TOP > アニメ感想 > アニメ 遊戯王ARC-V 第132話 感想  
タグ : アニメ ARC-V 感想 

アニメ 遊戯王ARC-V 第132話 感想

第132話 「稀代のエンターテイナー」

まずは今回の新カードから。

零児
《DDD識慧王トゥーム・コンキスタドール》
【P効果】自SPの「契約書」のダメージの代わりに回復可。
【モ効果】1ターンに1度、手札・自場から「契約書」1枚を墓地へ送り、
ターン終了時までATKを1000アップ可。
攻撃する場合、相手は魔法・罠を発動不可。
相手モンスターを戦闘破壊したら「契約書」1枚をサーチ可。

20161120_01.png
社長勝ったやん!
ごめーん!てっきりやられちゃったかと。
驚きという意味では、彼も今回はエンタメしてたんじゃない?
なおレイちゃんの目的の時間稼ぎは今も達成中。でも微妙に零王が失敗フラグ立てた?

ユーリ
《捕食植物セファロタスネイル》
戦闘破壊不可&自分への戦闘ダメージを半減可。
《夜爆花》(ダークシードプランター)
発動時に相手の場の全モンスターを闇属性にする。
闇属性から自場の闇属性への攻撃を無効にできる。

あら、SPFE以外の新規「捕食植物」が。未判明のMACR収録カードでしょうかね?

遊勝
《EMレビュー・ダンサー》
相手の場にのみモンスターがいる場合、手札からSS可。2体分のリリースにできる。
《EMスカイ・マジシャン》
自場で永続魔法が発動したらATK300アップ。
魔法・罠の発動時、自場の永続魔法1枚を戻して別のを手札から発動可。
《魔術師の右手》
自場に魔法使い族がいれば、
1ターンに1度、相手の魔法の発動を無効にして破壊可。
《魔術師の左手》
↑の罠版。
《スカイ・リング》
【追記】第133話にて、正式名称が《EMスカイ・リング》と判明。
場に「EM」魔法使い族がいれば、自場のカードが対象の破壊効果を無効化
《透視》(クリアボヤンス)
相手の伏せカード1枚が魔法か罠か当て、当たったらデッキに戻して自分が2ドロー。
外れたら再セットして相手が2ドロー。

ようやくのお披露目ですね、《EMスカイ・マジシャン》。
20161120_02.png

遊勝さんの観察と推理のスキルに、別のご職業が向いてそうとか思いましたが、
20161120_03.png
場のコントロールは結構面白かったのではないでしょうか?
ただ、コレをずっと出し惜しみしてたのかと思うと複雑です。
このレベルを遊矢君がコンスタントにできるようになっていればなぁ・・・と。
口上まで父子で一緒で、より遊矢君の下位互換感が・・・

それよか、これまさか戻した《超融合》《超越融合》に「格上げ」する展開じゃ・・・?
そんな「お楽しみ(炎上ィィィー!!)」はマジ勘弁な?(真顔)

ところで、本日SD31の新規カード《星刻の魔術師》が公開されましたが、
融合とSにも期待してよいのでしょうかね?


【関連項目】
遊勝の使用カード(アニメ版)
ユーリの使用カード(アニメ版)
赤馬の使用カード(アニメ版)
零羅の使用カード

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

とりあえず社長がブレなかったのは安心。

遊勝さんのデュエルは割と良かったかなと。
永続魔法を入れ替えたり面白かったです。

そして遊矢は完全に真似だったという・・・
ペンデュラムもズァーク関連で怪しいんですよね。

エンタメデュエルで相手を煽って不機嫌にするのは有りなんですね
足に関してはツッコんだら負けだと思えてきました

>>まぐかっぷさん

>遊勝さんのデュエル
欲を言えば、アクションデュエルを見せてほしかったですかね。
社長たちのいる部屋まで戻ってきた時には、
てっきり《クロス・オーバー》を発動してもらうのかと。

>ペンデュラムもズァーク関連
「それでもエンタメに使えてきた」という形(ズァークの説得?)
に持っていく感じでしょうか?
後はずぅーっと温存してきた「観客(OPのギャラリー?)を巻き込むエンタメ」で、
パパとちょっと差をつけて完成でしょうかね?



>足
最後に負けの言い訳に使うのかと考えていたのですが、
アクションデュエルじゃないのでどうなるでしょうね?

