TOP > アニメ感想 > アニメ 遊戯王VRAINS 第11話 感想  
タグ : アニメ VRAINS 感想 

アニメ 遊戯王VRAINS 第11話 感想

TURN 11 「轟く弾倉 ヴァレルロード」

20170726_02.png

まずは今回の新カードから。

リボルバー
《ヴァレルロード・ドラゴン》
OCG版との違い:Wiki参照。
《マーカーズ・チャージ》
EXゾーンのL2体のマーカーの数が同じ場合に発動可。
2ドローしてお互いに確認(EPに手札にあれば除外する)。
《スクイブ・ドロー》
OCG版との違い:Wiki参照。
《アネスヴァレット・ドラゴン》
OCG版との違い:Wiki参照。
《リボルブート・セクター》
場の「ヴァレット」のATK・DEFは300アップ。
1ターンに1度、自MPに以下から発動。
●手札から名前の違う「ヴァレット」を2体まで守備表示でSS。
●デッキの上から6枚をめくり、全ての「ヴァレット」を墓地へ送り、
他は好きな順番でデッキの下に戻す。

下級「ヴァレット」の弾丸への変形シーンは無いのね。残念。

遊作
《ファイアウォール・ドラゴン》
OCG版との違い:Wiki参照。
《パラレルポート・アーマー》
自場のL1体に装備(相手の効果の対象にならず戦闘破壊されない)。
墓地からこのカードとL2体を除外し、自場のL1体に2回攻撃させる。
《サイバネット・リフレッシュ》
サイバース族の攻撃宣言時に発動可。お互いのMMゾーンの全モンスターを破壊。
EPに、破壊したサイバース族Lを可能な限り蘇生。
相手モンスターの効果の発動時、墓地のこのカードを除外して発動可。
自場のサイバース族Lは、ターン終了時まで自分以外のカードの効果を受けない。
《リコーデッド・アライブ》
OCG版との違い:Wiki参照。


両エースともに、CGはすごくカッコよかったと思います。
20170726_01.png
ただ、《ファイアウォール・ドラゴン》を出して即勝利とはならず、
主人公エースのお披露目回としては割と地味?(さっそくコントロールを奪われたり。)
タイトルに入ってる次回が本番でしょうし、期待ですね。

幼少遊作君が研究施設っぽい場所で聴いた『声』の正体は、
(リンクセンスの目覚めなどの)状況的にネット側の存在の可能性が濃厚でしょうか?
遊戯王的には重要なモンスター(精霊)だったりするところかもですが、
どうも「意思」を持っているのはイグニスに限られるっぽいですね。
が、例の「3つ」のルーツもその「少年」だったようで、リボルバーも依然として有力候補?
ただその場合だと、元々ハノイの身内なので、遊作君的にはロマンス度が激下がりに?
さらなる追加情報に期待したいです。


【関連項目】
Playmakerの使用カード
リボルバーの使用カード

     

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

戦闘破壊+対象耐性装備を割って対象取らないコントロール奪取って…効果かルールを理解してないんでしょうか?
わざわざ装備を狙わず攻撃宣言時にコンボで伏せを狙えば攻撃反応を潰しつつ、2分の1の確率でリコーデッドを割り、奪ったファイアウォールのダイレクトで勝っていたんですよね
デコードエンコードのわざわざ不利になる方の使い分けといいデュエル構成が酷すぎる気が

イグニスを奪取するのが目的ならともかく、消すのが目的ならわざわざ遊作の拘束を解いてデュエルをする意味が分かりません
物理的に拘束された状態で物理的に破壊するのではだめだったのでしょうか
兄を相手に葵とAIを引き換えにするのならまだわかるのですが、あの状況で何もできない遊作にチャンスを与える必要性はどこに…

>わざわざ遊作の拘束を解いてデュエルをする意味
こちらは裏があるのでは?との予想もありますね。
http://peperoncino100.blog.fc2.com/blog-entry-2401.html

仮に遊作君の過去に関わっているなら、
今回あたり何か出てくるかと思っていたのですが(あるいは次回?)。

放送開始1か月延期が無ければヴァレルロードにとっては最高の販促でしたね。
FWDは出て早々散々な扱いでしたが…他の人も言及していますが、
パラレルポートアーマーが割られたあたりはヴァレルの効果がOCGと違うのか?
と疑問に思いました。あれは一体何がしたかったんでしょう。

