dホイールを考えたらまだそれでいいのかもですが
一応ユートユーリとの戦歴の兼ね合いもあるかもしれませんし

>ライディングに関してはAカードは4枚以上に
デュエル1戦分のターン数はそこまで変わらないでしょうし4枚でもよかったかもですが、
走行距離(フィールドの広さ)に比例すると考えればアリでしょうかね。
ただ、使用カードまとめをやってる身としては、カードが増える方をより重視しています。
そういう意味では今回一番の不満は蓮がまた同じAカードを使った点ですかね。

>ユーゴで完遂できそう
デュエルを独占できる、唯一のマシン持ちのアドバンテージはやはり大きかったですね
(それでもいつかは遊矢君にチェンジ→モンスターに乗り換えをやってほしいですが)。
ライバルポジも現れて、出番が最後だったのに一気においしいことに。
とはいえ、他にDホイーラーが登場しない限り、相手は蓮固定?(話数的に濃厚?)

次回の「遊矢君の心の奥」のコースはどうなるか楽しみです。
また心象が反映されて背景が過去の街になったりしないか期待しています。
というか、
>コースの利
はありますが、記憶を探るという蓮の目的を考えると、そこに誘導するのはマズい気も・・・
(一本道でしたし、問題はそこに到達するまでに倒せなかったこと?)
おいしい出番を貰えた分、ユーゴが「戦犯」になって落とされる展開かも・・・?

リヴァイアサン、バハムートで思いましたが
リヴァイアサン、バハムート(陸のベヒモスの方)、そして空に住むジズを加えたら
なんか黒、白、紫の色枠3人にきれいに配れそうですね。

以前の感想もそうですが、他所でも色枠が陸海空になってるという意見を思い出したので

そういう統一感は欲しいですね。
アニメ版の方では、以前に「四神」対応と予想をしておりまして、
黒咲さん:《RR-ライズ・ファルコン》→火の鳥→朱雀
素良君:《デストーイ・シザー・タイガー》→白虎
から、「白なんとか」さんは亀を使うかと思っていました(アクーパーラとかアリかな?と)。

三頭一体はともかく、白鯨の次がリバイアサンは有力かもしれませんね。
話によると1年ごとに死んで生まれ変わるらしいので輪廻シンクロに通じてそうなのがまた

あとリバイアサンは今では竜や海蛇が一般的ですが、以前は巨大なワニや鯨だったとか
白闘気の海豚→鯨と規模的にも鯨類繋がり的にもリバイアサンはピッタリ?

「ホワイト」モンスターは、
眼が《海竜神》っぽく、体の節が《海竜-ダイダロス》っぽいなと感じています。
もしも「リバイアサン」だったら、元祖のリメイクっぽい見た目になりそうでしょうか。

また、OCGでは《海竜神》の色違いに《ヨルムンガルド》がありますが、
こちらも海の蛇でイメージ的にアリかと。
それが原型になったと言われるウロボロスにも「死と再生」のイメージがあり、
「輪廻シンクロ」の切り札になり得るかなと
(前述のアクーパーラと共に描かれるアナンタとも類似)。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 デュエル一覧・目次
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析