TOP > アニメ感想 > アニメ 遊戯王ARC-V 第135話 感想  
タグ : アニメ ARC-V 感想 

アニメ 遊戯王ARC-V 第135話 感想

第135話 「揺れ動く次元」

作画と小野賢章さんの熱演はすごかったですね。
20161218_01.png

まずは今回の新カードから。

ユーリ
《捕食植物蘇生》(プレデタープランツ・リボーン)
自分の「捕食植物」1体を蘇生。
《嘲りの世界》(リディキュル・ワールド)
相手の全モンスターのATKをターン終了時まで100アップ。
ATKが元々の以上になったモンスターは攻撃不可。

アクションカード
《クラッシュ・アクション》
このターン、互いに手札に加えたAカードは破壊される。

遊矢
《決別》
OCG版との違い:Wiki参照。
《EMフラットラット》
モンスターがNS・SSされたら、そのレベルを自身と同じにできる。
場のモンスターのATKが変化したら、自身をリリースして1体のATKを戻せる。
《EMトラップ・ミミック》
【P効果】Pゾーンの自身を破壊して、相手の表側表示魔法・罠1枚を破壊可。
【モ効果】SSに成功したら相手の表側表示永続罠1枚を破壊し、
自身を同じ効果にして魔法&罠ゾーンに置ける(EPに???)。


黒咲さんが脚本の都合で寝たり起きたり忙しくて超うけるー(棒)。
20161218_02.png

ドラゴンのコントロール奪取に効果の応酬、
トドメは《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》と、
(キャラ間の絆の積み重ねさえあれば)そこそこ熱いデュエルだったのではないでしょうか。
大事な一戦を正気で勝利できて、とりあえず一安心。

と思いきやズァークさん君臨と。
20161218_03.png
「遊矢君を信じる想いが復活させた」ってどういうことなのでしょうかね?
(とりあえず私は悪くぬぇ!な。)
ペンダントが千切れた演出的に、ズァークとペンデュラムはやはり別件?
これから遊矢君の力を使って諸々のカードをP化させる展開なのでしょうか?
残念ビジュアル(「超熱血!デュエル塾」参照)ながらまだほぼ遊矢君ですが、
使用カードはズァークの方にまとめていいのかな?

次回作が発表されて心の余裕が生まれた・・・と言いたいところですが、
ここから結構な展開が続くようなのですよね。
お楽しみはこれからだ!(白目)


【関連項目】
遊矢の使用カード(アニメ版)
ユーリの使用カード(アニメ版)

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

とりあえず無事に勝利しましたね。
オッドアイズも確かに良かったかと。
ヂェミナイがイラストで出てくるとは。

>ペンダントが千切れた演出
そうだと思いたいですね。

ここから元に戻す戦いだと思いますが
勝てる相手はいるのかどうか。

来週は素良&エドの融合タッグ

隼&カイトのエクシーズタッグもあるみたいだし

シンクロは権現坂&ジャックですかね?

沢渡に出番はあるんですかね?
まさか一勝もせずに終わるとは(モブ以外)
零児とペンデュラムタッグ?
大穴でBBとタッグとか

>>まぐかっぷさん

正直負ける可能性も考えていたので、
ユーリとシンクロして「へ!?」ってなりました。
その分ブッ倒すカタルシスは足りなかったかもですが。



>>ナポリたんさん

>シンクロは権現坂&ジャック
と思わせてジャック&社長もあるかなと。
理由は「ライバルと組むなら勝っても問題ないよね?」という言い訳ができるから。
腰痛?知らんな!

展開的には復活は既定路線で仕方ないですけど、舐められてたオッドアイズでフィニッシュはかっこよかったし個人的には結構面白かったです

>舐められてたオッドアイズでフィニッシュ
要素は良かったですね。
やりたいこと見せたいことが今回は素直に伝わりました。



あと、レイちゃんと同時に復活するという4枚のカードに言及するの忘れてました。
あれだけ言うなら強力な効果と零王の活躍にも期待したいところですが・・・?

