TOP > アニメ感想 > アニメ 遊戯王ARC-V 第139話 感想  
タグ : アニメ ARC-V 感想 

アニメ 遊戯王ARC-V 第139話 感想

第139話 「闇に染まる眼」

今回の話は、オトメディアの対談で語られた遊矢君の気持ちを踏まえて観ると、
さらに違った味わいがありましたね。
20170122_01.png
デュエルは途中までいい感じかと思ったけど、敗退はやっぱり雑で泣いた。

そして、零王はそれ以上に雑で笑ったw(正直悔しい・・・ッ!)
20170122_02.png
んで、その後やっぱり涙出た。

以下、今回の新カード。

クロウ
《黒羽幻風》(ブラックフェザー・イリュージョン)
破壊された自分の「BF」S1体をSS可(効果無効化)。
自分の「BF」の攻撃時に墓地から除外して、ダメージステップ終了時まで、
相手の場の魔法カード無効化&相手の魔法の発動を封じられる。
《黒羽限界突破》(ブラックフェザー・リバース)
戦闘・効果ダメージを0にして、
その数値と同じATKの「BF」S1体をエクストラデッキからSS可。

漫画産の《BF-白夜のグラディウス》も使いましたね。

沢渡
《魔界台本「魔界の宴咜女」》
自場の「魔界劇団」1体をリリースし、自分の墓地の「魔界台本」1枚をセット可。

《魔界台本「魔王の降臨」》を使ったので、OCGオリカ一覧から削除しました。

ズァーク
《覇王眷竜オッドアイズ》
【P効果】自場の「覇王」1体をリリースし、自身をエクストラに表側で加えられる。
【モ効果】自場に《覇王龍ズァーク》がいて、相手の場にPがP召喚されたら、
自場の「覇王眷竜」2体をリリースして手札・デッキ・エクストラデッキからSS可。
相手はこのカード以外のPを攻撃対象にできない。
場のPカードは1ターンに1度だけ、戦闘・効果破壊されない。
自分のPが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
自身をエクストラデッキに表側で加えて発動可(相手ターンも)。
「覇王眷竜」P2体をエクストラデッキからSS&相手の全モンスターのATKを0に。
《覇王乱舞》
相手BPに1度、1体に攻撃を強制(自場にモンスター必須・既に戦闘していても可)。
1ターンに1度、「覇王」を戦闘破壊・効果破壊から守れる。
相手BPに墓地へ送り、相手モンスターに攻撃を強制できる(対象は自分が選択)。
《覇王無礼》
自場に「覇王」がいる場合に発動可。
相手の手札を確認し、他の自場の「覇王」の枚数ハンデス&×300バーン。

20170122_03.png

零王
《精霊決壊》(スピリット・コラップス)
1000LPを払い、エクストラの(融合?「精霊」?)モンスター1体を墓地へ送れる。

「花鳥風月」カードは特定の種類のモンスターを3体墓地に溜めるのが条件っぽいですね。
じゃあ、1人でやったレイちゃんはかなりスゴイですね。
せっかくなら発動してほしいので、零羅君の動きに注目です。
そして、やっぱり日美香さんの「策略」はなかったことになったっぽい?

さて、このデュエルでは、敗退者の分のカードも墓地に溜まっていたようですね。
一応、零児社長がそれっぽく「絆」を紡いで勝利する土台はできた・・・かな?
ただ、予告によると、「Pの真の創始者はズァークだった」とか、
コレ、遊矢君が救われるルートが見えないんですが・・・?

