TOP > アニメ感想 > アニメ 遊戯王ARC-V 第144話 感想  
タグ : アニメ ARC-V 感想 

アニメ 遊戯王ARC-V 第144話 感想

第144話 「呪われし機械仮面」

20170226_01.png
派遣軍でエドにだけ懺悔台詞言わせたり、負け犬なハートランド市民の描写で、
前半かなりムカムカでした。
グロリア姉さんとノロマちゃんの子供たちとの絡みや、
実はチャンピオンだった旦那さんなどの描写でどの程度フォローされたと感じるかは、
まぁ、個人差ですかね?

以下、今回の新カード。

遊矢
《EMミラクル・ミラービット》
【P効果】不明。
【モ効果】ATK変化効果の対象を自身に移せる。
自身が攻撃しない場合、自モンスターに攻撃権を譲れる。
《チャレンジ・ステアーズ》
自分のモンスターが相手モンスターを戦闘破壊できなかった場合、
自場のカード1枚を墓地へ送ってもう1度攻撃可。
《ホープ・ステアーズ》
相手モンスターと戦闘した自分のモンスターのATKを400アップ(次の自SPまで)。

「チャレンジ」に「ホープ」ね・・・
まさか遊矢君がハートの塔に登るとは思いませんでした。

デニス
《Emフィルムジー・スリマー》
【P効果】もう片方の自PゾーンにPが置かれたら、自身を手札に戻せる
(そのターンはもう置けない)。
【モ効果】自場に「Em」がNS・SSされたターンに発動可。手札からSS。
《古代の機械仮面》(アンティーク・ギアマスク)
装備モンスターは1ターンに1度破壊されない。
装備モンスターの攻撃時、相手は魔法・罠を発動不可。
装備モンスターに貫通付与。
装備モンスターが相手を破壊する戦闘でのダメージ倍化。
《Emリバーサル・ダンサー》
【P効果】1ターンに1度、相手モンスターのATK・DEFのアップ分、
自場の「Em」のATKをアップ可。
【モ効果】同上?
《RUM-マジカル・フォース》
このターンに戦闘破壊された自分のX1体を蘇生(効果無効)して、
1ランクアップ(魔法使い族限定)&このカードをORUに。
《Emトラピーズ・ハイ・マジシャン》
MPに1度発動可(ORU消費1)。そのターン3回までの破壊耐性を取得。
ランク4以下の魔法使い族Xを素材にX召喚されたターンに1度発動可。
そのターン3回まで攻撃可(ORU消費1・直接攻撃は1回)。

20170226_02.png
やはりデニスのエンタメは、中の人の演技との相乗効果で盛り上がりますね。

遊矢君も、デニスの意図に途中でちゃんと気づいて、
その後は一緒にエンタメしようとしてましたね。
正直、気づいても、「その心意気を買って」自分だけヒーローを演じるものかと。
いや~成長したなぁ~(くっそ低いハードル)。

まぁ、個人的に今回までの展開を通して思うのは、
やはり、デニスはもったいないキャラだったな・・・と。
アカデミア生でランサーズでエンタメデュエリスト、融合使いでX使いって立場は、
どう考えても中盤でもっとおいしく活かせたように思います
(終着点自体は今回で良いと思いますが)。
ところで、師匠からデニスのエンタメへのコメントはなしですか?
「兄弟弟子」には無言の拍手をさせてましたが。
20170226_03.png

ここまで来たらもう言っちゃいますけど、
私はストーリーの過程を重視していますので、
これからガワだけキレイな締めを見せられても、
ARC-Vの評価が上がる可能性はだいぶ低いと言わざるを得ません。

