TOP > コラム > 遊戯王ZEXAL 考察メモ  
タグ : アニメ 漫画 Dチーム ZEXAL 

遊戯王ZEXAL 考察メモ

20130807_01.png

ZEXALのストーリーの謎について、
アニメ感想、漫画感想など色々なところで好き勝手に書きすぎて
ちょっと自分でどこに何を書いたかわからなくなったので、
各考察、疑問を書いた記事へのリンクをまとめてみました。

※トンデモ説、冗談、既に本編で否定されたものなど色々混じっています。


遊馬関連

「一番大事なもの」は本当にアストラルなのか?(アニメ第1話感想2)
→遊馬がたどり着いた答えは「自分自身」とのこと。(アニメ第143話
→アストラルによれば、もう失っているとのこと。(アニメ第145話
→アストラルの答えは「笑顔」、遊馬の答えは「アストラル」。(アニメ第146話)
→ナッシュ戦で出した「自分自身」もある意味正解?

ZEXALⅡは「遊馬が失う物語」?(アニメ第10話感想2)
→「アストラルを失うことへの恐怖」について揺さぶりをかけられました。(アニメ第119話
→カイトからも前フリがきました。(アニメ第135話
→「一番大事なもの」の喪失は回避した?(アニメ第143話)
→既に失っていた。(アニメ第145話
→「笑顔」は取り戻せた。(アニメ第146話)

九十九未来の失踪のタイミングは?(アニメ第19話感想2)
→一馬と共にアストラル世界にいたことが判明。(アニメ第121話
→探検服でなく私服だったので、「一馬を探しに冒険に行って行方不明」などではなさそう?

遊馬には予知能力がある?(アニメ第111話感想)
→一馬の発言から、遊馬には何か秘密がありそう?(アニメ第121話
→遊馬の正体は古の戦いで分かれたアストラルの分身。(アニメ第146話

九十九一馬が黒幕では?
→遊馬とアストラルが出会うように仕組んだのは一馬。(アニメ第119話)
世界を救うため?遊馬の「カオス(かっとビング)」が鍵?(アニメ第119話感想)
→遊馬の秘密について夫妻は知っている様子。(アニメ第121話
→七皇の呪縛を解く方法を知っていた(アストラルの推測)。(アニメ第130話
→遊馬の正体を知ったのはいつ?

アニメ版の遊馬はトマトが嫌いで漫画版の遊馬は納豆が嫌い。(漫画第26話感想)
→遊馬はアストラル世界が送り込んだ「光」の神官の魂を持つ存在。(漫画第48話
→アニメ版と漫画版では、生育環境以前に前世レベルで別人だった。
→漫画版でもアストラルと合体してゼアルに。(漫画第51話

漫画版の九十九夫妻の失踪の経緯は?(漫画第28話感想)
→一馬は《虹クリボー》を連れていかなかった。(漫画第38話感想
→アニメ版と違い、遊馬への皇の鍵の譲渡(明里経由)と予言は
 アストラル世界へ渡った後。(漫画第43話)

→アストラル世界でe・ラーの存在を知りアストラル世界に協力?
→一馬は世界のランクアップを目指してアストラル世界へ渡った。(漫画第48話)
→そこでe・ラーの存在と彼女を倒す4つの力について知る。(漫画第48話)



ナンバーズ関連

ナンバーズとアストラルの記憶の対応表
→漫画版でナンバーズが飛び散ったのはe・ラーのしわざ。(漫画第47話)

アストラルの「No.」を古の戦いで散った分と遊馬との衝突時に散った分に分けてみた。

WDC編終了までに各勢力が回収したナンバーズまとめ(アニメ第33話感想2)
ナンバーズの所在一覧(アニメ版)
→アニメ版:アストラル、全ナンバーズ回収完了。(アニメ第143話)
→アニメ版:遊馬、「FNo.0」を生み出す。(アニメ第146話
ナンバーズの所在一覧(漫画版)
→漫画版:ゼアル、「SNo.0」を生み出す(「No.77」が変化)。(漫画第51話

自身が生み出したナンバーズの方が支配力が強い?(アニメ第2話感想2)
→遊馬との衝突時に散ったナンバーズがアストラルの「記憶」であるのに対し、
 古の戦いで散ったナンバーズはアストラルの「力」であるとのこと。(アニメ第140話)
→所持者の人格への影響はナンバーズの性質の違いも関係ある?
→遊馬が単独でもナンバーズに取り憑かれなかったのはアストラルの分身だったから?

「善の力も増幅させる」のは漫画版だけの設定?(アニメ第7話感想2)

「No.83」の記憶が母親関連だったのは偶然か?(アニメ第8話感想2)

「No.96」の記憶で爆発していたのは地球なのか?(アニメ第20話感想2)

全部集めなくても飛行船は動く?(アニメ第22話感想2)
→動きました。(アニメ第95話)

なぜ最近現れたはずの「No.7」に言い伝えがあったのか?(アニメ第32話感想2)
→ナンバーズは精霊(残留思念・伝説とも?)との融合が可能?(アニメ第106話
→元々あった「幸運を呼ぶカード」とナンバーズが融合した?
→アリトの前世の時点で「No.54」が発現していた。(アニメ第130話
→遊馬とアストラルの衝突前からナンバーズは数枚欠けていた?
 (遺跡のナンバーズだけ特別なのか「No.7」もそうなのかは不明)

→創世の龍がヌメロン・コードの封印にナンバーズを利用した。(アニメ第133話)
→ヌメロン・コードの力が介入して過去にナンバーズが飛んでいった?
→最初に地上に降りたのは「No.1~4」。(アニメ第139話
→古の戦いで「遺跡No.」を含む50枚は先に人間世界に散っていた。(アニメ第140話
→「No.7」もその時に散った1枚?
→第135話の前世ミザエルとジンロンの出会いの描写的に、
 マッハ、ジンロン、アビスは「実在した幻獣・神とナンバーズの融合体」ではなく、
 過去シリーズのカードの精霊と同じく「ナンバーズそのもの」だった?


