FC2ブログ
TOP > アニメ感想 > アニメ 遊戯王VRAINS 第58話 感想  
タグ : アニメ VRAINS 感想 

アニメ 遊戯王VRAINS 第58話 感想

TURN 58 「レプリカの魂」

まずは今回の新カードから。

遊作
《ウィジェット・キッド》
OCG版との違い:Wiki参照。
《デトネイト・デリーター》
戦闘相手をダメージ計算を行わずに破壊可。
《リンク・レーション》
マーカー合計数が5以上のリンク同士が戦闘を行うダメージ計算時に発動可。
自分は1000LP回復。この戦闘で自分のリンクが破壊されたら、
ダメージステップ終了時に「レーショントークン」1体を守備表示でSS。
《プロトロン》
OCG版との違い:Wiki参照。

発売間近の「SOFU」の販促か、《サイバース・クロック・ドラゴン》がフィニッシャーでしたね。
闇属性の使用は、「Ai(闇のイグニス)の正当なパートナー」との印象付けも目的かな?
とか考えると、いよいよ《ファイアウォール・ドラゴン》が哀れでなりません。

ボーマン
《トライデント・ハイドライブ・ロード》
リンク召喚に成功したら、素材の属性を得られる。
場にいる限り、自身と同属性の相手モンスターの効果は無効化。
相手モンスター1体を対象に発動可(相手ターンも)。
ターン終了時まで、相手の全モンスターは対象と同じ属性になる。
《ハイドライブ・アクセラレーター》
「ハイドライブ」のみ装備可。属性によって以下を適用。
●地:戦闘破壊されない。
●水:相手の罠の効果を受けない。
●炎:相手の魔法の効果を受けない。
●風:1ターンに1度、他の自分のカードが対象の相手の効果の発動を無効にできる。

《ハーフ・シャット》遊星産)使うとか、真の主人公アピールか?と思いきや、
「レプリカ」論争は思ったより引っ張りませんでしたね。
データストームを召喚してたあたり、やはり正体はイグニス寄りの可能性が濃厚?
(てか、マスターデュエルでのスキル使用は、スピードデュエルの廃止フラグ?)
遊作君の「不屈の闘志」の学習がボスの今回の目的だったようですが、
これで次は別の子の本物とか主張してくるギャグ展開じゃないですよね?(むしろホラー?)
20180704_01.png
まぁ、どんどん強化される敵キャラというのは興味深いです。注目ですね。

しかし、鍵になるであろうと思われた真の遊作君しか知らない記憶に、
まさか了見君が登場するとは・・・
20180704_02.png
被験者の中で特別扱いだった理由付けにはなるかもですが、
こっちもこっちで唐突なために、かえって怪しく見えてしまったり。
まぁ、当ブログとしては、2人の激突時に散らばったカードの内訳が一番重要なのですが。
表面が映ったドラゴン族関連のは全部了見君のってことでよいのでしょうかね?

さて、その了見君ですが、ついに次回再始動しますね。
20180704_03.png
滝響子脱獄囚(30)たちと大いに話を盛り上げてもらいたいです!

遊作君サイドも、ウィンディからの新情報がないか気になるところですが、
キャスト表にいないし、まだおあずけ?


【関連項目】
Playmakerの使用カード
ボーマンの使用カード

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

やっぱりボーマンの本物宣言は、植え付けられた偽の記憶でしたな(予想通りだった)。
マスターデュエルでのスキル使用は、正直なところつまらないので、もうしないでほしいです(マスターデュエルではスキルなしの駆け引きが見たいですし)。
2人が激突したシーンに散らばったカードは、遊作と了見の両方だと思いますよ(その後のシーンでそれぞれの手に渡していますし)。
次回は、ついにハノイが戻ってくるのか〜!!どんな内容か今から楽しみです。

あと、ソウル・フュージョンのCMが放送されましたね。
新たな おろかなシリーズのカードやギャラクシーカードが判明!!。
今回のパックにOCGオリジナルテーマが登場するのか心配です(今んところ判明しているのが既存シリーズの強化や昔のモンスターのリメイク版だけですし、OCGオリジナルテーマの登場が好きな僕としては物足りないです)。