まぁ、大丈夫でしょうかね?責任とか何もかもふわふわにして放り投げちゃえば☆
20170122_04.png

あと、そういえば、飯笑顔論争もいつの間にか解決してたんですね。
解決というか、クロウが納得しただけで、遊矢君も同じ見解かはわかりませんけど。


しかし、20AP新規のZEXAL枠の最後の1枚は《ドン・サウザンドの契約》でしたか。
ヌメヌメェ・・・


【関連項目】
ズァークの使用カード
沢渡の使用カード(アニメ版)
クロウ(ARC-V)の使用カード
零王の使用カード(アニメ版)
零児の使用カード(アニメ版)

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

覇王龍ズァークが原初のペンデュラムモンスター
ようやくペンデュラムが生まれた理由が判明

零王、ラスボスどころか噛ませも噛ませ
何しに来たんだ

東雲のコチと白夜のグラディウスで驟雨のライキリ
5D'sと漫画版とARC-VのBFが夢のコラボ

霊王の瞬殺はさすが遊戯王アークファイブですね(褒めてない)

>>ナポリたんさん

>BFが夢のコラボ
混ぜることができて羨ましい限りですね。



>瞬殺
ボスも経営者も科学者もやめて芸人になればいいのにと思いました。

あれは本当にレイなのかな?

ベクターのせいで素直に信じられない

>>ナポリたんさん

ここから真の黒幕を出すとすれば、「ズァークを唆した精霊」とかですか?
レイちゃんが偽物だと、また色んな部分が茶番になりますがはたして・・・?

毎度の事ですけどこのアニメは尺の使い方がちょっとおかしい
今回の沢渡クロウは今までと比べたらちゃんとした説得になってるんですからもっと余韻持たせて欲しいです
どっかのハゲの瞬殺のせいでお笑いエピソードになってます
1ヶ月も使って驚異の引き伸ばしをしてる割に話進めるタイミングになると妙にはしっこくなるのが気になります…

昨日来た次回のあらすじバレで既に零王がやられててどういうことかと思ったら、
今回のスピーディーすぎる処理にはびっくりしました。
こんなん予想外・・・というか想像もしたくなかったです。

単品で見るぶんにはだいぶまともな回だったと思います。ズァークさんが急に揺らぎはじめた感じはしますが。
一応、乱入に意味があったみたいなのでそれは良かったです。このぶんなら破壊された4枚のカードを誰かが再利用して遊矢分離かな?
本編に関係ない感想ですが、カードゲームアニメで守備的な戦法が非難されるのはしょうがないんですかね。Rでも城之内くんが言っていた気がしますしチームユニコーンとかもそうですし。できれば守備的な戦法が非難される理由付をしてほしいです。

ドン千の契約とはなんとも微妙なところですね。一応、ラスボスのカードなのかな?
やっぱりヌメヌメがほしかったなぁ。それかデスキマイラさん。

>4枚のカードを誰かが再利用して
「コストが3体除外」でなく、発動条件(参照のみ)を満たしたままのようですからね。
・・・《覇王龍ズァーク》の耐性的に、この場合はそっちでもよかったかもですが。

>守備的な戦法が非難される
なんやかんやで当人に引け目があって、やめた結果よかった場合もありますが、
まぁ、私は言う側と言われる側への好感度で印象が変わりますね。
ズァークなら好きなだけ煽ればいいと思います。

>ヌメヌメ
単品だと《絶望神アンチホープ》ルートの可能性もあったので、
他のサポートとまとめてCP入りへの希望がつながったと思いたいところです。

さすがにレオが速攻で負けたのは息子が勝利するための布石をたてていたことをカモフラージュするための演出だと信じたいです ...そう断言できないのがAVクオリティなんですがね

是非ともそれで手のひらを返したいですね。

これでまたニコ生アンケのワースト記録更新狙えそうですね。(笑顔)
なんかズァークの覇王カード群の耐性シナジーで守る戦術が理不尽に
非難されてましたが誰かさんと違って都合よく奇跡回避使えませんしねえ。
今週もまた覇王クリアの効果⑤が使われないままワロウ1人に始末されましたが
効果忘れてるんですかね。単にジャッワとワロウに倒させたいだけ?