記憶の時間軸はどうなっているの?(アニメ第37話感想2)

「No.7」はいつまゆみちゃんに返してもらったの?(DVDBOX4感想)

「アストラル」は自我を持つナンバーズ100枚の集合体で、
現在は「No.39」が代表として表に出ているのでは?(アニメ第38話感想2)

→「No.96」が特別だっただけっぽい。(アニメ第112話)

なぜアリトのナンバーズを吸収できなかったのか?(アニメ第86話感想)
→「CNo.」は「No.96」の力が無いと吸収できない。(アニメ第102話
→一度RUMでカオス化させると素のナンバーズも回収できなくなる?
→オーバーハンドレッドナンバーズはドンが生み出したカードだった。(アニメ第130話)

神代璃緒=ナッシュの遺跡の精霊?
→メラグ?(アニメ第109話)
→ベクターの国との戦争で命を落とした妹とは別に
 璃緒によく似た少女がナッシュの過去の記憶に登場。(アニメ第119話

→妹巫女=精霊らしい。(アニメ第120話)
→中の人のTwitterによると、璃緒=メラグらしい。
→メラグと明言されました。(アニメ第121話
→妹巫女→(死亡)→精霊(この時点ではまだ魂の状態で現世にいる)
 →(兄と共にバリアン世界へ?)→バリアン→(転生?憑依?)→璃緒
 ということ?

→バリアン・メラグが死亡した本物の人間・璃緒に憑依。(アニメ第131話

オーバーハンドレッドナンバーズの番号は所持者の転生順では?
→ナッシュ、ドルベ、メラグ、ベクターは同時代の人間だったようです。(アニメ第108話
→ナッシュ王の記憶に嘘が無ければ、最初に死んだのはメラグ。(アニメ第119話)
→ナッシュとベクターの闇のゲームの結果バリアン世界が成長した。(アニメ第120話
→最初にバリアンに転生したのはナッシュ?
→メラグは精霊として現世に留まった状態からナッシュの後にバリアンに転生?
→ドルベ、メラグの順とは考えにくいので、この説は違うかも?(ベクターの死亡時期も謎)
→オバハンは、強い魂をバリアンに堕とすためにドンが創ったカード。(アニメ第130話)
→ドンが七皇をスカウトした順番?
→とりあえず、死亡順はメラグ、ベクター、ナッシュで確定?(アニメ第136話)
→ドンが最初に接触したのはベクター?(アニメ第137話)
→番号はドンの気分だった?
→ナッシュはいつ「No.101」を入手した?

番号が重複している《No.39 希望皇ホープ・ルーツ》はどういう存在なのか?
→進化にカオスを使わなかったというだけ?(《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》も)

瑠那が「ナンバーズを抹殺」する理由と方法は?(漫画第20話感想)
→理由:フェイカーを止めるため。(漫画第29話)
→実行する時期:フェイカーを止めた後。(漫画第33話)

魂が無くてもナンバーズを開眼させることはできる?心と魂は別物?(漫画第36話

カオスナンバーズはバリアン世界由来で、
シャイニングナンバーズはアストラル世界由来のものでは?(漫画第32話感想)

→アストラル世界が「カオス」を追放したことでバリアン世界が誕生したらしい。
 (アニメ第118話

→「SNo.」は「遊馬の絆を信じる力」で進化した。(漫画第42話
→遊馬が「光」の神官であることを示唆していた?
→カイトは「F(フライング)」でシャークは「S(スイミング)」だったりする?

ナンバーズは開眼前(白紙)の状態では番号が決まっていない?(漫画第48話感想)



アストラル世界関連

異世界への扉が開いた場所まとめ(アニメ第39話感想2)

アストラル人の正体はネズミ?(アニメ第9話感想2)
→バリアンと同様に元人間?(アニメ第108話)

九十九一馬に皇の鍵を渡したのはアストラルなのか?(アニメ第19話感想2)

アストラルが生まれたのは最近のことではないか?
→ドンとの戦いがあったのは数千年前。(アニメ第99話
→アストラル世界から「カオス」を追放したのも数千年前。(アニメ第118話
→数千年前にドンと戦ったのがアストラル本人であることが確定。(アニメ第121話)
→漫画版では「短い人生」と発言(e・ラー封印のために生み出された)。(漫画第52話)

アストラルの使命は本当に「バリアン世界を滅ぼすこと」なのか?(アニメ第106話
→エリファスの意図はそうだが、
 エナは「カオス」の力でアストラル世界を救うのが目的?(アニメ第118話