>>アニメオタクさん

>それぞれの手に渡して
いえ、わかってますよ?(だから「内訳」と書いたつもりなのですが・・・)
「その内の"絵が映った"ドラゴン族関連カードは~」という意味です(作画の意図として)。
散らばったのが了見君のデッキだけならば自信を持ってまとめられるのになぁと
(あの状況では遊作君のも映った可能性も捨て切れないのでできない)。
さらに、遊作君のだと確信できるカードを映さなかった理由もあるのか気になるところです
(前回感想の本日の返信コメント参照:
http://peperoncino100.blog.fc2.com/blog-entry-2609.html)。

>ソウル・フュージョン
発売日に向けて怒涛のバレを期待したいですね。失速なしの。



【追記】
当ブログの使用者不明カードの前例
(http://peperoncino100.blog.fc2.com/blog-entry-1997.html)
の通り、注釈付きで一方の使用カードまとめに載せました。
http://peperoncino100.blog.fc2.com/blog-entry-2345.html

私服で勢揃いのハノイ達がなんか草生えた

「マスターデュエルでスキルだと?」
Storm Accessはまだデータストームを召喚出来なかったため、と理由付け出来ますが闘魂やトリックスター・フロードはどうなんでしょう?
ボーマン達が不正な手段を用いてスキルを使用可にしたか、マスターデュエルでスキル使用が邪道な風潮でもあるのか…
今までのデュエルが茶番になる展開だけは御免です。

>>テキトーさん

>マスターデュエルでスキル使用が邪道な風潮
最初にスキルはスピードデュエル独自の要素という説明はありましたね。

しかし、別に全てのスキルがデータストームを利用するわけではないあたり、
「データストームがあるならマスターデュエルでもスキルを使える」
という話ではないのでしょうか?
「スピードデュエルにスキルのルールがプログラムされている」以上の意味(設定)はなく、
敵側は単に
>不正な手段を用いてスキルを使用可にした
のでしょうかね?
(製作側の意図は「棒立ちのマスターデュエルをメインにしたい」とかなのかもですが。)

>私服で勢揃いのハノイ達
バイラさんが色彩的にも「紅一点」になってますね。

遊作と了見の因縁に急な補完(後付け臭強い)が来て自分も戸惑ってます
誘拐にも関与してたのか…
こうなると前章の台詞や罪悪感の描写の評価も変わってくるなあ

>後付け
というのが前提での推測ですが、
前章での決戦時に件の回想の話題が出なかったことについては、
遊作君の方はあの時点ではまだ思い出さず、
決戦後の半年間で思い出した(青年了見君の顔がトリガー)ということでしょうか?
まぁ、しかし、了見君の方は腑に落ちませんね。

また、誘拐時の状況も気になりますね。
名乗る間も無く誘拐されたっぽいですが、
遊作君が誘拐先で最初に「声」を聞いた時の反応的に、
その時点での彼の中では、ぶつかった了見君と一致しなかったことになりますね。
「2人一緒に誘拐された」と思うような状況ではなかったのでしょうか?

あまり納得のいく流れが思いつかないです。
「家にカード見に来ない?」って声をかけるのが大人だと生々しすぎるから、
とりあえず了見君にしたのでは?とか考えてしまいます。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
デュエル一覧・目次
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 AカードのOCG化状況
過去テーマリンク一覧
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

「ゴッドアイズ・ファントム・ドラゴン」付属のVジャンプ2月号(12月21日発売)予約受付中!

スターターデッキ2019(3月23日発売)予約受付中!

SRロード・オブ・マジシャン(3月9日発売)予約受付中!

プレミアムパック2019(3月9日一般発売)予約受付中!

インフィニティ・チェイサーズ(2月23日発売)予約受付中!

20th アニバーサリーレジェンドコレクション(2月9日発売)予約受付中!

ダーク・ネオストーム(1月12日発売)予約受付中!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析