えー、今週のAV……

親父やるやん!!デュエルがここ何週かで一番面白かったです。
っていうか、遊勝さんのデュエル、ちゃんとエンタメしてた 。
あれを試合でやればそりゃ盛り上がるわ。

勝ち確になってからの「レディースエーンジェントルメーン」とは質が違うと思いました。
超融合の当てたのは見事。推理もなるほどと言わざるを得なかった。

ソリッドビジョンの演出頼りとは明確に違うものを
製作側もちゃんと考えていたことがわかり、少し安心できました。
残りの尺で遊矢君がどのようなエンタメを完成させるのか注目ですね。

「残念ながら(ユーゴが融合されるのを)防げなかった」ってお前何も防ごうと
しなかっただろうが親父ィ!
ユーゴと弟子達と赤馬兄弟の決闘を踏み台にしてまでやりたかったことがこれ?
結局ユーリにふっ飛ばされて特に何の戦果もなく元の部屋に戻ってきたから一体
何がしたかったんだと思えばこの長ったらしい推理フェイズのために親父が
超融合を事前に見とく必要があったからですか。もう笑うしかない。
ハゲが計画進行中なのにこんな悠長にエンタメってる場合なんですかね。
拘束剣が再利用できない描写はまだ入らないし足もあんな高い所から飛び降りられるなら
松葉杖無しでも大丈夫だろ。さっさとユーリ拘束して社長と一緒にハゲ倒しに行けよ。

>>暇なレジスタンスさん

>お前何も防ごうとしなかっただろうが
「残念ながら(エドとカイトでは)防げなかった」と言いたいのかもしれませんね(白目)。
ジャックなら防げたのかもですね。

遊勝は割とまじめにカードゲームやってて驚きました。挑発やブラフで相手を誘導して嵌める手際は(感情としてはむかつきますが)中々のものでしたし、何よりエンタメモードで一貫しているだけ遊矢より役者は上ですね。
そして遊矢は上っ面しか見てなかったことが露呈してしまいましたね。現状親父の完全下位互換でしかなく、ジャックに無理やり持ち上げさせたのは何だったのかと。

ユーリの謎ビームは完全に蛇足でした。あれで遊矢が磔にされてる柱を壊して拘束を解けば遊矢と戦えるわけで、遊勝と戦う意味が(尺稼ぎしか)ないんですよね。それとも『リアルファイトwww』とか言って欲しかったんですかね?そうゆうのもういいから本分たるデュエルで魅せろと。

>>通りすがっ太さん

(設定上の)最高のエンタメの例を見せるのがこんな終盤になって、
裏を返せば、遊矢君がそれを超えないようにずっと手抜き調整されて、
それでも途上のものを
>ジャックに無理やり持ち上げさせ
たりというあたりは、まぁモヤモヤはしますね。
差がわかりやすい分、たしかに
>上っ面しか見てなかった
ように見えますし。

>ユーリの謎ビーム
「アレで脚の怪我が回復した」という意見があるようですね。
「ズァークの力が本来は優しいもの」である伏線かも?(白目)

遊勝が切れ者である事を見せたい推理ショーの為に、何も出来ない役立たずになってしまっていた本末転倒感。
これに限らずこのARC-Vは使いたいアイデアが先行して全体を崩してるパターンが多いです。
最近気が付いたのは、覇王龍ズァークが黙示録の獣をイメージしているらしい事から、バトルビーストに対して、態々「あれはかつての自分」と呼んで説得にかかったのは、どうやら内なる獣であり前世の自分であるズァークと和解する展開にする前振りっぽい事です。
剣闘士が戦いを強要されたエンタメである事ともかけて、上手いアイデアだと思ったのでしょうが、それに1か月の期間と数々の犠牲をかける必要があったかは疑問です。
今回の零羅の件に関しては、逆に温めてた話を急遽変更したように見えるので、一概には言えなさそうですが…

トゥーム・コンキスタドールは、自説に当てはめるとハートのエースっぽいですね。
コンキスタドールは、アステカを滅亡させた者達であり、その出現は蛇神ケツァルコアトルの帰還として予言されていたので、アーマゲドンらと同じく予知されていた破滅と言う意味合いで付けられたのでしょう。
黙示録は勿論、ラグナロクも強大な竜や蛇が暴れる共通点があるので、ペンデュラムの力がズァークの力由来である事を示しているのかもしれません。

>>八荷飴さん

>使いたいアイデアが先行して
それが面白ければよいのですけどね。
代わりに視聴者に望まれていた(予想された)
遊矢君vs素良君・黒咲さん・デニス・ユーゴなどなどの王道イベントは悉く・・・

>ズァークと和解
元々エンタメ気質という設定がいかにもですね。
これがすんごい絶望的なラスボスを攻略する唯一の希望みたいに感じられず、
親切に難易度を下げてもらっているようにしか思えないのは、
ドクトルとかで許し笑顔にする実績を上げていないからでしょうかね。

>コンキスタドール
カードのモチーフとかの小ネタにはちょいちょい感心させられるのですけどね。
どうせならダ祭壇ガイは「D-HERO」にしないでS次元でこれに倒させとけば・・・と。

>黙示録の獣
また同じパックでネタ被りの《真竜皇V.F.D.》が・・・!?
これがOCG側の挑発なら正直応援したいです。
漫画版の《G・O・D》も被せてもいいのよ?

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 デュエル一覧・目次
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

「リンクリボー」付属の最強ジャンプ9月号(8月4日発売)予約受付中!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析
pixiv
ブックマーク DR100