TOP > アニメ感想 > アニメ 遊戯王VRAINS 第9話 感想  
タグ : アニメ VRAINS 感想 

アニメ 遊戯王VRAINS 第9話 感想

TURN 9 「追い求めてきた敵」

まずは今回の新カードから。

遊作
《コンデンサー・デスストーカー》
OCG版との違い:Wiki参照。

CIBR収録カードを使い始めましたけど、
未だにCOTD収録の《ランチャー・コマンダー》が出てないのが気になります。

リボルバー
《ドラゴノイド・ジェネレーター》
OCG版との違い:Wiki参照。
《ゲートウェイ・ドラゴン》
OCG版との違い:Wiki参照。
《スニッフィング・ドラゴン》
OCG版との違い:Wiki参照。
《ツイン・トライアングル・ドラゴン》
OCG版との違い:Wiki参照。
《トポロジック・ボマー・ドラゴン》
OCG版との違い:Wiki参照。

《トポロジック・ボマー・ドラゴン》ちゃんは、「ヴァレット」の前座にしても、
今回の活躍っぷりなら概ね満足かな。フィニッシャー(仮)なら。
20170712_01.png
あとは、単に運要素でも実力差があることを演出するための道具で終わるのか、
それとも、「データストームに封印されてるサイバース≒精霊」的な設定があって、
後で重要なポジションになるのかどうかは気になるところ。

リボルバーの初デュエル、良かったです!
《クラッキング・ドラゴン》《ドラゴノイド・ジェネレーター》のコンボは、
量産カードによる「同じ組織」感と専用カードによる差別化が両立されていて、
個人的にポイント高いですかね。
対する遊作君のデッキの動きがこれまでのおさらいっぽいのも相まって、
より「現時点の実力で未知の敵に挑む」感が味わえたように思います。
20170712_02.png

そして、まだ「ヴァレット」が控えているリボルバーは、なかなかのエンターテイナーですね。
下級は召喚素材用でなく弾丸用に《ヴァレルロード・ドラゴン》の後に出すようで、
そこもなんか新鮮ですね。彼のデュエルは結構好きになれそうです。

次回は風が無い場所だからマスターデュエルになるようですが、
データストームの中でって今後も何度かやりそう?
特別な場所では特別なはずのスピードデュエルができない?
そのあたりの兼ね合いをどうするのでしょう?

ドラマ面での展開も気になりますね。
遊作君の過去とか「リンクセンス」の謎とか早く知りたいので、
リボルバーには早く何か思い当たってもらいたいですね(因縁あるの前提)。


【関連項目】
Playmakerの使用カード
リボルバーの使用カード

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

遂に次回待望のマスターデュエルが!耐えた耐えた耐えた耐えたZoooo!(歓喜)
クラッキングは本来の持ち主が使うだけあって前座で倒されたものの
予想以上に健闘できてましたね。トポロジックのCGの出来も実にGJ!
リンク使い同士で決闘すると必然的にサーキット確認合戦になり、振り向いて
確認する動作が挟まれまくるせいでスピード感が死んでましたから、そこはもう
サーフィンしながら確認できるようにした方がいいんじゃないかと思いました。

そういえばダークエンジェルは弱すぎるしOCGで魔改造されるかなと思ってたら
そのまま出ましたね…。VRはアニメとOCGで効果を統一する路線のようなので
今作ではアニメの段階でアレなカードはもうその時点で割と絶望的な感じに…

リボルバーさんも強キャラぽさがよく出た感じでしたね
あと少し不安なのは予告を見る感じからすると恐らくファイヤーウォールを回収していざデュエルというとこでなにかあり中断してデータストームの中でマスターデュエルに移行というとこです
中断っていう前作での不安要素をうまく使っているのかが心配ですただ中断するにしてもこうやってすぐ再開ならまだいいと思いますが
あと二人の決着をどうするかですね遊作が勝つにしろライバルキャラが初戦でいきなり敗北っていうのもあれですしもしリボルバーが勝っても実は・・・・みたい感じであやうやになる見たい感じとかですかね・・・・ どうなるか不安です

