TOP > アニメ感想 > アニメ 遊戯王ARC-V 第123話 感想  
タグ : アニメ ARC-V 感想 

アニメ 遊戯王ARC-V 第123話 感想

第123話 「栄光の機械竜」

まずは今回の新カードから。

明日香
《機械天使の絶対儀式》
OCG版との違い:Wiki参照。
《サイバー・チュチュボン》
儀式召喚に使用したターン、自分の墓地の儀式魔法1枚を回収可。
《サイバー・エンジェル-那沙帝弥-》
OCG版との違い:Wiki参照。
《融合破壊》
手札から《融合》1枚を墓地へ送って発動可。
相手のデッキの「融合」「フュージョン」魔法・罠を3枚まで除外し、枚数×300バーン。
相手の「融合」「フュージョン」魔法・罠の発動を無効にして破壊し、300バーン可。

公式Twitterにて、さっそくOCG化の告知がありましたね。
レベル10以上が来るかと思ったら、5が2体でしたが。
20160918_01.png
あと、アニメ版の《機械天使の絶対儀式》は、
漫画版GXにも登場した「サイバー」参照効果でしたね。

ユーリ
《未完の古代の機械》(アンフィニッシュド・アンティーク・ギア)
手札から「アンティーク・ギア」1体を守備表示でSS(召喚条件無視・ステ半減)。
そのモンスターはこのターン戦闘破壊されない。

お、ユーリのメインデッキのOCG化済みカードが14種超えたから組めるじゃん!
(【捕食植物】が組めるとは言っていない。)
早く新規出してください。
20160918_02.png
《超融合》もついに使っちゃいましたね。
1年目では「使ってほしい」って言ってたなぁ(現在は察してください)。
まぁ、ZEXAL世界でも汎用カードにされてましたが。

事前感想(先のネタバレ有り)で覚悟完了したつもりでしたが、甘かったですね。
今回、いったい誰が幸せになれたんでしょう?

ストーリー面では、ユーリの過去が少し判明しましたね。
セレナちゃんと面識あったみたいですが、今後どう影響するか。
また、彼には他の遊矢sより特に強い何かが憑いてるっぽい?
20160918_03.png
前にコメント欄で予想したのですが、「闇さん」の力の本体的なのでしょうかね?
零王さんもビックリしてましたが、
20160918_04.png
アンタ実は結構色々知ってたんじゃなかったんかい!
ネタ明かし回(第126話)で実はそんなに話が進まない可能性が割と・・・?

次回は遊矢君(デッキが一部ユートの)vs瑠璃ちゃん戦ですね。
ユートはドラマ的にもカード的にもこれが最後のチャンスな気がします。
20160918_05.png
「幻影騎士団」新規頼むよ?

ところで、SPFEのシク枠の1つが《デストーイ・ハーケン・クラーケン》ってことは、
素良君vsユーリ戦は、やっぱ全省略でしょうかね?


【関連項目】
ユーリの使用カード(アニメ版)
明日香(ARC-V)の使用カード

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

零王さんは多分、なんか憑いてるのは遊矢だと思ってたんでしょうな
いや…彼にも間違いなく憑いてるから特に関係ない別物の何かか分裂したのか

ユーリならああいう態度取るのは分かりますが
販促のために動かされている感じがしました。

超融合という意外性があったとはいえ
構築済みデッキに負ける明日香・・・
柚子を助けた時は相手はともかくかっこよかったんですが。

零王は遊矢sの暴走までは知らないなんてことはないですよね。

次回はユートの見せ場があるでしょうか。

>零王さん
わかっていてユーリを利用しているのかと思ったのですけどね。
こっちも( ゚д゚)ポカーンってなりました。
どんな顔して「悪魔のデュエリスト」について語るのか気になります。



>>まぐかっぷさん

>零王
最近まで柚子コレ指示のみ&遊矢sノータッチで闇さんを知らないかと思いきや、
雑誌バレで「悪魔」を知っていることが判明(でもユーリにはビックリ)と、
どうなっているのか・・・

>構築済みデッキ
で勝つならともかく負ける側が味方で盛り上げるのはやはり無理ですね(それも終盤)。
ユーリのファンだってこんな勝利嬉しくないと思うのですが。
憑依してるブツは、はたして今回稼いだヘイトをチャラにできるほどのモノなのか・・・

超融合使っちゃったかぁ・・・
ユーリなんだから捕食融合とかいって超融合オマージュしたオリカでも使わせときゃいいのに
そうすりゃOCG的にも捕食植物新規が期待できるのに・・・

>捕食融合とか
使わせないのは、実は「新規諦めろ」というメッセージなのでしょうか?
漫画版に期待したいところですが、
そちらも次はもうドラゴン1体だけのデュエルになるのでしょうかね?

