TOP > アニメ感想 > アニメ 遊戯王ARC-V 第140話 感想  
タグ : アニメ ARC-V 感想 

アニメ 遊戯王ARC-V 第140話 感想

第140話 「魂のペンデュラム」

まずは今回の新カードから。

零児
《DD魔導賢者シュレディンガー》
【P効果】自モンスターの戦闘での自分へのダメージを0にし、SS可。
【モ効果】1ターンに1度、自モンスターの戦闘での自分へのダメージを0にできる。
《DD魔導賢者ディラック》
【P効果】BPにバーン効果が発動したら、ダメージを0にしてSS可。
【モ効果】このカードがSSに成功したターンの効果ダメージは0になる。
《DDヴァイス・テュポーン》
墓地へ送られたターンの自MPに自身を含む素材を除外して「DDD」を融合可。
《DDD怒濤大王エグゼクティブ・シーザー》
SS効果の発動を無効にし、
そのATK分、ターン終了時まで自身のATKをアップ可(ORU消費1)。
↑をした場合、ORUを1消費して、自場の「DD」1体のATKを同値アップ可。
場から墓地へ送られたら「契約書」1枚をデッキからサーチ可。
《DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー》
1ターンに1度、他の「DD」が自場にNS・SSされたら、
自分のレベル4以下の「DD」1体を蘇生可。
場に他の「DD」が2体以上いれば、ATKが倍になる。
《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》
1ターンに1度、他の「DD」が自場にSSされたら、自分の「DD」1体を蘇生可。
1ターンに1度、自場の他の「DD」の数まで、
相手の表側魔法・罠を無効にできる(次の自SPまで)。

「シュレディンガー」来ましたね。
「エグゼクティブ」な「大王」は、見た目は好きです。
20170129_02.png
もうこれらのP化体は来ないかな?

零羅
《流転する生命力》
手札を全て(4枚以上)墓地へ送り、墓地の魔法4枚を自魔法&罠ゾーンにセット可。

変に予想を外さずに「花鳥風月」を使ってくれて一安心。
「通常モンスター化」はなるほどね、と。
しかし、帽子をとった件は、割と今さら感というかタイミングを逃してる気も。
20170129_03.png

ズァーク
《覇王の逆鱗》
自場に《覇王龍ズァーク》がいて2000以上の戦闘ダメージを受けたら、EPに発動可。
他の自モンスターを全て破壊し、
4竜を召喚条件を無視してエクストラ・墓地からSS(ターン終了時まで効果無効)。
墓地の《覇王眷竜ダークヴルム》2体を《覇王眷竜ダークリベリオン》のORUに。
《覇王眷竜スターヴヴェノム》
墓地のモンスター1体の効果をEPまで得られる。
自場のモンスターの戦闘時に貫通効果を付与可。
《スマイル・ユニバース》
このターン、お互いに他にNS・SSできず、攻撃も不可。
Pを自エクストラから可能な限りSS(通常モンスター扱い&効果無効)。
その後、ATKの合計分、相手のLPを回復。

「覇王眷竜」も4種揃って一安心。

20170129_04.png
《スマイル・ユニバース》の創造演出など、最終決戦感が感じられた部分もあった一方、
結局レイちゃんが持っていって、遊矢君のヒロイックな活躍は薄めでしたね。

とはいえ、既に各所で色々言われていますが、
次回以降の展開には何かありそうなのですよね。「平穏さを取り戻した」とはいったい・・・?
まだ未練がありそうなズァークに、今回影が薄かった他のユユユ、
自己犠牲の結果が気になるレイちゃん零羅君(予告の赤ちゃん?)に柚子ちゃんなどなど、
コレ、まだ締めのエピローグの段階じゃなさそうですかね?
まだ割とある残りの数話で遊矢君の活躍に期待したいところです。


【関連項目】
ズァークの使用カード
赤馬の使用カード(アニメ版)
零羅の使用カード

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

酷い
さんざん引っ張って効果破壊と効果ダメージって

乱入はエンシリーズの発動条件を満たす為か

あの時レイは一人で発動条件満たしてたのかな?