次回の黒咲さんとかホントね・・・
瓦礫やスタンガンで果てさせたのが、
瑠璃ちゃん関係の情報を与えずに最終回直前に遊矢君と闘わせるためとか・・・


【関連項目】
遊矢の使用カード(アニメ版)
デニスの使用カード

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

まぁシンクロ次元かマイアミCSでやっておけって内容なのは正直情報が出た段階から思っていました。
つくづく料理ミスったんだなぁと思います。

ただ、そんなどうしようも無い作品でも終わってほしく無いと思っている自分が居たり。
アークが好きだからじゃ無く、マスタールール4が嫌すぎてですが(

本当に来月末からどうしよ

OCG面での不満からそういう考え方もあるのですね。
私はアニメメインですのでどうしてもこうなりますが。

エクシーズ編でしっかりやっていれば
少しは良い回になったんですけどね・・・

デュエル内容はまあ良かったかなと。
でもAカードの扱いは相変わらず。

そういえばダベリオン持ったままっぽいですが
それでユート達が消えているのはなぜなのか。

デニスはこういう扱いするなら
スパイ止まりの方がまだ良かった気がします。

それにしてもどう終わらせるのか。
エンタメも完成しそうにないですが。

比較的良い回があってもいままでが酷すぎるからもったいないとしか思えないのはもうこのアニメ自体が手遅れな証拠でしょうね
最後までそれなりにキャラの魅力を保てたデニスは良かったです
黒咲はもう諦めてます

社長が解説した直後にダクリベの召喚を躊躇ったのは、持っていないからなのか、それとも使わない方がエンタメ的に良いと判断したからなのか...

社長も遊矢も件のワンシーン以上に言及していなかったのですが、もしかしたら融合、エクシーズ、シンクロは出来なくなっているのでしょうか。

>>まぐかっぷさん

>ダベリオン持ったままっぽい
ですね。ユユユは実は遊矢君の中に・・・?
今回出さなかったのは黒咲さん戦にとっておくためというのもあるでしょうか?
「社長の予想を上回った」と描写する意図があったのでしょうが、
外した社長がカッコ悪い上に、
「オッP以外はエンタメに不要な邪悪の象徴」みたいな印象も受けてしまいました。



>黒咲はもう諦めてます
私も初期の(彼が輝いていた頃の)感想を読み返すのがつらいです。



>ダクリベの召喚を躊躇った
持ってた上での前述の
>使わない方がエンタメ的に良いと判断した
でしょうかね?表情的に。

今回はちゃんと二人で楽しいデュエルが出来ていたし、アカデミアが簡単に許されるわけがない事に触れていたところは良かったです。
ただ、そうするとシンクロ次元に行った時が不安ですね。あっさり全部解決していたら茶番臭がするし、解決していないならシンクロ次元編全部無駄だった事になるし、そもそも行く時間無いですかね。

第146話のタイトルの「ハイウェイ」から、
ラストデュエルがS次元(でRD)との予想がありますね。
「ディメンション」が付いてるので個人的には違うと思いたいですが、
行かないのも据わりが悪いという。

>アカデミアが簡単に許されるわけがない事に触れて
一般兵の心情が見えなくて、私は余計にモヤモヤしました。

今回の話をX次元から融合次元に行く前にやっておくべきでしたね(遠い目)
弟子達を見殺しにして得た情報アドを使って煽るようなどこかの髭より
よっぽどエンタメってるのに刀イトに雑に始末させた結果、今更息子が尻拭いする羽目に。
欲を言えばトラピーズへの思い入れの理由や過去も掘り下げて欲しかったです。
黒咲もそうですが、AVキャラにも魅力は十分あるし過去キャラ抜きで
ちゃんと素材を生かそうと思えばもっとまともな話に出来たと思います。
次回で反逆させるために黒咲を長期離脱させた件は本当に・・・ひどい・・・

>>暇なレジスタンスさん

X次元への思い入れとか作って揺れるキャラにできましたよね、デニス。
今回に関しても、「RUM」入手のドラマが作れたかもですし。
瑠璃ちゃんと顔見知りなのも活かされず本当に残念です。

そういえば、結局今回もユーリに関して言及がありませんでしたが、
もうどうやって救われるのか・・・

アカデミアが許され云々の所に納得出来るかどうかは置いといてと書くのを忘れていました。
まあ皆仲良し!笑顔です!なんてやられるよりはマシかぐらいに思ってます。
しかしキャラに会話させるのが面倒、心情を描くのが下手でどうしてプロの脚本家ができるのでしょうか。
このアニメには謎が多いですね。いや、闇か。