デュエル構成は中々良かったです。オッPとクリアウィングのエクシーズ来るかとも思いましたが、エースの効果を有効活用出来ているのはいいと思います。
ただここに来て社長に自分のデュエル云々言われるのはいかがなものかと。ただでさえ薄いシンクロ次元の存在意義が行方不明に…。勝つことだけに〜の激励が逆にズァーク復活の引き金になったり闇堕ち描写だけはやたらしっかりしてるので、余計に成長描写や信頼関係の薄さが気になってしょうがないです。

効果を無効にするスターライトフォースが破壊されたのにユーリはダベリオンの効果を二回使わなかった結果、遊矢に奪い返されて使われて負けるというのはデュエル構成に問題があるんじゃないかなと思いました。
最近素材だったり噛ませ役だったオッドアイズが締めるのは良かったですね。

>成長描写や信頼関係の薄さ
1回目の説得材料が未だにお父さんだったのは情けないと私も思いました。
2回目の「Pの創始者として~」は、私は納得いってませんが、
一応S次元での回答ではあって、珍しくフラグが継続していたのですよね。
・・・脚本が前の内容忘れてないというだけでどうこう思うのが既に非常にアレですが。



>デュエル構成に問題がある
今作に関しての「よかった」は、私の中ではもはや、
「今作にしては不快な要素が少なかった方なんでない?」的な感じですので、
今回は「よかった」でいいかなと。
「絆」捏造などには目をつぶって、
>オッドアイズが締める
などの良い点を探すように心がけようかと。
次回作ではファンブログに戻りたいですし。

今回のデュエルは決着と言うこともあって作画が良くて嬉しかったです
デュエル内容も本当に同じ声優とは思えないくらい小野賢章さんの演技が素晴らしかったです!。
次回はついにズァーク復活ですが、個人的に気になっているオッドアイズ&その他のモンスター達のP化の謎はちゃんと説明してくれるのか不安です・・・。

あと余談ですが、ぺぺろん男爵さんは第6作目の監督&シリーズ構成はどうなってほしいですか?。
(僕は、監督は今回のARC-V&5D'sと同じ小野勝巳監督が来ても全く別の人でも嬉しいです。でもシリーズ構成&脚本の上代務は、もう遊戯王シリーズに二度と来ないでほしいです)

>>アニメオタクさん

>第6作目の監督&シリーズ構成
知らない人でも実力がある人ならいいですかね。
最低限、王道が何故面白いか理解できる人で。

今回はよく動いていてよかったです

オッドアイズでフィニッシュなどかっこよかったと思います

ただこれまでのARC Vのデュエルの構成に問題があるのはzexalまでいた「デュエル構成」のスタッフさんがいないからではないしょうか?番組表を見てみてもzexalまでは「デュエル構成」がいたのにARC Vは存在していませんでしたし・・・

それにしてもよく遊矢くんは「うじうじしててここまでひどい主人公は歴代最低クラスだ」など不評ですが、これについては私は当たり前ですが遊矢くんには全く責任はないと思います

遊矢くんだけじゃなくARC Vに登場する全てのキャラクターと声優さんはみんな魅力的で個性的で「キャラクターと声優は何の罪もなく誰も悪くない」と声を大きくして言いたいです

悪いのは脚本家のせいなだけで何の罪のないキャラクターと声優さんまで悪く言われるのは大変心が痛みます

個人的にはzexalのような続編が作れる形で最終話にして、また10年後くらいに脚本家を変えて今の評価を覆してほしいです

実在のスタッフを名指ししての批判だと名誉毀損になりそうというのもあっての、
キャラクターをスケープゴートにしてる部分もあるのではないでしょうか?

>デュエル構成
最強ジャンプ連載の漫画も、「Dチーム・ゼアル」から「最強D遊矢!!」に変わる際に、
「協力」が消えて、デュエルが簡素化しているのですよね。
http://peperoncino100.blog.fc2.com/blog-entry-1868.html
何か起きているのでしょうかね?