先週なんかリボルバーが遊作を誘導してないか?と引っかかりましたが
今回の回想シーンで出てきた遊作に語りかけてた何者かって子供の頃の
リボルバーなんじゃないですかね。なんかZEXALⅡの遺跡の試練を彷彿とさせる
「俺を超えて見せろ」みたいな流れというか、やはりリボルバーと博士サイドの
行動の不自然さが目に付きます。

>>暇なレジスタンスさん

ドラマ的には、過去の「少年」が既に登場しているメインキャラというのが、
オーソドックスな展開でしょうかね?
よりフェアなのは、声変わりのある人間(男性)でしょうか?
ただ、その中には遊作君の危惧する(ある意味では望む)状況下にある
「アイツ」はいないのですよね。
とはいえ、遊作君みたいに「記憶喪失」とかで、どうとでもできそうですが。

よかったですね リボルバーの対閃光防御は笑ってしまいましたが
というか3話同じ相手のデュエル回ですがこうもだれることなくみれるのは久々で面白いです
あの謎の施設でスピードデュエルとかそういう色々を教育させて最強のデュエリストを作る!的な感じかなと初め見た感想では思いました
謎の声さんがリボルバーという予想もありますが本当わかりませんね・・・・ 

>>不審者さん

>対閃光防御
ビームよりも強烈なマズルフラッシュなんですね。
データストームをブチ抜いたのはカッコよかったと思います。

>謎の声
バディものならAiで、少年漫画ならリボルバーのパターンですかね?
遊作君の認識だと「少年」は「自分と同じく?捕まってた被害者」ですが、
リボルバーには、鴻上博士との間にそういう雰囲気は感じられないのですよね。
例の「3つ」が励ましではなく、実験者側のリボルバーによる
>教育
だったとかで、遊作君ショックな展開でしょうか?
あるいは、第2話あたりで言われていた、
「リボルバーも保護された子供の1人」説は、
誘拐犯がハノイでなくSOLだったなら、まだ有効でしょうかね?
まぁ、その、他の子供たちとか、まだ新キャラが絡む余地も残っているのですが。
少なくともEDはそろそろ変わるということで、新情報に注目しています。

1つ、『アンチエネミーバレット(といいつつフレンドリーファイア)』
OCG的には模範的なプレイングなんですが、なんかこう、ええ・・・っていう。
2つ、対閃光防御というシリアスな笑いのお手本。
見てるときは流してたけど、見終わって振り返るとじわじわくるってのがいいです。
3つ、テンペストアタック(コンピューターの周辺機器やケーブルから漏れる微弱な電磁波を傍受し、セキュリティ情報などを不正に入手する行為)。
ファイアウォール名乗ってるのにそれでいいのかと。

ヴァレルロード予想以上にかっこいい!そしてサブタイから来週になるかなと思ってたらまさかのファイアウォール初陣!!ワクワクを思い出しました。

やはりイグニスは鴻上博士製みたいですね。SOL社重役トリオの一人の口ぶりから察するに鴻上博士は元SOLなのかな。幼少期遊作がいた施設もSOL社絡みだったりして。

>>通りすがっ太さん

>鴻上博士は元SOL
>施設もSOL社絡み
で、対抗するためにハノイを作って~な流れがとりあえず思い浮かびますね。
ただ、ハノイは、目的は(人間にとって)正義でも手段・言動がゲスっぽい
(下っ端やスペクター)のが引っかかりますね。
主人公の遊作君は、当然イグニス存続派になるとは思うのですが、
その場合、その点ではSOLと同じに~と、複雑な状況になり得るでしょうか?
ここから遊作君の心情を丁寧に描写できれば、
話が面白く膨らむのではないかと期待しています。

>アンチエネミーバレット
OCG的には面白い効果処理が、
弾丸化の演出とはあまり噛み合わない感じがしましたかね。

>対閃光防御
発射時にガンコンも欲しくなりました。

>テンペストアタック
風連想の用語で、採用したくなる気持ちは理解できます。
①の効果の方には、よりそれっぽい名前がついてるのでしょうかね?
(ストレートに「ファイアウォール」まんまの可能性も?)

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 デュエル一覧・目次
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析