→「アストラル世界を救う」使命が遊馬とアストラルに委ねられました。(アニメ第121話)
→バリアン世界と融合するとアストラル世界が消滅する。(アニメ第141話
→現状、バリアン世界を滅ぼす以外にアストラル世界を救う方法がない?
→ヌメロン・コードを入手したアストラル、「バリアン世界を消滅させる」ために動く。
 (アニメ第144話)
→アストラル、ヌメロン・コードを使い2つの世界を融合。カオスと向き合う道を選ぶ。
 (アニメ第146話


九十九一馬はすでにアストラル人になっているのでは?
→夫婦ともに人間の姿でした。ちゃんと生身の人間っぽい?(アニメ第121話
→人間+バリアン世界とアストラル世界の接近を食い止める力はある模様。
 (アニメ第142話)
→アストラル世界から夫婦揃って帰還。(アニメ第146話)

アストラル世界が黒幕ではないか?
→「No.96」がドン・サウザンドの一部であることが判明。(アニメ第112話)
→バリアン世界誕生の経緯を考えるとだいたいあってた。(アニメ第118話

アストラル=アストラル世界の神?(アニメ第110話感想)
→さらに上位の存在がいる?(アニメ第8話)
→現在のアストラル世界の最高意思決定者はエリファス。(アニメ第118話)

漫画版の世界は数千年前の戦いで分岐した世界?
→ナンバーズ大戦で最終的に集まる枚数(50or100?)に注目。
→遊馬の正体もアニメ版と変わってくる?
→遊馬の魂はアストラル世界の「光」の神官。(漫画第48話)
→アストラルはe・ラー封印のために最近生み出された?(漫画第52話

漫画版のフェイカーが世界を滅ぼそうとする理由は?(漫画第22話感想)
→カイトが関係しているらしい。(漫画第29話
→アストラル世界を滅ぼせばハルトの魂が帰ってくる?
→フェイカー本人は既に死亡している。(漫画第33話
→Mr.ハートランドはフェイカーの死後アストラル世界への攻撃を止めていた。
 (漫画第34話



バリアン世界関連

かっとび遊馬号の遺跡巡りルートまとめ

Mr.ハートランドは無印では何を目的に動いてたの?(アニメ第13話感想2)
→カイト曰く「コソ泥」。(アニメ第122話)
→特に大きな目的は無かった?

Mr.ハートランド自身は「異世界科学」の技術を持ってるの?(アニメ第14話感想2)

オービタルはいつからバリアライトで動いてたの?(アニメ第23話感想2)
→オービタルが作られたのは6年前。(アニメ第134話
→カイトがナンバーズハント用に改造した際(数ヶ月前?)にバリアライトを組み込んだ?

「2つの世界が近付きつつある」件はどうなったの?(アニメ第25話感想2)
→ドンによって人間・バリアン世界が融合した今(第138話)となってはどうでもいい?
→まだ引き合ってました。
→アストラル世界とバリアン世界が1つになると、
 力の弱まったアストラル世界の方は消滅する。(アニメ第141話


5年前のMr.ハートランドはどこにいたの?(アニメ第26話感想2)
→ベクターの正体をミスリードさせるために画面に映らなかっただけで本当はいた?

トロンは神代兄妹の秘密について知ってたの?(アニメ第26話感想2)

トロンはバイロンの名を騙るバリアン人では?(アニメ第55話感想)
→普通にバイロン本人でした。

異世界に飛ばされたトロンと一馬はいつ別れたの?(アニメ第58話感想)

Mr.ハートランドが異世界に落ちたのは計算尽くだったのでは?(アニメ第68話感想)
→死んでハエになりました。(アニメ第99話)

「フライングクリペン」がDVDでも修正されていない件について(DVDBOX6感想)

真月零は「ブルーノ枠」?(アニメ第75話感想)
→バリアン警察の警部だ!(アニメ第88話)
→なぁーんちゃって!俺ベクター☆(アニメ第96話)

神代璃緒はアストラル人?(アニメ第79話感想)
→バリアン七皇でした。(アニメ第109話)
→死人でした。(アニメ第115話)
→バリアン七皇確定。(アニメ第121話

ギラグはアストラル同様デュエルに負けたら消える?(アニメ第81話
→魂ごとナンバーズを取られることを指す?(アニメ第86話)
→遊馬&ベクターに敗北後、昏睡状態に。(アニメ第94話)
→「No.106」の副作用?(アニメ第87話)

第94話のベクターのアレはフォトンハンド?(アニメ第34話感想2)

トロンがⅣに渡した《炎獄の祝福》はバリアンのカード?(アニメ第34話感想2)

ドルベ・シャーク間の唐突な因縁作り(アニメ第97話感想)
→実はドルベさん鋭かった!(アニメ第109話)

遺跡の伝説は七皇の前世では?(アニメ第100話感想)
→姿・名前ほぼそのままでした。(アニメ第105話
→ドンによって魂をバリアンに堕とされた。(アニメ第130話
→そのため、伝説・事実・本人の記憶間で矛盾が生じていた。