勝手も負けてもズァーク復活って本当に徒労感凄いですね…
最善手がさっさとデュエル止めて逃げるって事ですし…
あと赤馬たちが応援したからズァークが勝つ事に執着したって展開も凄いですね…仲間の絆とは一体…
デュエル内容に関してはARCVベストなんじゃないでしょうか

せめてそのズァークの特性?が攻略の鍵になるとかの展開ならばあるいは・・・?
まさか世界中から「負けろ!」って望まれて弱体化するとかはナイでしょうが。

スマワ捨てた(なお2回目)だけで発狂する主人公(笑)には共感できなかった
百歩譲ってエンタメに使えなかった事が絶望の理由ならまだ許せたけど手札でおクスリにしてただけという
そもそも親父の象徴ってんならせめて直前の本人のデュエルでも使わせとけよ

>スマワ
心の拠り所にするには、これまでの持て余してる感がアレでしたね。
視聴者視点では、悲しい時、苦しい時、つれぇ時、
本当にいつもそこ(OP)にあったんですけどね(意味合いがだいぶ違う)。

遊矢s解放後(仮)の4竜とのコンボを温存(出し惜しみ)してるのでしょうかね?

今回のAV

ぶっちゃけますね。デュエルは普通に良かったです
決別をギリギリまで使わなかった理由(ギリギリまでコスト用のAカードを取りに走らなかった理由)が今一謎なのが気になるのですが、そこは多分突っ込んじゃ駄目なので突っ込まないでおきます

デュエルはユートが本当にクソの役にも立たないし、
零羅が今更次元統合されそうになってることを驚いてたりとか色々有りましたが
社長の啖呵は格好良かったですし、その後勝ちに行くまでの流れも良かったです

でもあそこで「勝利だけを考えてくれ」って行ってたのが逆に引き金になってるのは皮肉ですね
皮肉だけど良い演出だったと思います。ああでもなければユーリに勝てなかった事も含め

でも社長の啖呵遅いんだよなぁ……。その台詞はもっと早く言ってやるべきだった。4、50話くらい前にさ


しかしデュエルは良かったと思うしデュエルに関しても、プロットが良かったというよりは、作劇が良く出来ていたのだと思う

でも「よく出来たデュエル」ってのは、8割くらいは
「プロットが秀逸なデュエル」ではなく「演出が盛り上がるデュエル」だと思うので
ならばやはり今回のは「よく出来たデュエル」だったのではないかと思います

勿論プロットが秀逸で面白いデュエルも多々有りますが、それ以上にデュエルの面白さを決定付けるのは、その「魅せ方」だと思います

脚本については遊矢がほんま可哀想すぎて何も言えねーや
親父が居れば何とか踏みとどまれたかなぁと思えるだけに余計辛い

いや、でもそもそも子供ほっぽらかしてた親父が大罪だよなぁ
でもその親父が遊矢の最後のストッパーとかいう詰んでる状況
遊矢に恨みでもあるのかと

>「演出が盛り上がるデュエル」だと
なるほど、私もその感覚が近いかもです。
カード効果にメッセージ性があるのも好きですかね。
あとはDVDで《嘲りの世界》のテキストを「以上」から「より高い」に修正してくれれば・・・と。

しかし、次回予告でペンダントをかざす素良君の説得はどの程度効果があるのか・・・
まさかアレを届けたおかげでズァークのカードがP化しました!なんていう、
さらに友情を嘲笑う展開では・・・?とかなり不安です。

社長の唐突なペンデュラム推しには『はあ?』ってなりました。未だ出所不明の謎の召喚法扱いで、設定上さほど重要でないように描写しといて今更かと言わざるを得ません。
そもそも推すべき要素の取捨選択から間違っていたように思います。本来P召喚販促しなければならないところをそれを無視してスマワやOCGと無関係のAカード話の中軸に据えてまで推しといて、視聴者に叩かれたのを受けてのわかってますよアピールにしか映らないんですよね。