>>ナポリたんさん

>さんざん引っ張って効果破壊と効果ダメージ
そのへんは解読済みで覚悟完了済みでした。

>レイは一人で発動条件満たしてたのかな?
私も先週書きましたね。
「墓地から魔法4枚セット」なんてのを持ってるくらいですし、
「エクストラから任意の枚数墓地送り&各種3枚につき1枚魔法をサーチ」
とかいうカードもあったのかも?

11対1のデュエルの末がコンボパーツの積み込みをした乱入による超性能除去からのデュエル主導権の乗っ取り自滅
ここまで来るとちょっとまともなゲームとは呼べませんね
さすがに赤馬が倒すのかと思ったら普通に一蹴されててびっくりしました…
ARCVのスタッフは何故こんなにも正々堂々としたゲームをやらない事に情熱を注いでるのでしょうか?
批判を通り越して純然たる疑問しかありません

私は今回がズァークのラストデュエルかどうかで評価を決めようかと思います。
デュエルも話もこのまま半端で終わりならちょっとアレですね。

今週のAV

レイさんがメタメタカード使ってズァーク倒したって事でいいんだよね?
で、その下地に今まで倒されていった仲間のカードが意味を成していたと

なら先に言えよと
乱入が連続してたことに意味があったのは肯定するが
作中で乱入&乱入でデュエルが途切れなかったのは思いっきり結果論やぞ

あ、でも社長が最初の遊矢とのデュエルを再現した感じで戦ってくれたのは良かった
テムジン、アレクサンダー、シーザーの上位種を使ってくれたのにはグッと来ました
ペンデュラム2体もクッソ固くて、あそこは純粋に「社長つえー」ってなりました。はい

>作中で乱入&乱入でデュエルが途切れなかったのは思いっきり結果論
これに関しては、私も前回の感想のコメ欄で触れていますが、
脚本の都合でしかないのですよね。
「花鳥風月」でないにしても、ランサーズ側に積極的に墓地を利用させるなど、
メリットを示して理由付けするべきだったように思いますね。

>社長が最初の遊矢とのデュエルを再現
今回が彼の集大成になるのか、まだ先があるのか注目ですね。
《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》の進化体もあるのかどうか・・・

エグゼクティブ
進化体かと思ったら普通に出てきたな

テムジンはVジャンプに付録されるけど
残りのDDはコレパに入るかな?

零羅はくん?ちゃん?
早乙女レイを思い出す

>>ナポリたんさん

>コレパ
「覇王眷竜」も入るか気になります。あと漫画版の竜も?
ウワサでは「2017」とのことですが、正式名称なのか、
それとも藤木君関係の単語を隠した仮称なのか。

>早乙女レイ
ネタで温めてたのでしょうかね?

レイラがまさかあんなに髪が長いとは思わなかった・・・・実は女の子だったりするのか
まあ今までの茶番リレーが意味があったのはよかった
あと予告から予想できないけどほかの遊矢シリーズの面々、柚子シリーズの面々がどうなったかですよね遊矢は漫画みたいに一つになるとかですかねぇ・・・・予告見る限り柚子もいないですしさすがに柚子がいない状態であの笑顔は狂気を覚えますが・・・・

>>不審者さん

>柚子がいない状態
既に他所でも言われてますが、
社長だけが覚えていて遊矢君に思い出させるため~な展開でしょうかね?

他の次元は映らないのか、最終的に統合するのかしないのか気になりますね。

このようなアニメに毎回きっちりとまとめるぺぺろん男爵さんには頭が下がります
自分なら頭の中が笑顔になっていないと、とてもできることではありません

>>スペースマンボウさん

新規カードが多い回は代わりにストーリーの突っ込んだ部分をスルーするのが秘訣ですかね
(頭がスマイルにやられていないとは言っていない)。

レイ(零羅)がおいしいところ持っていきましたが
通常モンスター化などの演出は良かったです。

どうでもいいことではあるんですが
今回の流れだと零羅は女の子で良かった気も・・・w

次回からは本当に気になりますね。
特に大きな影響を受けていた(?)ユーリはどうなるのか。

結局零羅はここまで引っ張っといてレイの依り代になるだけのお仕事で
CC系も全部コストでぶん投げて終了とか使い手共々ただの道具でしたね。
一応ジャッワと絡んでてSも使えるし権ちゃんの代わりにS組でズァークと
戦って負けてもジャッワと腰痛眼鏡に成長を見せるとかで良かったでしょうに。
セレナは絡みが無さすぎるからどうしようもないにせよ瑠璃とリンも
説得フェイズで出てくるとか他の遊矢シリーズも一緒に抵抗するとか
何かしろよ・・・やっぱクリソツ4人組設定要らなかったと思います。