神代兄妹=ナッシュ&メラグ?
→ベクターに殺された後、バリアンから人間に転生?(アニメ第109話感想
→人間の神代兄妹はすでに死んでいる。(アニメ第115話
→神代家の家紋とナッシュの国の紋章が同じ。(アニメ第115話
→神代家はナッシュの子孫?死後に融合?(アニメ第115話感想
→ドルベは何度も遺跡を訪れて「凌牙=ナッシュ」の確信を得たらしい。(アニメ第118話
璃緒に似た少女の方がメラグ?
→璃緒に似た少女の名前はイリス。(アニメ第120話
→中の人のTwitterによると、璃緒=メラグらしい。
→神代兄妹=ナッシュ&メラグと明言されました。(アニメ第121話
→バリアルフォーゼしました。(アニメ第124話
→本物の人間の神代兄妹は事故で死亡。
 その体にバリアンのナッシュとメラグが憑依・融合した。(アニメ第131話

→漫画版のシャークはアストラル世界の「海」の神官の魂を持つ存在。(漫画第48話

ナッシュにはバリアンの起源に関わる秘密があるのでは?(アニメ第108話感想)
→ナッシュとベクターの戦いに巻き込まれた人の魂がバリアン世界を成長させたとのこと。
 (アニメ第120話

→ドン・サウザンドとベクターの共謀?
→ドンが七皇全員の前世と記憶に干渉している可能性が出てきました。(アニメ第130話
→ナッシュ周りにはまだ重要な秘密がありそう?
→判明したベクターの前世から考えて、ナッシュの記憶には大きな嘘はなさそう?
 (アニメ第137話感想

→結局のところ、一連の出来事はドンの七皇スカウト&バリアン世界拡大計画だった?
→ドンの台詞的にやっぱりナッシュにはまだ何かありそう?(アニメ第140話感想
→ナッシュのバリアン堕ちにドンは直接手を下していなかった。(アニメ第141話

ドンはどうやって人間世界とバリアン世界を同一化させるのか?(アニメ第112話感想)
→100万枚のドン製ナンバーズをばら撒いて。(アニメ第122話)
→その目的は、所在不明なヌメロン・コードを人間世界ごと自分に取り込むため。
 (アニメ第138話


バリアンのナッシュとメラグの失踪は何年前?(アニメ第114話感想)
→神代家の事故と同時期?せいぜい数年前?(アニメ第131話

ベクターがナッシュとメラグを殺害した動機は?(アニメ第109話)
→ベクター「最初から気に入らなかった」「ムカつきポイントが1億貯まったから」
 (アニメ第131話)

→前世の恨みが無意識に現れている?
→前世のナッシュとの因縁は嘘(ドンによる記憶改竄)ではないかと予想していましたが、
 人格を歪められた後に実際にやっていた模様。(アニメ第137話


ナッシュが自分の転生後のことをアビスに命じた真意は?(アニメ第109話)
→タイミングはバリアンから人間への転生直前。アビスからの申し出だった。
 別に自分の前世を知っていたわけではなかった。(アニメ第131話)

→バリアンになった経緯を考えると、前世の方のナッシュの命令だった?

ポセイドン海連合があったのは大西洋では?

ドンは神代(ナッシュ王)家と九十九家の先祖?(漫画第46話)



ヌメロン・コード関連

ゼアルの力はヌメロン・コードの力の一部では?(アニメ第98話)
→「シャイニング・ドロー」はエリファスも使える。(アニメ第118話
→遊馬自身に何か秘密がありそう?(アニメ第121話)
→遊馬の正体は古の戦いで分かれたアストラルの分身。(アニメ第146話

「銀河眼」の秘密とは?(アニメ第83話感想)
→漫画版とは設定が違うっぽい?
→新OPのはミザエルが欲しているアレ?(アニメ第124話)
→名前のとおり宇宙に関係が?(アニメ第127話
→ナンバーズを揃えただけではヌメロン・コードは機能しない。
→光と時の龍、生まれし地(月)にて相見える時、
 銀河の瞳真に見開きて新たな世界の扉を開く。(アニメ第128話
→世界を創った龍の涙によって地球と月が生まれ、
 ヌメロン・コードは地球に、その鍵は月に封印された。(アニメ第133話

→「No.46」「No.62」「No.107」が揃ったことで「No.100」の封印が解けた。
 (アニメ第135話

→「ヌメロン・コード」の所在が刻まれたナンバーズは古の戦いで散っていた。
 (アニメ第140話

観月小鳥=ヌメロン・コード?
→違った。

Dチーム版の世界はヌメロン・コードで書き換えた2巡目の世界?(Dチーム第16話感想)



扉関連

皇の鍵の石ってあんまり注目されてないよね(アニメ第23話感想2)

「ゼアル」はまだ序の口?(アニメ第24話感想2)
→ゼアルⅡになりました。(アニメ第98話
→ゼアルⅢになりました。(アニメ第123話

扉とアストラル世界、バリアン世界の関係は?(アニメ第89話感想)
→遊馬の契約した扉はアストラル世界関係者で確定?(アニメ第146話)

皇の鍵はアストライト製なのか?(アニメ第116話感想)
→《RUM-アストラル・フォース》のイラストに皇の鍵が描かれている。(アニメ第119話
→エリファスが出していたのでアストラル世界製なのは確定?(アニメ第121話)



その他

天城家関連の出来事をまとめてみた

ハルトの病気って結局どうなったの?(アニメ第13話感想2)
→生まれつき病弱。(アニメ・漫画版の共通設定)
→漫画版では数年前に謎の難病にかかったらしい。(漫画第33話)
→e・ラーの呪いだった。(漫画第47話)
→Dチーム版でも病気らしい。(Dチーム第21話)