まさか超融合を使うとは予想の斜め上というか斜め下というか…。ゼアルでも出てきたけど実際に使ってはいなかったはずだし、GX劇中での誕生経緯考慮すると今回は超えてはいけない一線を越えてしまった感半端ないです。GXファン(特にクロノス先生ファン)の方はご愁傷さまとしか言いようがありません。
遊勝がユーゴスルーしときながらユーリに反応したのは中の人(声優)の差かな。親だから見た目だけで判断してるわけじゃないってことですかね。
ユーリのアレは何なんですかねマジで。確かなのはプロフェッサーにとって想定外の何かによってユーリがアンコントローラブルになりつつあること位ですか。本来ならあれの正体についていろんなところで議論が交わされてたはずだったんだろうけど(実はユーリに憑いてる方が本体で、それでスターヴだけ他の3竜といろいろ異なるイレギュラーな存在になったとか)、今までの本編がアレ過ぎてそれどころじゃないって空気になってるのが悲しくなってくる。

>>通りすがっ太さん

>超えてはいけない一線を越えてしまった
初期の感想を読み返していると、
私は「各次元のトップに過去作の上位召喚を使ってほしい」と書いてました。
ちゃんと愛のあるオマージュ作品なら受け入れられていたかもしれません。

>遊勝がユーゴスルーしときながらユーリに反応したのは中の人(声優)の差
なるほど、てっきり視聴者にツッ込まれたから言わせたのかと。
声も・・・が理由だったら、そっくりさんの説明を受けている場合でも自然かもですね。

>スターヴだけ他の3竜といろいろ異なるイレギュラーな存在
こちらも本筋がしっかりしていれば「伏線スゲー!」と言えたかもですね。
現状では「んで贔屓のユーゴはその分だけ闇が薄いってか?ケッ」となっちゃいます。

>ハブにされたヒドラ
せめてサーチ画面ででも映してほしかったです。

次のパックの枠を見るに次回に幻影の新規は魔法罠しか来ないと思います
ディメンションボックスなるものが来るらしいですがユートのカードが収録される可能性は低いでしょう

>ディメンションボックス
が遊矢sのカードじゃないのは確定したんでしたっけ?

「LL」の枠もこれ以上無さそうで、
次回は既存の素材で既存のXを出す、
スリーブ投票トップ(笑)なしょっぱいデュエルになるんです?

せめて漫画版ユートには、
投票の結果を受けての三好先生からの恩恵を期待したいです。

ディメンションボックスは不明な点が多いです
収録カードの判断材料としては
・遊矢を始めとした主要人物のカードが収録
・特典カードは4枚
・何故かデッキケースが4つ
これぐらいですね

ありがとうございます。
「次元」「4つ」で期待してしまいますが、たしかに確信はできませんね。
11月26日までにどれだけ話が進んでいるかもわかりませんし。

ストラクそのままじゃなくて猟犬が混ざってたのは融合破壊を抜ける
ためかと思ったら唐突な超融合・・・なんて勿体ない出し方を・・・
明日香も親父の現地妻みたいな扱いからの舐めプで始末されるし
GXの諸々を雑に使い捨てたいという怨念が伝わってきましたね

>>暇なレジスタンスさん

>ストラクそのまま
ならもう少し使用カードを水増しできたのですが。

>猟犬が混ざってたのは融合破壊を抜けるためかと
それをやっていたら、もう少し印象が良かったかもしれませんね。

>雑に使い捨て
エドとカイトがドクトルか柚子ちゃんにやられる可能性も出てきたでしょうかね?