>>暇なレジスタンスさん

>アニメとOCGで効果を統一する路線
新モンスターの出るペース的にそうなのでしょうかね?
今後も厳格に守るつもりで、
ボス級のトンデモカードは一切出さないのか、
出しても絶対にOCG化しないのか気になりますね。

>トポロジックのCG
光の羽がシュビッて生えるところとか、攻撃・効果発動の演出が好みなので、
今後も出番があると嬉しいです。

>サーキット確認
逆にマスターデュエルでは演出が簡素化=高速化なんてことにならないか、
少し気になっています。



>>不審者さん

>データストームの中
がどの程度重要な場所なのか気になります。
>マスターデュエルに移行
をパターン化したりするならば、完全な仕切り直しではなく、
前半のスピードデュエルの結果を何らかの方法で反映するとか、
ルールをつければ、特別なボス戦っぽくなるでしょうか?

>リボルバーが勝って
葵ちゃんはお情けで治してもらって・・・な酷いことはさすがにナイですかね?
イグニスを知り尽くしているハノイに対して、
Aiを消されるまでにリベンジ戦を挑む時間があるのか、というのと、
メタ的に「リボルバーと3連戦はないだろう」というので。
かといって遊作君が勝って話が進むのもまだ早いですし、展開が読めませんね。
鬼塚さんとかを仲間に引き込むには、負けて「1人じゃ無理だ」な展開が自然?
でもやっぱりヒロイン(仮)救出戦でそれは微妙?

裏でいったいどんなせめぎあいが繰り広げられてるやら。

鴻上博士がイグニスたちの生みの親のようですが、ひょっとしてサイバース自体も彼が生み出したものなのかな。
颯爽と現れて誤解を解いてくれるリボルバー、実はいいやつ?変に引っ張ってストレスフルな展開にされるよりはずっといいですが。

リボルバーの強キャラっぷりが予想以上でした。デコードトーカーの正面にクラッキングドラゴンを立たせないプレイングなどディテールがしっかりしてるのが好印象。『ライフがまだ100も残っている』って今までありそうでなかったセリフですね。
ストームアクセスはAi自作のスキルだったんですね。リボルバーは1話でクラッキング・ドラゴンに食われたAiのデータを解析・再現して手に入れたのでしょうか。あとリボルバーのデータストーム操作は遊作のリンクセンスの上位能力かな。
今回のデュエル、デコードでなくエンコード出せば遊作が勝っていたという指摘がされてましたが、個人的にはAiにそのことを言わせ、その上で遊作にデコード優先した理由を言わせるといいのではと思いました。前作の影響か視聴者の見る目が厳しくなってるのでそういった理由付けはちゃんとしてほしい。

>>通りすがっ太さん

>デコード優先した理由
頭の良い主人公にしてしまうと、構成が大変ですね。さっそく。

>ストレスフルな展開にされるよりは
所在不明だから向こうに動いてもらわないといけないのはわかりますが、
敵に状況を好転してもらう受動的な展開も、少し思うところがありますかね。

イグニス以外の
>サイバース
の設定は気になりますね。
遊作君のサイバース族デッキこそ全部データカードになりそうなところを、
リアルカードである(になった?)理由があったりするのか。
そして、ネット嫌いなリボルバーも、
真の愛用デッキはリアルカードである可能性が・・・?

>デコードトーカーの正面にクラッキングドラゴンを立たせないプレイング
今回はモンスターが多かったので、何となくの位置はわかりますね。
それでも、フィールド見せたりしてくれないとわかりにくいので、
放送開始前に予想されていた「ゾーン・リンクの描画」は、
やっぱり欲しかったかな、と思います。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
デュエル一覧・目次
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 過去テーマリンク一覧
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

レアリティ・コレクション(2月10日発売)予約受付中!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析