ジンって結局何だったの?(アニメ第17話感想2)

フライング・ランチャーって何気にすごくね?
アンナちゃんの親がどこかの科学者である可能性が微レ存?(アニメ第29話感想2)


チャーリーが明里姉ちゃんに手を出したのは一馬失踪前か後か?(アニメ第31話感想2)

ゴーシュとドロワはナンバーズ・ハンターだったの?(アニメ第37話感想2)
→ゲームではドロワがナンバーズハントを行う描写あり。

小鳥ちゃんがいると九十九家のおかずが一品増える!?(アニメ第40話感想2)

ED3の制服姿のアンナちゃんとⅢは
「よかれと思って」アニメスタッフのファンサービスだったの?(アニメ第76話感想)

→アンナ「制服は(黙って)借りた」(アニメ第92話)
→Ⅲ「制服は(泊まって)借りた」(アニメ第114話)
→2人ともハートランド学園に転入した模様。(アニメ第146話

アニメ版のラスボスは築根優也君では?
→ナッシュまたはアストラルでした。

漫画版のフェイカーの「物に命を与える」技術の出所は?(漫画第17話感想)
→「異世界から得た」とかではなく自力で作り上げた?
→異世界からエネルギーを得ることには成功していた。(漫画第38話)
→エネルギーは異世界のもので、技術は自前?



【関連項目】
アニメZEXAL感想・目次
漫画ZEXAL感想・目次

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

ヌメロン・コードは遊馬がいまのところ一番怪しいですよねぇ・・・
彼が関わったシャイニングドローやリ・コントラクト・ユニバースで誕生したカードにはヌメロンってついてますし・・・

それにしても遊馬はほんと13歳とは思えないw
エリファスに言った言葉だって自身の経験から言った言葉ですから説得力がかなりありますし

ダークサイドに落ちたシャークを何度も救い、(まぁナッシュになったけど)
タッグデュエルをすれば相手のことを気遣いながらうまくアシストし、
悪に落ちデュエルした相手と真摯にぶつかり改心させていくし、

それに忙しくしている明里姉ちゃんやおばあちゃんに授業参観のことを話さなかったり、小鳥にエスパー・ロビンの正体を敢えて明かさなかったり気配りもできるし・・・

改めて並べてみるとほんとに異常な13歳だな・・・

>>ジェネティックさん

ZEXALのモチーフはインド神話や仏教では?という考察がありますが、
遊馬はマジで菩薩のようですね。
Wikipediaの「アカシックレコード」のページが非常に興味深いです。

遊馬の性格がアニメ版と漫画版で違うのは、
アニメ版:父ちゃんの後?に母ちゃんがいなくなった。
漫画版:両親が同時にいなくなった。
という違いも関係あるのかな?などとも考えています。

男爵さんのコメントに興味をひかれ、Wikipedia見てきました。
「アストラル体」の存在を唱えたのが魔術師「エリファス・レヴィ」って……エリファスの名前に、元ネタなんてあったんですね。適当に作られたとばかり思ってた……。
こういう裏話を見ていくと、先の予想もできるし妄想も膨らむ。楽しいですね。

>>じょんどりとるさん

アニメのあらすじバレでエリファスの名前が判明した時は、
「バリアン七皇のようにアストラル世界にも複数人の権力者がいるのでは?」
と思って、魔術師や錬金術師の名前をググったりしたものです。
(実際は彼一人でしたが・・・)

遊戯王シリーズは、毎作品どの神話がモチーフになっているのか
個人的に楽しみだったりします。
未だにGXの十代の前世はどこの国だったのかわかりませんが・・・

連レスすみません。

十代の前世はたぶんヨーロッパ、それもドイツ辺りだと思います。
ユベルの進化形の名前がドイツ語ですし、(多分)ゲルマン系のヨハンと気が合うのも何かの縁だと思うんですよね。

GXはそもそもヴァンパイアと戦ったり、タロット使いが敵だったり、レインボードラゴンの元ネタがカエサルの石板だったりとヨーロッパとの縁が強いと思います。
ゼアル同様コロッセオが出てきたこともありましたね。使ってたのは拳闘士じゃなくアマゾネスでしたが……。

>>じょんどりとるさん

ユベリッターの名前は中二的ものかと思って深く考えていませんでした。
神話テイストの部分を探していたのでドイツは盲点でしたね。
といってもニーベルンゲンくらいしか知らないんですけどね・・・
「覇王」とか「竜の力を体に埋め込む云々」の元ネタもあるのか気になります。

次のシリーズがあったら何の神話が来るでしょうかね?
マイナーどころでポリネシア神話とか来ないかなぁ~

ZEXALの発表当初は「九十九」「神代」で日本神話が来るかと思ってました。
第25話で太陽が3つ出てきた時は
「日月神示」絡みの考察もあって面白かった記憶があります。

