TOP > アニメ感想 > アニメ 遊戯王VRAINS 第1話 感想  
タグ : アニメ VRAINS 感想 

アニメ 遊戯王VRAINS 第1話 感想

TURN 1 「俺の名はPlaymaker」

ついに始まりましたねVRAINS!
20170510_04.png

まずは今回の新カードから(デュエルなし)。

ハノイの騎士
《ハック・ワーム》
《クラッキング・ドラゴン》

遊作
《リンクスレイヤー》

予告によると、次回は《サイバース・ウィザード》を使うようですね。
あと、OP映像で《ビットロン》が確認できましたね。

とりあえず、初回デュエルなしは残念ですね。
本日発売のアニメディア(私も購入しました)で判明した
スピードデュエルがメインという不安は来週まで持ち越しですか。
作中では伝説の凄いデュエルな感じの扱いですが、
フィールド縮小という一見してのスケールダウン感を吹き飛ばす設定があったり・・・?

ストーリーの方は面白くなりそうですね。先が非常に気になります。
主題歌めちゃくちゃカッコよかった!
アバンで5年経過したのには驚きました。
これはあの出来事が遊作君にも関係してくるのかも・・・?
20170510_05.png
リボルバーさんも遊作君より結構年上だったり?声が渋いし。

激しい組織戦が見たいので、晃兄様側にもがんばっていただきたいですね。
思ったより出会い方がヒロインっぽかったブラコンエンジェルちゃんの活躍にも期待。
20170510_06.png

あとは、「LINK VRAINS」のサービスなんかの設定にも凝ってくれると嬉しいですかね。
気になっていたリアルカードの扱いの方は、
今回で「カード収納型ディスクは旧式」と判明しましたね。
今作でもオカルトなカードは登場するのでしょうか?
島と同タイプのディスク持ちはリアルではデュエルしないと早めに判別できそう?
謎の生命体(イグニス?)がディスクに閉じ込められてナビになる展開はなるほど、と。

ところで、鬼塚さんはリアルでも同じ姿なんですね。
20170510_07.png
可愛い目をしてるから、リアルでは線の細い美少年とかワンチャンあるかと。


【関連項目】
Playmakerの使用カード
ハノイの騎士の使用カード
リボルバーの使用カード
ブルーエンジェルの使用カード
Go 鬼塚の使用カード

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

まさかデュエルしないまま終わるとは。
まあ次回から本番という感じですね。

とりあえずデジタルな演出は好みなので
デュエルをどう見せてくれるか気になるところです。

>>まぐかっぷさん

謎のヒーローなので、
漫画版5D's(フィール)くらいいきなりのデュエルでもアリかと思いましたが、
スピードデュエルは作中でも未知のモノなようで。

同じく新ルールだった前作のAデュエルは第1話からアレでしたが、
当時は、フィールドの効果に拡張性があると思っていました(やらなかったですけども)。
今作のスピードデュエルが現実と同じルールな場合、
そういう拡張性が無い分、本当に動きで魅せる気なのでしょうかね?
インタビューで言っていた「立体的」がいかほどなモノか注目ですね。

一話の感想としては面白そうというのとかっこいいの一言でしたねあと遊作君の声が思いのほかしぶかった・・・
あとやっぱり背景で流れてるBGM安定してかっこよかったです
アークフェイブのときもそうですが一話があちらも印象少しそこからの転落だったのでそうならでほしいですねw

デュエルがなかったことを除けば、世界観や各勢力の目的、遊作のキャラが分かりやすく描かれていて1話としてはいい感じでしたね
あとはデュエルをどのように演出してくれるかですね

個人的に驚いたのは意外とVR空間が一般に浸透していないことですね放送前はてっきり誰も彼もVRでデュエルしているものだと思ってました

>>不審者さん

視聴者が共感しにくい思想を主人公に掲げさせたりせずに、
謎解きと悪への復讐が軸のわかりやすい話なら、
そんな取っ散らかったものにはならない・・・と思いたいですね。

OP曲は1年変わらないとのことですが、
クール単位を意識した構成ではないのか気になるところです。
個人的には、早めにハマれるような熱い展開が来てほしいです。



>>レザスさん

>VR空間
観戦だけで満足な層もいるようですね。
現時点では「魅力的な夢のシステム」って感じがそんなにしないです。
対戦のシステムとかランキングの制度とかの細かい設定が出てくればあるいは?
とも思いましたが、遊作君の立ち位置がプレイヤーとして楽しむ側でないので、
そういうのはあまり描写されないかも・・・?