>>暇なレジスタンスさん

>耐性シナジーで守る戦術が理不尽に非難されて
「勇気をもって一歩踏み出せ!!」とかやりたいんじゃないですか?(適当)

墓地累積ルールはコレ、先に「花鳥風月」の発動条件を明かしておいて、
「墓地が溜まるほどランサーズ側にも利点があるからあえて乱入・続行した」
とかやれたかもしれませんね。

ガード固めるズァークの戦法はBBに通じるものがあったので、一歩踏み出そうというメッセージをここで際立たせるためにBB戦を丁寧に尺を使ったんでしょうね(皮肉)

代わりにS次元で心に刻んだ(設定の)
「Pの創始者として~」ってアイデンティティーが崩壊の危機ですね。
もうどうやって助けてあげるのでしょうかね?(キャスト欄のパパから目をそらしながら)

墓地累積ルールは権ちゃんがデメリットに引っかかってなかったし
多分墓地が個別で倒された連中もそのままカウントされてるんでしょうね。
仮に男爵さんの路線で共有なら最初に権ちゃんを出せば良かった話ですし。

なんか零児がズァークが生まれたのは社会のせいにしてましたが、
次元分裂する前の社会に罪があるんであって今の分裂後の社会とは
関係ありませんよね。仮にS次元の住民にその罪の成分が濃く出てたとしても
誰かさんが1年かけて洗脳してもうカウンセリング済みの筈ですが。
それも全否定してズァークのことを知らない今の人々にも責任を負わせるの?

>>暇なレジスタンスさん

>多分墓地が個別
そうですね。あと、沢渡へのディスク貸し出し的に仮想墓地でしょうか?
仮に「花鳥風月」をサルベージする展開なら、
「相手の墓地から」「複数」な強力カードが誕生するのでしょうかね?

>社会のせい
レイちゃん待ちの「裏の事情」とかあるのかと思ったら、
今回ズァーク本人から零王視点と同じ内容が語られてしまって・・・
もしかして、本当に「頭が残念な子が愚民に乗せられた」ってだけだった・・・?
本来の顔も出しちゃいましたし、第二形態はなさ気?

門の対策したり結構よかったんですが
途中落ちるの耐えて「お?」とか思ったら
そのまま普通にやられるという。

そして何しに出てきた赤馬零王・・・
積み込みしてあっさり破壊されるとは。

後、仕方ないとはいえスタンダード組の置いてけぼり感。
レジスタンスも何笑顔で手振ってるのかと。

次回ようやく遊矢出るっぽいですが
ペンデュラム次第では今後に大きな影響が出ますね。

>>まぐかっぷさん

>積み込みしてあっさり破壊
1、2枚はサーチして加えるとかもなしに、本当に速攻で処理って感じでしたね。
また、墓地肥やしも1枚だけでしたし、1人だけだったらどうなっていたのか・・・

>レジスタンスも何笑顔で手振って
アレ、すっごいシュールでしたね。
序盤の頃は、彼らにももっと出番があるものかと。
X次元編では最後にゾロゾロ出てきた程度で終わって・・・
服装が個別でデザイン割と凝ってるのにもったいない。

>次回
監督の発言で決着は確定してますが、
そうなると、墓地は一旦リセットですよね?
「社長勝利→遊矢君分離」にせよ、「遊矢君分離→中断」にせよ、
遊矢君がランサーズの墓地を利用することはできない
(次回中に引き継いで勝つ尺は無いでしょうし)、
つまりはここまでの乱入が活かされるかどうかは社長にかかっている・・・と。
責任重大ですね。

デニスの権現坂戦での発言は伏線だったんですね(棒)。
結果として遊矢は『自分の言葉』など何一つ持たない、依って立つもの全てが借り物という創作全体で見てもトップクラスの情けない主人公に堕したわけですが。『実は人外だった主人公』という点では前作の遊馬と共通してますが、借り物の言葉をきちんと消化して自分の血肉にできていた遊馬とどこで差がついたのか。

クロウ、新規は思いの外少なかったですね。漫画出身カードも出てましたが、本来の意味でのファンサービスを久しぶりに見た気がします。褒められるのはそのくらいでしたが。

ズァークの在り方ってどこかで見たような気がしてましたが、あれだ、フル・フロンタルだ。周囲に望まれるがままに在る空の器に社会が『中身』を注ぎ込み、悪魔として結実させたという意味では「社会がズァークを生んだ」というのはあながち間違いじゃないのかも。
そう考えると結構腑に落ちることも出てきます。観客の期待に応える→世界を破壊しつくすという飛躍ぶりもモンスターの思念が入り込み混じり合った結果と取れるし、エンタメに反応したのも遊矢からのフィードバックを受けた結果なら納得できます。