ユベルのデザインのモチーフは、インドのヒンドゥー教の神様である
破壊神シヴァとその妻のパールヴァティーが合体した雌雄同体神
アルダナーリーシュヴァラだという説を見かけました。
シヴァは身体に蛇をまきつけた姿をとることがあるので
それがドラゴンと結び付いていると考えられてます。
また、ドイツ語関連は、ぺぺろん男爵さんもご存じのニーベルンゲンに登場する
ワルキューレであるブリュンヒルデと英雄ジークフリードが
ユベルと十代の関係のモチーフだからだと思います。
ブリュンヒルデはジークフリードを生まれる前から守護してきまたしたが
ジークフリードは策略により薬で彼女のことを忘れ、別の女性と結婚します。
それが原因で彼女は復讐をすることになります。
十代がユベルを宇宙に追いやって記憶を消されるのはこれに由来していて
放浪の勇者フリードが異世界で登場したのもその縁のようですね。

シヴァと言えば、仏教では大自在天と言われていますが、
大本教という新興宗教では九十九の力をもち、
救世主の弥勒の敵対者だと言われています。
大自在天はバリアン世界のモデルの一つと言われている欲界を
支配する神なので、これを元ネタにしているなら、
バリアンの神ドンサウザンドと九十九姓の遊馬にはやはり関係が
あるのかもしれませんね。

>>八荷飴さん

>アルダナーリーシュヴァラ
これは知りませんでした。シヴァ神、奥さんと合体までしてたんですね。
パールヴァティーはカーリーと同一視されていますが、
そう考えると結構納得できるような・・・?

>ブリュンヒルデ
ユベルには失礼ながら、イメージ的に「ん?」と思いましたが、
後半のヤンデレ臭にこちらも納得。
そしてフリードの登場にそんな意味があったとは・・・!

>大自在天
ここでまさか「九十九」が出てくるとは・・・!
これすごく気になりますね。
「衝撃の真実ゥ!」来ますかね?

今回も非常に興味深いお話をありがとうございました。

某所で聞いた意見なんですが、
No.39 希望皇ホープ・ルーツの正体に関して

ホープの本来の姿はホープルーツ。
カオス要素を切り離してエリファスの言うカオスの力に頼らないランクアップによってホープルーツがホープに進化した。
昔ゼアルがまだ存在していた時に使用していたエースモンスターがホープルーツで、エナが言った「あの方は・・・」て台詞もホープルーツを召喚した遊馬=ゼアルの生まれ変わり。

という考え方ですが、なかなか面白いと思いました。
ホープ・ルーツ自体素材数は二体ですし、アニメ版ならアストラル・フォースでホープにできますしね。

そういえばシャーク関係のナンバーズって定期的にしゃべる気がしてきた。

リバイス・ドラゴン、シャーク・ドレイク、アビス・スプラッシュ・・・

96は例外児だとしても、ナンバーズは記憶だから、やっぱりそれぞれ意思があるんでしょうかね。



>次のシリーズがあったら何の神話が来るでしょうかね?
最近流行りのクトゥルフ神話・・・は置いておいて
個人的にはアラビア神話やバビロニア神話ですかね。

アラビア神話はマナートという運命の女神がいますし、
バビロニア神話はギルガメシュとかに関係してますから。
どちらもまだ遊戯王関係では出てなかった気もしますしね。

>>ジェネティックさん

>ホープの本来の姿はホープルーツ。
なるほど、あり得ますね。
前々からホープだけ特別っぽい描写がありますし、
なんてったって「ルーツ」ですし。
いや、他のナンバーズにも「真の姿」があってもいいですが(コレクター的には)。

>シャーク・ドレイク
WDC編ではあんなに重要っぽかったのに・・・
今からでも巻き返しは・・・無理かな?

>アラビア神話やバビロニア神話
中東の文化って神秘的で個人的に好きです。

>マナート
アラビア神話は全く知らないのですが、
イスラム教以前に崇拝されていた神様なんですね。
イスラム教以降だと、偶像崇拝禁止ということもあり、
天使のイメージがかなり違っていてこちらも興味深いです。
「アラビアン・ナイト」テーマもいいですね。
《ランプの魔精・ラ・ジーン》とか既にいますが。

>ギルガメシュ
黄金の鎧・・・は573じゃなくて765だった・・・!

シャーク・ドレイクは・・・凌牙の復讐という名のカオスで進化しましたよという記号にはなったから・・・使ってくれればそれで面白いですが。

マナートは運命の女神なんですけど
特に死を司る女神とされてるんです。
なんだか攻撃的そうなモンスターになりそうで、

また、家の守護神としても崇められていたそうです。
シャイニートの影がちらついたのは内緒・・・

他にもアラビア神話にはフバルっていう最高神がいるんですが
後にアラーに最高神の立場取られたという・・・悲しい物語だ。

資料が少ないので自分もあまり詳しい方ではないのですが、
アラビア神話にはどことなくひきつけられるものがあって好きです。

特に遊戯王に出すとしたら名前が面白いと思います。

クザイ
雷の神。
アッ・ズーン
美と愛の女神。
サアド
石に変わった星の神。
シャムス
太陽の女神。
ワッド
恋と友情の神。
アッタール
戦いの神。
アル・ファルサド
生け贄の血を好む黒い頭をした巨人。
フーリ
黒い瞳の女性達。
極楽に行った男性に性的な快楽を与える。 1人の男性に72人のフーリが与えられる。永遠に処○性を失う事がない。