あれだけ電子技術が発達した世界の犯罪組織相手にあのアカウント名で
アバターとはいえ本人と殆ど同じ顔丸出しって大丈夫なのか遊作…
とりあえずもう変なルールの追加は無しでDTのスピードデュエルみたいな
感じで普通に決闘して(切実)と願いつつ来週に期待します。
今回の主人公はボードに乗っての決闘なのはもしかしてネットサーフィン的な
表現からああいう形になったんですかね。

あと謎のはたまにカメラから遊作を見てるような視点はなんなのかですね謎の生命体(イグニス)かと思ったけど違うぽいしハノイでもあの会社でもないし第三者いるのかなとかんぐってしまいます
あと初めの島君のリンクヴレインズの説明の画面のデュエルしてるモンスターが十二獣とかいて笑ってしまいましたw

>>暇なレジスタンスさん

>DTのスピードデュエル
「カードを〇枚伏せて(MP2)ターンエンド!」が無いと、
結構違和感があるのですよね。
「最強カードバトル!」での一番の強敵はそれでした。

>アバター
の顔の設定方法とかのシステム周りの詳細も明かしてほしいです。
なんか演出的に、変身して肉体ごとネットにダイブしてるようにも見えて、
あえて今さらなVRを採用した意味は、現時点では感じられませんかね。
あっと驚くギミックがあることを期待したいですが・・・?



>>不審者さん

>カメラから遊作を見てるような視点
が、VR空間のPlaymaker(黒幕)とか、ひねったことも考えてみたり。
実はリアルの遊作君とは別存在で、VR空間からの帰還時に記憶を云々・・・とか。
>ハノイでもあの会社でもないし第三者
的に、草薙さんも怪しく見えてしまうので、
彼らの過去とか、ダイブ中のリアルの肉体の様子とかさっさと見せてほしいです。
消去法で別所さん説もありますね。

>十二獣
前作に遠慮せずにさらっと全召喚法出しても・・・いいのよ?

まさかの初回デュエルなし展開から「またデュエル軽視か」と懸念する意見も見られますが、今作は設定面の情報量が多くなりそう(現時点で遊作達、SOLテクノロジー、ハノイの騎士、サイバース世界の4つ巴)なので説明回は説明に徹する、デュエル回はちゃんとデュエルをするという風にメリハリをつける方針で行くのかなと思いました。

疑問に思ったのがイグニスが何を指すかということ。謎の生命体の名前なのかサイバース世界の住人の総称なのか。

1話時点だとSOLテクノロジーが1番悪そうに見えました。案外ハノイと共闘もあったりして。

>>通りすがっ太さん

私的には、
遊戯王色(~である意味)が薄く、
かといってネトゲモノとして観てもシステム(舞台)の魅力を描くでもなくと、
第1話は中途半端な印象ですかね。
とりあえず、新ルールの場合は初回でやるべきかな、と。
>またデュエル軽視
ハノイのリアル(ヴァーチャル)ダイレクトアタックと逃げ惑うモブに、
若干不安にはなりました。

>イグニス
は、アバンの特殊な?サイバースのことでしょうかね?
てっきりサイバース族自体が特別なカードなのかと思ったら
(リボルバーの《トポロジック・ボマー・ドラゴン》もそうなのかと)、
遊作君が既に《リンクスレイヤー》を使ってましたからね。

>SOLテクノロジー
のデータマテリアル利用がヤバくて、それをハノイが阻止しようと~
的な説がありますね。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 デュエル一覧・目次
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

リンクヴレインズパック(11月25日発売)予約受付中!OCGテーマのリンクモンスターを多数収録!

漫画版ARC-V 第2巻(10月4日発売)予約受付中!付録は「白闘気双頭神龍」!

最強デュエリスト遊矢!! 最終第2巻(10月4日発売)予約受付中!付録は「超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン」!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析