最後に主人公の代わりに汚れ仕事してきたのに11人でゴリ押しするような奴らに
悪魔扱いされて体の主導権乗っ取られた挙句モンスターの怒り云々諸共消された
ズァークさんの冥福を祈ります。多分ユースで救済するんでしょうが
どうせAVの場合笑顔染めして終わりでしょうし期待できそうにないですね。

眷竜スターヴにも共通効果がありますね

>>まぐかっぷさん

>零羅は女の子で良かった気も
そうなると、日美香さんの虐待に女同士ゆえの生々しさが出てきちゃいますね。

>ユーリ
最後のドローで遊矢君側についたことにされて終わりな気もしますが、
本文で書いているとおり、これから何かしらやることを、
ほんの少しですが期待したいです。



>>暇なレジスタンスさん

>クリソツ4人組
の残りについても同上。

>レイの依り代になるだけのお仕事
S次元で自我に目覚めて自分の意志でイタコ体質を使って~と描きたかったのでしょうが、
レイちゃんの見せ方が悪かったのか、身も蓋もない言い方をすれば、
結局彼女の思惑通りに動いただけな感がありますかね?
前に予想していた「自我に目覚めぬままズァークの憑り代に」よりはマシでしょうが。
一応、遊矢君との交流があってのこのデュエル展開だったはずですが、
そうなると今度は遊矢君の共感力にも疑問があるため結局展開に納得が(ry

>笑顔染めして終わり
のために「観客の欲望に応えた」という動機付けにして難易度を下げたと言われてましたね。
しかし、やらないのは論外にしても、やったからといってどうも・・・な感が本当にアレです。



>眷竜スターヴにも共通効果
これ、「超熱血!デュエル塾」のFlashファイルから画像をぶっこ抜かないと
確認できないんですよね。

片目だけに残ったズァーク部分、決まり手が(実質)サレンダーってこれ完全に闇マリク戦ですね。
まともにクロスオーバーやれていればオマージュとして受け入れられていたのでしょうけど、積み重ねが雑過ぎてガワだけ取り繕ってるとしか映らないのが酷い…。自業自得以外の何物でもないですが。

「安全圏で戦いを強要してた奴らに復讐してやる」的なセリフがでたあたりやっぱ『今の』ズァークの本質はモンスターだったんだなと思いました。
あと遊矢シリーズで遊矢だけ残ったのって、モンスターの思念に押しつぶされる前の『人間・ズァーク』だったから無意識に保護してたのかなと思い始めました。

今回のラストから察するに柚子シリーズ及び遊矢以外の遊矢シリーズと零羅は戻ってなくて、彼らを取り戻すための戦いが始まる、って展開になるんだろうなと。
望み薄とわかってますが、個人的にズァークに本当の意味での救いがあってほしいと思いますね。盤外戦術に頼らず、自前のカードで戦い抜いたという意味でまともに決闘者してただけに嫌いになれないんですよ。

>>通りすがっ太さん

>ガワだけ取り繕ってるとしか映らない
こういうとこ、「チラッチラッ」されてるみたいで不快ですね。

ここからの展開くらいは予想もとい期待通りであってほしいですね。

というかレイは花鳥風月の効果を一人で墓地用意したって考えるとすごい・・・・ザボルグで切腹連打でもしたのだろうか・・・・
あとPとしての特性を持っていないズァークは効果モンスターだったのだろうか・・・・同じ耐性を持ってて
あと花鳥風月バーンの場面でズァークにまだPモンスターであったからバーンダメージ減ってたんですねそこを見ると一応ズァークはペンデュラムを獲て対策はしてたんですね結果的には笑顔宇宙で通常になりましたが

>>不審者さん

>レイは花鳥風月の効果を一人で墓地用意した
上でも書いてますが、私は「すごい墓地肥やしカード持ってた」説推しです。

>花鳥風月
対策に、今回発動されたその場で新種創造&書き換えはできなかったのでしょうかね?