やはり多神教なのでバリエーションが豊富ですね。


あと余談ですが、最近真ゲス回の逆再生動画を見たんですが、
遊馬の逆再生が「アムイ」というなんだか妙にエジプト臭がする名前で笑っちゃいました。

はっ、実はこれ遊馬の前世の名ま(ry

>>ジェネティックさん

アラビア神話も面白そうですね。
確かに名前の語感が新鮮でカッコいいです。
私の中でちょっとアラビアンブーム来そうです。
あとイスラム教における
天国のわかりやすい「ご褒美感」は嫌いじゃないですw

>アムイ
「かっとビング(K)」が合わさると
「カムイ(神)」になるな・・・とかちょっと妄想しました。

考察の場としてこの先の展開とかも踏まえて考えてみたところ、1話の扉の「いずれ一番大事なものを失う」というのは、アストラルなんじゃないかと思います。

「いずれ」という表現には、今すぐ失うんじゃなくて物語の中で見つけていくんじゃないか………そうなると今までずっと側にいて、ずっと遊馬の相棒だったアストラルは、今の遊馬にとっては一番大事なものになるんじゃないか、というのが自分なりの考えです。

そうなるとEDの遊馬VSアストラルも、アストラルとの別れのデュエルとしてやってくれるのかな、と思ってます。

個人的な妄想ですが、遊馬とアストラルのデュエルは、互いに全く同じデッキになるのかな、とか思ってたりしてます。 互いに使うモンスターや魔法、罠は全く同じだけど、アストラルはエクシーズがNo.のみ、遊馬が非No.で挑む………という構図ならすごいグッと来ると思います。

拙い長文になってしまい、すいませんでした。

「一番大事なもの」を育てさせてから最後に奪うというのは
なかなかにエグイですね。(私好みです。)
父ちゃんがそこまで予知しているのかどうかも気になるところですね。

遊馬vsアストラルのラストデュエルは、私も結構前から妄想してたりします。
私的には、
「エクストラデッキは共有・No.の使用は早い者勝ち」というルールで、
《No.39 希望皇ホープ》を使い回して各々が別のホープ進化体を使う
なんて展開が見たいです。

ZEXALの謎がどんどん明らかになって嬉しい反面、
終わりが近づいているのが感じられて寂しい気もしますね。

こうして見てみると結構伏線凝ってんだなぁ・・・

カードゲームアニメだからと言って馬鹿にできないな

個人的に気になるのは遊馬の秘密だな
遊馬自身シャイニングドローを使えたってのもあるけど、前から鍵なしでナンバーズの洗脳に耐えてたり。これずっとアストラルがいるからだと思ってたんだけどそうじゃなかったしなぁ。やはり遊馬=ヌメロンコード説ってのが有力なのかな。もしくは彼が最後のバリアンだった・・・とかあるかもな・・・。

あとはイリスの正体も気になるな
なんか実はドンが化けてたって予想があるみたいだが、一応シャークのことを思って走ってるシーンもあるし・・・


そしてもしかしたら数字だけじゃなくNo.∞とか出てこないかなと姑息な妄想をしてた時期がありました(遠い目)

ドンさんが1000の後ろ二つの0を立てに並べた煩悩の数字であるNo.108を使うという予想してる人もいますね。
自分はMとか関係してたらうれしいな。と思ってますが。

VSアストラルは自分も考えてました。遊馬はホープ以外のナンバーズ使わない。アストラルナンバーズ使いまくるっていう感じですね。
前にベクター戦の妄想で言ってましたが、ダブル・アップ・チャンスを相手の攻撃無効に対して発動してラストを決めたらかっこいいな。と思います。

・・・そういやこのまま行くとカイトに負け越したままになるんじゃ・・・

>>ナナさん

ドン「鈍いなぁ、我がイリスだよ!」
なんてなったら笑うしかないですね。
しかし、「タダの妹のそっくりさんでした」よりはそっちのが・・・

>最後のバリアン
アルk・・・

>No.∞
劇場版があったら出そうですね。または「No.0」とか。



>>ジェネティックさん

>No.108
キリがよいのでそこまで行ってほしいです。

>カイトに負け越したまま
ドンを倒した後にリベンジする尺が残るか気になりますね。
遊馬がいつか越える壁として、
再戦を匂わす終わり方でもカッコいいと思いますが。

・・・プライムフォトンが謎効果過ぎるwテキスト不備じゃなくて、あれはガチなのだろうか?

劇場版あったらNo.EXとかありそうですね。アルカナフォースという前例があるので

>>ジェネティックさん

《銀河眼の光子竜》の強化版ってことで、私は「除外」効果を想像していましたが、
まさか「パンプアップ」の方だとは・・・
でも強いですね。イラストも好みです。

判明しているカードの番号から考えて、
「PRIO」収録のナンバーズは
残りのオバハンと「No.80」「No.43」で埋まってしまいそうですね。
アニメではもう出ないのでしょうか?
(トロン一家の「CNo.」は「PP16」行きと仮定。)

それより遊馬のカードが少ないのも気になりますが・・・
いつも思いますが、
アニメが3月終了で最後のOCGパック発売が2月ってのはどうにかしてほしいですね。
「CPゼアル編2」希望!(切実)

残りの6話?で消化しきれるとは思えないな

バリアン、ナンバーズ関連はだいぶスッキリしましたし、
あとは遊馬の秘密(あれば)くらいですので、
大丈夫ではないでしょうか?