製作側は観直しておかしいと思わないのか本気で疑問ですね。
キャラの交流・心情が薄すぎですよね。
話作りの大事な部分だと思うのですが。アニメ・漫画に限らず。

クソのような過程の尻拭いを
ここまできれいなガワで締められたのだけは褒めてあげてほしい

褒めちゃった後で観返して「祭壇」が見つかるのが怖くて、
どうしても及び腰になってしまいます。
そもそも、「良い」といっても同作品内での相対評価ですし。

>オッP以外はエンタメに不要
今回はいい形で終わっていますが
1歩間違えば舐めプにもなるんですよね。

そして「姑息な手」も正しい使い方なんですが
気になってしまいました。

>>まぐかっぷさん

>姑息
これまでテキトーな「絆」を捏造してきて、ペンデュラムリレーまでやらせての、
次回の今さらな展開には「あらまビックリ!」ですね(ポイント加算継続中)。

今回ダベリオン出すの躊躇うような描写がありましたが、再来週のバレが本当ならダベリオン含む3竜出せるけどあえて出さなかったみたいですね。

今回の話はデニスがある程度格を保って終わってくれて良かったです。今までの流れ考えると無理やりな遊矢ageの為に不必要にsageられるんじゃないかと不安視していたためです。
ホープ(ステアーズ)が文字通り踏み台にされてたのは監督の意向ですかね?だとしたらほんといい加減にせえよと。

>>通りすがっ太さん

>あえて出さなかった
フッて笑ってたので前述したような一応前向きな理由なのかと思ってましたが、
なんか「恐れ」とか言い出してますね。
またそんなんで引っ張るのですね。しかもランサーズ以外とのデュエルで。

個人的には、デニス→ユーリもそうですが、エド→デニスや観ている筈の遊勝からの言及が欲しかったですね。
記憶改竄の影響もあるんでしょうが、遊矢の沢渡とデニスへの態度の違いが、遊勝ネームの有り無しで決まりそうな流れは少し嫌でした。
それならせめて遊勝のエクシーズ次元での功績を強調して、「デニス先生」の受け入れに説得力を持たせても良かったのではと。

バレの内容を考えると、零児は遊矢に各次元を回りつつ、P以外の召喚法(特にドラゴン)を使って欲しかった感じもしますね。
遊矢に期待している彼ですので、単に自分の予想が外れただけでなく、少し裏切られたと思ったからこその驚きようだったのではないかと。
また、記憶の改竄については、基本的にはペンデュラム次元に書き変わったスタンダードで起きている現象だと思います。
赤子の遊矢や柚子が出現した時に記憶改竄が起きている訳ですから、今回は零羅についての記憶(優勝した大会や封印したズァークに関連する部分丸ごと)が周囲から消されてしまったと言う事です。
これだとシンクロ次元も改竄の対象になり得そうですが、ユーゴやリンのメインキャラとの絡みの無さ(というか柚子と一緒だったせいで改竄の巻き添え喰らってそう)の代わりに、零羅の事がクローズアップされるんでしょうかね。
シンクロ次元の零羅は結構尺を取っていたので、その回収はすべきでしょうが、クリアウィングくらいは使ってユーゴの遺志は示して欲しい所です。

>>八荷飴さん

>ユーゴの遺志
視聴者のツッコミを受けて、今さら唐突に何か生やされそうな気もしています。
次回予告のHDS組のシーンを見ていると。

この作品って、幼馴染・親友・師弟とか、大体「~という設定」ってだけで、
なんか活かされてないように感じるのですよね。
ストーリーに設定が、もですし、キャラも生きた人間に感じられません。

上述のHDS組の件にしても、彼らが集まる機会があっ(たことにし)ても、
「すごい遊勝先生」の話題が出ることはなかったわけですよね。
ユートと黒咲さんは知らなかったわけですから(後者は回想で無意味なニアミスあり)。
>遊勝のエクシーズ次元での功績
がごく狭い範囲のものであった設定は通したと言えるかもしれませんが、
「偉大な主人公の父親」感は薄いですよね。

アカデミアの人間関係にしても、
外道な行いの理由(フォロー)としての、
強い信念と仲間意識は当然描いてくれるものと当初は思っていました。
それがこんな頭フワフワなアレで終わって、私はとても悔しいです。

>P以外の召喚法(特にドラゴン)を使って欲しかった感じ
その場合、次元関係のメカニズム的な理由なのか、
単にズァークのトラウマを克服してほしいだけなのか・・・
後者でしょうかね?ジャックに「怯むな!」されて社長戦で締め?

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 デュエル一覧・目次
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

リンクヴレインズパック(11月25日発売)予約受付中!OCGテーマのリンクモンスターを多数収録!

漫画版ARC-V 第2巻(10月4日発売)予約受付中!付録は「白闘気双頭神龍」!

最強デュエリスト遊矢!! 最終第2巻(10月4日発売)予約受付中!付録は「超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン」!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析