TOP > 使用カード収録先一覧 > 【使用カード収録先一覧】 藤木遊作/Playmaker  
タグ : OCG アニメ VRAINS 

【使用カード収録先一覧】 藤木遊作/Playmaker

20180503_01.png

CODE OF THE DUELIST(コード・オブ・ザ・デュエリスト)
CIRCUIT BREAK(サーキット・ブレイク)
EXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)
FLAMES OF DESTRUCTION(フレイムズ・オブ・デストラクション)
CYBERNETIC HORIZON(サイバネティック・ホライゾン)
SOUL FUSION(ソウル・フュージョン)

LINK VRAINS BOX

STARTER DECK(2017)
STARTER DECK(2018)

サイバース・リンク
パワーコード・リンク
マスター・リンク

Vジャンプ(2017年5月号)
Vジャンプ(2017年7月号)
Vジャンプ(2017年12月号)

最強ジャンプ(2017年9月号)

週刊少年ジャンプ(2017年21・22合併号)

ジャンプビクトリーカーニバル2017



【関連項目】
遊作の使用カード(アニメ版)
【遊戯王OCG】 VRAINSテーマのプロモカード一覧
【遊戯王OCG】 アニメ未登場のOCGオリジナルVRAINSテーマカード一覧
  

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

一部カードショップでは遊戯王買取停止とか、今までにないレベルで負の影響でかすぎですね。コナミ自ら止め刺しに来たとの声も。何たるファンサービス(遊戯王的な意味での)か。
つかコズミックブレイザー実質死産なんですが…。何らかの救済策出してくれることを切に願います(効果でレベル○のチューナー扱いにできるシンクロリンクモンスターとか、墓地のSチューナー含むSモンスターを除外又エクストラデッキに戻してS召喚するカードとか)。

ネット界隈でも負の反応が多く見受けられますね。『シンクロ終了のお知らせ』『実質スタン落ち』『他召喚法に迷惑かけないだけPのがましだった』『狙いは理解できるけど、違う、そうじゃない』etc…。
特にOCGを仮面ライダーの変身ベルトみたいな『なり切り用アイテム』ととらえていた原作・アニメファン層には致命的ですね。どうあがいてもリンクモンスターという『異物』が混ざるのが避けられない。

リンクと銘打っておきながらこれまでの積み重ねとのリンクを断ちに来るとか、マジで考え直してくれ…。ライトパルサー発売前エラッタみたいな前例もあるんだし。

>>通りすがっ太さん

来々期にはリンクモンスターなしの従来のデッキの救済もしてくれるとよいのですが。
第10期のCP・DPで過去作カードをOCG化しても微妙にならないか気になるところ。
個人的には第9期中にTFSP2を出してほしかったです。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
デュエル一覧・目次
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 AカードのOCG化状況
過去テーマリンク一覧
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

「魔界の警邏課デスポリス」付属のVジャンプ8月号(6月21日発売)予約受付中!

SRアンデットワールド(9月22日発売)予約受付中!

エクストラパック2018(9月8日発売)予約受付中!

20thアニバーサリーセット(8月18日発売)予約受付中!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析