レイが戻ってこないことに動揺するプロフェッサーは真田丸の大蔵卿局や鉄血のイオクと重なって見えました。善意が根底にありつつも事態を悪化させる当りが。
ただあの二人は作り手の意図した役割(話を転がす舞台装置兼視聴者のヘイトを引き受けるサンドバッグ)をきっちりこなし、視聴者から作り手の意図する反応を引き出すことがちゃんとできてるんですよね。対するプロフェッサーは視聴者と作り手の感性のズレを象徴する存在になり果ててるあたり、ほんとどうしてこうなったとしか。

>>通りすがっ太さん

>未だ出所不明の謎の召喚法
ですが、作中で遊矢君の特異性をズァークと結びつける人がいないことに違和感が。
「実は邪悪な力では?」という発想にならないのが不思議です。
これもう脚本側が暗に答えを提示しているのか・・・?
とかいって次回普通にズァークが「俺の力だ!」とか言いそうな気も。

>レイ
よくわからん娘の今回のキメポーズ(父親のイメージ)に、やや困惑気味です。
>鉄血のイオク
様に振り回されるジュリエッタちゃんのような萌え方面への緩衝材にもなり得ません。

余談ですが、
>大蔵卿局
は某ゲヒ殿の漫画のビジュアルがなんか好きです。

空間が隔離された後倒れてる遊矢に普通に駆け寄ってますけど
前回の腰痛の件ってどうなったんですかねえ社長?(呆れ)
乱入しようとしてユーリにふっ飛ばされただけで後は応援するだけの
置物と化すどころか地雷踏むとか社長の株がストップ安なんですが。
というか1度乱入拒否されただけでディスク割られた訳でもないのに
見学に徹するってこいつら本当に仲間なの?どの道勝っても負けても
融合するんなら別にこの場に見学組要らなかったですしオベフォの
足止めとかハゲのいる部屋の扉のロック解除とか何か適当にやらせて
今手が離せないから乱入できないとかで良かったですよね。

あと「捨ててしまったぁぁぁ!」のシーンで見学してる4人の表情が
「何言ってんだこいつ・・・」みたいにしか見えなかったんですが、
多分私も同じ表情してたと思います。形見だとしてもただでさえ親父退場の
流れがアホすぎて全然感情移入できないのに物理的に破損した訳でもなく
単に墓地に行っただけで発狂って。そこまで依存してるならデッキに
入れずにペンデュラムと一緒に首から下げとけって話だし、その程度で
ここまでメンタルやられても正直反応に困るぞ。

結局親父戦でユーリが使った捕縛蔦城も超融合もグリーディーも
出ないまま終わりましたし、何故かスターヴ攻撃前にダベリオンで
オッPにディスチャージしなかったりと決闘構成も4竜揃えるの優先で
微妙でしたね。今後ユーリの決闘無いでしょうし、グリーディーはもう
終わりですね。スターヴが強すぎるにせよ扱いが悲惨すぎる・・・。

>>暇なレジスタンスさん

>見学
と応援は「絆」ポイントの稼ぎ時ですからね。
特に今回は次回以降の展開を考えると最後の(なお不在者が複数いる模様)。
>何か適当にやらせて今手が離せないから
も、それはそれでマズいかと。
>1度乱入
しようとしたことと、その後の「信じて」見守ること(だけ)で、
そのへんを描き切ったつもりなんじゃないですか?

脚本の都合でベストを尽くしてない感アリアリなのは、それこそ今さらですかね?

ぶっちゃけ今作は《スマイル・ワールド》なんかよりももっと大事なものを既に・・・
http://blog-imgs-100.fc2.com/p/e/p/peperoncino100/20161220_01.png

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 デュエル一覧・目次
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析
pixiv
ブックマーク DR100