FC2ブログ
TOP > アニメ感想 > アニメ 遊戯王VRAINS 第119話 感想  
タグ : アニメ VRAINS 感想 

アニメ 遊戯王VRAINS 第119話 感想

TURN 119 「壊れゆく自我」

「データ生命体にとってシミュレーションは人生を体験するのと同じ」とは、
なかなかハッとさせられる観点でした。
Aiは本当に絶望で心が壊れちゃったのか・・・ちょっとこれどうすんの!?

今回の新カードはこちら。

遊作
《リンクロス》
(名ターン1)リンク召喚に成功したら、
素材のマーカー数まで「リンクトークン」をSS可(リンク素材にはできない)。
《メタル・モール-フォーゼ》
(名ターン1)NS・SSに成功したら、自場の全ての通常モンスターを、
宣言した属性・種族にできる(ターン終了時まで)。
《プロキシー・F・マジシャン》
自場・墓地に融合モンスターがいれば、融合召喚を行える。
(名ターン1?)手札からATK1000以下のモンスター1体をSS可。
《ヴァレルロード・F・ドラゴン》
OCG版との違い:Wiki参照。
《L2キャッシュヴァリエ》
(名ターン1)NS・SSに成功したら、自分のリンク2を蘇生可(効果無効)。
《リンク・プレッシャー》
(名ターン1)自分のリンクと相手モンスターの戦闘時、
EXデッキからサイバース族1体を墓地へ送り、
自分のモンスターのATKをダメージ計算時のみマーカー数×1000アップ
(相手は戦闘破壊されず、相手へのダメージは0に)。

ここで《ヴァレルロード・F・ドラゴン》だとぉ!?
20190918_01.png
ライバルが未使用のSDの目玉を主人公に譲渡とは、新しいパターンですね。
コレは放送短縮によるシナリオ変更(仮説)を逆手に取った妙手なのか・・・?

Ai
《ガッチリ@イグニスター》
(名ターン1)自分のモンスター効果の発動が相手に無効にされたら、手札からSS可
(この効果は無効化されない)。
このカードとリンク状態の自分のリンクは相手が発動した効果を受けない。
自場の全ての「@イグニスター」は、それぞれ1ターンに1度だけ効果破壊されない。
(名ターン1)場を離れたら、自場の表側モンスター1体を対象に発動可。
このターン、それは相手の効果を受けない。
《グッサリ@イグニスター》
(名ターン1)リンクが戦闘破壊されたら、手札から守備表示でSS可。
(名ターン1)このカードとリンク状態のリンクが戦闘破壊したら、ATK分のバーン可。
(名ターン1)???のリンクの戦闘時にATKを???

なんかここに来てメインデッキの地属性が増えた。
20190918_02.png
IGAS」収録の「@イグニスター」は、ちょいちょい強めに調整されてますね。
《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》にも期待したいところ。

次回は最終回!(ポエム薙さんの予告も聞き納めですね。)
キャスト表バレ的に人間キャラはみんな出るっぽいですが、結末や如何に?
遊作君はAiと融合してネットワークの神となってしまうのか!?
そして、《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》を超える切り札(MGの付録?)は、
はたして登場するのか!?(「エターニティ・コード」の弾も微妙ですが。)
来年の次シリーズの予告は・・・まぁ、さすがに来ないでしょうけども。


【関連項目】
Playmakerの使用カード
Aiの使用カード

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

ヴァレルロード・F・ドラゴンは予想外にもほどがありましたねぇw
(2)の効果が多分残ってるはずですが、効果が発動できない(永続効果は使える)となると該当するのは……

ジ・アライバルの耐性をめぐるやり取りが個人的に今回楽しかったです。
耐性の切り替えっていうのは完全耐性モンスターはまた違った魅力や弱点があって

いろいろありましたが、VRAINS最終回楽しみです(もちろん新作も)。

>>BEXTさん

>耐性をめぐるやり取り
カウンターを使う効果なのが、個人的に、また新鮮な感じでした。
今作でも新たなデュエル構成の可能性を感じられましたし、
次回作にも期待したいです。

しかし、もっと続いていたら、
「プロキシー・マジシャン」の「S」と「X」も出たのか気になるところです。

うろ覚えなんですが何故グッサリを攻撃表示で出してダイレクトアタックしなかったんでしょうか?

これまでAiは遊作達と共に過ごす内に絆や信頼を築いてきたとは思うのですが、仲間のイグニスを失っても残った仲間のことを数えることはせず
シミュレーションがあの結果でも、シミュレーション通りにならない信頼を仲間に見出せないんですね…悲しいなぁ

そもそもこの作品におけるシミュレーションとやらが全く信用できるものでないと見ているのは自分だけ?

>>テキトーさん

>グッサリ
観返したら、手札からの特殊召喚は守備表示限定だったようです(本文修正済み)。
テキストギチギチで見落としていました。
さらに当ブログでは元々簡易的に書いて対象とか抜けがちですので、
逆に混乱させてしまったら申し訳ありません。

>シミュレーション
特に専門的なSFでない作品においては、
なんかカタカタやって結果だけ出てくる、説得力を描写しにくい物だとは思います。
私は「ロック解除」シーンとかもあまり好きじゃないですかね。
http://peperoncino100.blog.fc2.com/blog-entry-1968.html

尺があれば、AI独自の感覚の描写として、
人間を滅ぼす(メインキャラをコロコロしちゃう)人生を
何パターンかループ物っぽく見せる手もあったかもですね
(すごく陰鬱な気分になりそうですが)。

プレイメーカー のエクストラはあと1枚ですかね?それに除外されている正体不明のカードもありますし、Ai側にも伏せカードあるしで、最後まで飽きない攻防が見れそうで楽しみです

>>レイテンシさん

1月パックの名前から「エターなんちゃらコード・トーカー」を予想してましたが、
少なくとも、素材は「コード・トーカー」×6とかではないようですね。
(序盤で《デコード・トーカー》を出した時にはてっきり全種並ぶかと)。

>あと1枚
で連想しましたが、
仮にストーリー大幅カットでもおおまかなプロットは生きていると仮定するなら、
パンドールの元ネタ的にも、最後に希望が残っているかもしれませんね
(漫画版ZEXALの《No.39 希望皇ホープ》とちょっと被りますが)。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th-S
VRAINS】【DUEL-S
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
全テーマの使用キャラ一覧
キャラ別使用カード
デュエル一覧・目次
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 AカードのOCG化状況
過去テーマリンク一覧
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

レアリティ・コレクション プレミアムゴールドエディション(2月8日発売)予約受付中!

レジェンダリー・ゴールド・ボックス(12月21日発売)予約受付中!

エターニティ・コード(1月11日発売)予約受付中!

リンク・ヴレインズ・パック3(11月23日発売)予約受付中!

SDリバース・オブ・シャドール(12月7日発売)予約受付中!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中