>>通りすがっ太さん

>ペンデュラムがマジで悪の召喚法だった
以前に書いた(http://peperoncino100.blog.fc2.com/blog-entry-1313.html)
遊矢君が主人公力をギリギリ保てそうな展開の予想もハズれ、
もう哀れすぎて何と言えばよいのか・・・
とりあえず、P召喚創造のネタ明かしは要チェックですね。
第126話の《アストログラフ・マジシャン》のテキストがミスでなかったなら、
1回目の《覇王龍ズァーク》統合召喚の直前に・・・?
それとも、テキストは予想通りミスで、第1話の書き換え時に、
ズァークが《覇王龍ズァーク》→《オッドアイズ・ドラゴン》の順番でP化したという意味?

>空の器
ここから生い立ち判明で同情できる点が出てくるか注目ですね。
「頭が空」なだけの残念な青年で終わらずに。
精霊関係の掘り下げを待っているのですけどね。実際に話すシーンとか。

そして、
>フル・フロンタル
みたいに最期に付き合ってくれる人は現れるのか・・・
中の人がデニスの人なのと、
ちょっと前まで考えていた「ユーリにズァークの魂を押し付けて滅却」展開とで、
妄想しかけましたが、あの2人に友情とかなかった!みたいですしね。
「遊矢s&柚子s分離END」ならレイちゃんの肉体も無いですが、
彼女と感動的に消える展開も現時点の情報だけでは・・・

>クロウ
「A BF」の命名法則は、5D'sアニメ・漫画のつなぎっぽく、個人的に気遣いが感じられます。
メインデッキの素材も漢字表記な「サイファー」は嫌です。心が壊れて人間じゃなくなりそう・・・

ズァークって決闘者というよりモンスターなんだな、ということです。
決闘者がダメージを負うのがアニメでは通例となっているとはいえ、真っ先に痛い目にあうのはモンスターですからね。『死にたくない』『痛いのは嫌だ』というモンスターの思念を反映した結果があの耐性やガチガチの布陣を敷く戦い方というなら納得できます。

141話のネタバレ見ましたが、流石に嘘だろと思いました。超展開って言葉は雑な話運びに対する免罪符じゃねえぞ、と。
ただ希望もあります。『零児が心に秘めた真の目的』という文言から零児がズァークを倒すのはあくまで暫定措置で、脅威は完全に取り除けていないことを示唆していると取れます。

あとマスタールール4の変更点の情報も出回ってますが、あれがマジならなんかズレてね?って思います。
個人的にはエクストラ内の表側表示カードと裏側表示カードの合計数に上限を設ける(例えば計20枚以下)というのが戦い方に多様性を持たせるという観点から見るといいのかな、と思います。

>>通りすがっ太さん

>141話のネタバレ
「エピローグは次元統合後のMCS・FSCのやり直し(遊矢君vs黒咲さん・ユーゴ戦など)」
と予想していたこともありました。
あらすじを読んだ感じでは、またスタンダードなどに分裂していて、
>『零児が心に秘めた真の目的』
が、おっしゃるとおりズァーク・次元関連(ノータッチな柚子sも?)に絡んでいる感じ?
「社会が悪かったんだ」→第140話で倒されて終わり、ではなく、
唐突に出した「モンスターの想い」云々も含めて、
納得のいく結末と遊矢君の見せ場があるのか注目ですね。

>マスタールール4
アニメの観点では、
直接面白さに繋がりそうな要素はありませんね(LP合わせるのはさらに無理そう)。
しかし、今だから言いますが、Pって、特定の主人公のキーアイテムの名前をつけるのは、
専用っぽいイメージがモヤモヤします(彼への好感度とは無関係だと思いたい)。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 デュエル一覧・目次
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

「覇王白竜」付属のマスターガイド5(4月28日発売)予約受付中!

ストラクチャーデッキ サイバース・リンク(6月17日発売)予約受付中!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析
pixiv
ブックマーク DR100