まぁデュエル構成自体はわりと良かったと思います。過去作の扱いとしては擁護出来ませんが。明日香はもちろん、ユーリももっと出番を用意して強キャラ演出をしていれば…

考察の捗りそうな内容にも関わらずストーリーに触れられないあたり、一度失った信用は取り戻せそうにないですね。もう最後まで盛り上がれなさそうです。

ようやくユーリの掘り下げが来ましたが、
過去語りを聞くのがあの2人でよかったのか疑問です。
まだ素良君が生き残る可能性がありますが、
今回の情報ははたして活かされるのか・・・

>デュエル構成自体はわりと良かった
サーチ系とか使って回してましたね。
個人的に、《未完の古代の機械》のテキストが
アニメ版の「古代の機械」でなくOCGの「アンティーク・ギア」指定だったのが、
単に他のSR03のカードに合わせただけなのか、
OCG化確定なのか気になっています。

今回の話は不快過ぎます。

GXのキャラである明日香に「融合は悪、アカデミアは滅びなくてはいけない」と言わせたり、明日香達が生け贄となって完成した超融合を使って、恩師であるクロノス先生の切り札をだしトドメをさし、カードにするなどクロスオーバーとしてやってはいけないことをやり過ぎてまだいい足りないくらいです。

また露骨に5dsキャラやユーゴを優遇している(優遇しているつもりでしょうが脚本が拙く実際は優遇できてない)のに対しgxのエドや明日香、アカデミアや古代機械などの扱いが酷いのを見ると監督の私情がかなり入っていると邪推してしまいます。

>クロスオーバーとしてやってはいけないことをやり過ぎ
狙ってやってるのかってくらいにアレですね。

好きなキャラについても、
好きなら人間関係や信念などを丁寧に描写したくならないのか、
本当に不可解です。

今回のデュエル歯車射出機熱核×2のワンキルで終わりな期待外れだと思ってたのに予想に反して物凄く面白かったし
未完の古代の機械なんて良さげな新規も出すとか素晴らしい
超融合や究極巨人を使った事には賛否両論あるようだけど、個人的に使い方良く出来てた所好印象
デッキ未使用で良く分からない風を装った盤外戦術含めてユーリしたたかで強いんだなと思えるし
過去カードなをアニメ内できちんと活用する辺りがほんと良かった
敢えて古代の機械を使う理由も簡潔に作られてたし前回までのぐだぐだっぷりはなんだったのかと思える良回だと思うな

まあ、相手それそもそも明日香持ってくる必要はあったのかなってのはある
素良戦と捕食植物の新規の機会を面白くもない省略で済まされそうだし…

ストーリー面でデュエル構成の良さが霞んでいる感はありますね。
ただ、やはり遊戯王で両者を切り離して評価するのは難しいです。
また、明日香さんのカードはラストデュエル(作中2戦目)だと考えると不満です。

あと、ストーリー考察の方ですが、
>超融合
は、とりあえず今作の次元統合には関係無さそうですね。
零王の謎装置はこのカードを創るためだったとかで、
キーカードの設定があれば、私は許せたかもしれません。

ベクターの煽りは遊馬に勝つための戦術の一つとして受け入れることができたのですがユーリのはただの挑発と無意味な舐めプで終わっているのが残念です。
味方のキャラを舐めプで一蹴。というのは敵の強さの演出でよくあると思う(GXのエドvsカイザーみたいに)のでいいんですがそれを過去キャラでやるのは何かなぁと思いました(しかもこんな終盤)。キャラの数が多すぎてもてあましているんだからこういう枠は過去キャラではなくAVのキャラ、それこそ権現坂や沢渡でやればいいのに。

正直、ここまでくると、
作り手に悪意があるという意見が出るのもやむなしだと思います。
今作はただつまらないだけじゃないのですよね。不快なんです。
本当に誰か彼らを止めてほしいです。

ゼアルで映ったのは縮退回路の可能性がある

私には《縮退回路》よりは《超融合》に見えますね。
http://blog-imgs-93.fc2.com/p/e/p/peperoncino100/20160919_01.png

「手札の作画埋めは既存のOCGカード」というのは慣例にすぎませんし、
「別の(未登場)アニメオリカだ」と思われるのも自由だと思いますよ。

デュエル内容は面白かったですし、ユーリも狂った悪役キャラとしては良かったんですけどもっと早く描写してほしかったです。
シンクロ次元に出張してたときにやっていればロジェの恐れ具合にも説得力を出せた気がします。

また、今回のやられる役目はユーリと過去を対比するために元アカデミアである必要があったんでしょうけど、変に過去キャラ使わずにタイラー姉妹あたりにでもやらせておけばあたりさわり無かったんじゃないかなぁと思いました。

ここからは遊矢シリーズと柚子シリーズがようやく話の中心になりそうなのでそこは期待したいです。

>タイラー姉妹
は盲点でした。

>ユーリ
デニスとは結局そんなに仲良くなく、掘り下げに絡んでこないのでしょうかね?