エグゼクティブは、DDD絵札説通りなら、融合・エクシーズ新規が出せない事への回避策でしょうか。
前回の覇王龍を守るモンスター達や、社会が生み出した云々の話に、ズァーク個人(俺)と覇王龍(我)で微妙に人格が違いそうな描写といい、ズァークは零羅の様な依り代であって、問題はモンスター達の怒りである様な意図はチラつかせている気はします。
モンスター型のDDを踏み台にして、人間型のDDDを出す零児や、精霊を機械で制御しているような零王では倒せない辺りも、そういう事なんでしょう。
P召喚自体は、ズァークが遊矢の中で覚醒した時に創られたみたいですが、レイの「エンシリーズで純粋に戻したから産まれた」「遊矢が純粋な部分」「悪意だけでは揺らせない」という台詞からすると、一応遊矢との共同作業だったようで。
だとすれば、Pモンスターの魔法部分はエンシリーズ由来で、ペンデュラムの飾りもレイシリーズのブレスレットの同類、遊矢はNo.96の逆バージョンといった所ですかね。
エンシリーズを作った零王の技術なら、Pモンスターを作る事が可能で、何かしらの力を機械で封じ込めた様なデザインが精霊機巧とDD魔導賢者で共通しているのも、それっぽいです。
次元分裂については、バビロニア神話のティアマト辺りがモチーフだと思っているので、ズァークの方が裂いたというのは、疑問符な所ですが、ペンデュラム周りの設定に関しては伏線との齟齬は少ない気はします。
カード化が次元統合で戻る件については、零王の罪の自覚や事前に周知されてた辺り、カード化装置側で統合を検知して戻す仕込みでもしてたんだろうと考えてますが、これも含めてどこかでフォローが欲しい話はそれこそデュエル塾の様な場で詳細に解説して欲しいです(あそこでも軽く流されてました)。
それから、零羅の髪型が、血縁無い割に零児に似ていたんですが、デザイナーが兄弟のイメージで描いただけで特に意味はないんですかね。
隼と瑠璃・柚子みたいな例もあるので、レイの依り代として適した人物が赤馬家に似ているのも、ある種の必然みたいな解釈も出来そうですが……

>>八荷飴さん

今回も興味深いお話をありがとうございます。

>ズァーク個人(俺)と覇王龍(我)
を分けていそうとは、私も少し感じています
(http://peperoncino100.blog.fc2.com/blog-entry-2261.html)。
代弁者気取りの責任転嫁野郎と実際に怒ってるモンスター本人とでは、
結構違ってきますね。
これからもう少し人間としてのズァークに焦点があたるか注目ですね。

>カード化が次元統合で戻る件
黒幕(当時)の都合のいい言葉とか、他の作品なら嘘のパターンがあり得ますが、
「本当にそうでした(メカニズム的な説明はなし)」ってのに、
今作特有のモヤモヤ感が残りますね。
あとよく言われてますが、エネルギー抽出されても問題なく戻れるのか?というのも。

>零羅の髪型
「シュレディンガー」から、
「帽子を脱いだ瞬間にレイちゃんが決めた」とか妄想しました。

ここまで来ると私はARC Vは3年で終わる作品ではないような気がしてきました(というか3年でまとめられなかった制作側の都合?)

遊戯王シリーズであるARC Vが評価が微妙なままで終わるならzexalのような最終話にして続編が出てから評価をしたいと思っています(zexalの場合は続編があるなら物語をしっかり締めたので完全新規の続編ですが、この場合ARC Vはストーリーが続いての続編でもいいと思います)

遊矢シリーズ4人+ズァークが和解した世界で儀式次元や将来誕生するであろう召喚法の次元の侵略などに対抗するストーリーなど書けますし(ピンチになったら遊馬とアストラルの様に遊矢シリーズ4人合体してズァークになるのも面白そうですし)

私はTFスタッフの手腕に期待したいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 デュエル一覧・目次
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

10月14日発売のエクストリーム・フォース 予約受付中!看板は「エクスコード・トーカー」!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析
pixiv
ブックマーク DR100