>遊矢シリーズ
統合して一時的に悪側になるとの予想がありますが、
「中の人(悪魔)」の本体がユーリの中だったら、
主導権が遊矢君に無いとかで、可能性が高いでしょうか?
統合時に分離するなら、
S次元編以前は「自我の無い零羅君が憑代になるのでは?」と予想していました。
または、どっか(消去法で第5の次元?)に飛ばされた
>ロジェ
元長官とか?

今回の描写を見た感じだと、ユーリは人間に興味がなく、獲物として認識して初めて調べたり思いだしたりするようなキャラクターの様ですね。
セレナとは会っていても、任務の対象になるまで、覚える気にもならなかったという印象を受けました。
それ故に、記憶に残っているデニスや因縁が出来てるユーゴとの絡みの重要さが増すというものなのですが。

個人的には、世界観の異なるARC-Vで、超融合を出す事自体は構わないと思うんですよ。
ただそれなら、今回の自分で仕込んだというトリックを際立たせる効果も含めて、この世界ではユーリの使う強力カードぐらいの意味付けであっても、前もって使わせておくべきでした。
属性の問題で、やれる相手は、素良、月影、クロウ、セルゲイぐらいだったと思いますが、ならやっぱり月影やクロウが命張る相手は、ユーリであるべきだったと言う思いが、後から湧いてきます。

それから、散々露骨な販促と言われた今回ですが、ワイバーンがアニメオリジナル効果になっていて、本当に販促なのか怪しいんですよね。
リアクターが切り札な訳無いと言われた揚句に締めが超融合だった事も含めて、買って欲しくて作った展開には、とても見えないんですよ。
ARC-Vには予算が無いかもと言いましたが、モンスターデザインについても割とカツカツで、コナミに新規デザイン作りを肩代わりしてもらっているだけなのでは、という疑念が出てきます。
それから、遊矢シリーズと過去作出身以外は、殆どドラゴン型モンスターを使わない為、このポリシーに従うと、ワイバーンとリアクターの使い手が限られてしまうのも、この話作りに絡んでいそうです。
作り物のワイバーンとリアクターで代用する事で、相対するドラゴン2体が融合する危険性を予見させたくてやったエピソードに見えるんですよね(後は舞がラーを奪った時のオマージュ?)。
こう言った舞台裏のゴタゴタを感じさせなければ、ユーリ対ユーゴの結末が予想できるとか、考察が捗るだけだったんですが……

>>八荷飴さん

>ユーリ
幼少期から性格アレな原因が仮に中の何かだとして、
取り除かれた後にフォローする尺も材料も無さそうで、
最終的にどんな仕上がりになるのか気になるところです。
デニスの復活のタイミング次第でワンチャンあるでしょうか?
(彼も散り際に特にユーリに言及してませんでしたが。)

>超融合を出す事自体
に拒否反応のある人もいますが、
私がどの程度の「格」があれば許せたかという話ですと、
理想は上でも触れた「次元統合のキー」で、
最低ラインは「アカデミアトップクラスの切り札」ですかね。
今回はとにかく普通のカードみたいに見せたのが酷いと感じました。

>本当に販促なのか
「スポンサーからゴリ押しされた仕返し」だとか、
「それを隠れ蓑にGXへの嫌がらせをむしろノリノリでやっていた」とか、
そんな下衆の勘繰りは、まともなアニメでは考えられませんよね。
でももう止められないです。
おかげで、
>ワイバーンとリアクター
の発想は全くありませんでした。なるほど。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 デュエル一覧・目次
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

リンクヴレインズパック(11月25日発売)予約受付中!OCGテーマのリンクモンスターを多数収録!

漫画版ARC-V 第2巻(10月4日発売)予約受付中!付録は「白闘気双頭神龍」!

最強デュエリスト遊矢!! 最終第2巻(10月4日発売)予約受付中!付録は「超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン」!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析