ゼアル二期の展開が一期の焼き直しのように見えてしまったことがあります。似てると言えば似ている程度ですが
(まとめるのが面倒だったので)時系列はバラバラですが私が気づいた点では

敵に狙われる謎の力を持った弟・妹という、ハルトと璃緒の似た立場。

遊馬の預かり知らぬところで、事態が取り返しのつかないところにまでいっている=天城家とトロン一家の因縁、シャークとベクターの前世での因縁。

アストラル死す、そして精神的ショックに打ちのめされる遊馬=Ⅲの力で死亡後の暗い遊馬。ブラックミストの力で死亡後の落ち込んだ遊馬。

私利私欲ではなく誰かを守るために非道を行っている敵=ハルトを救いたいカイトとDr.フェイカー。家族を守りたいトロン三兄弟。バリアン世界を守りたいバリアン。

根っからの悪人だと思っていたら、本当は悪い人じゃなかった敵=Ⅳとベクター(改心はしなかったが、昔はいい人だったので)

今まで散々非道を行ってきた自分を救おうとする遊馬の心に打たれる=トロンとベクター。

諸悪の根源。一切の情状酌量の余地がない敵が現れる=一期でフェイカーの体を乗っ取ったベクター。バリアンの前世での運命を狂わせたドン=サウザンド。

終盤なのに、他のキャラのデュエル観戦ばかりして自分がデュエルする機会がない遊馬。

一期と二期終盤の遊馬・カイト・シャークという集いし三勇士。

と、似たところが多いところに「…意図的なのかな?」と首を傾げました。
長々と失礼しました。

>>こけしさん

>誰かを守るために非道を行っている敵
>根っからの悪人だと思っていたら、本当は悪い人じゃなかった敵
このあたりはZEXALの一貫したテーマなのかもしれませんね。性善説的な?
私は好きですよ。

個人的に、ハルトと璃緒ちゃんはもう少し上手くシナリオに活かせた気がしますね。

謎は多少残りましたが、伏線は大抵回収しきりましたね。
伏線と言ってもハートランドが皇の鍵を見たことがあるとか、
未来さんの行方不明とかその辺ですけど


一馬さんが遊馬の事実を知った時期は気になりますが、
明里に遊馬のデュエルは危険と言った時期と
アストラルらしき人物(あんな裸族結局アストラル以外見当たりませんでしたが)から皇の鍵をもらった時期を加味すると
この時にどことなく察して一度冒険したら嫌な予想が的中しそう。

「明里・・・遊馬のデュエルに気をつけろ」
「いつか私たちはあなたたちの前からいなくなるわ」

ということでしょうか。
父ちゃんはともかくやはり母ちゃんには謎が残りますね。
一馬さんは「大学の講師できる+冒険家etc」ですが、
未来さんは「主婦+冒険家」という情報だけなので


ヌメロン・コードを使い2つの世界を融合させ、カオスと向き合う道を選ぶ。
これを選ぶためには絶対にナッシュとのデュエルは避けられないっていうのが悲しい現実です。
ナンバーズをナッシュとアストラルが持っているというのもありますが、
ナッシュ倒さないとそもそもバリアン世界とアストラル世界がぶつかって
アストラル世界が消滅してしまいますからね……

二つの世界の融合も微妙にナッシュの望みとはずれてますしね。
勝った側だからこそできる変化球です。


ZEXALの力はアストラルが真の力を取り戻す+遊馬補正といったところでしょうか。

二人はほとんど同一の存在=同じレベル(もしくは同ランク)
アストラルはコスモを遊馬は人間としてカオスを得ている。
→二人をオーバーレイ

これによって過去のアストラルよりも実質強化されている状態。
そしてⅡとⅢはそれぞれランクアップの結果なんでしょうね。


「全ての闇を光へと変える力を持った、巨悪に立ち向かう英雄」も
ZEXALでしたが、案外先代ZEXALとかいたのかもしれませんね。

>>ジェネティックさん

九十九夫妻関連はそのうち一度整理してみたいですね。
漫画版の方でももう少し何か判明してほしいところです。

ゼアルはやはり昔よりも遊馬がいる今の方が強いでしょうね。
そしてこれからもっと強くなるはず。

扉さんは何となく三世界の上の次元の存在だと思っていたのですが、
どうもアストラル世界側だったようですね。

訂正

エリファスが言っていた一馬の裏切り

一馬がなぜプラグラムを書きかえれたのか(アストラルと遊馬を合わせるよう)

エリファスが一馬が勝手に書き換えたという発言からエリファスと一馬は知り合いなのか

エナがホープを見て「あの人は…」といった発言

遊馬がアストラルと同一人物なら一馬はアストラルの父親なのか


その他もろもろありますね

>>ドナルドさん

>エリファスと一馬は知り合いなのか
「裏切り」という言い方的に、一時協力関係にあったのでは?
ただ、アストラル世界へ飛ばされる前に遊馬の正体に気づいていたなら、
最初から裏切るつもりだったのかもですね。
むしろ、あのエリファスにどうやって取り入ったのか気になるところです。

プログラムについては、
書き換える術もそうですが、プログラムそのものの形も気になります。
扉さんがカードだったあたり、プログラムもカードだったのでしょうか?

>エナがホープを見て「あの人は…」といった発言
当時は《No.39 希望皇ホープ・ルーツ》自体に秘密があるのかと思いましたが、
今にして思えば、
遊馬が「CNo.」でない純粋なナンバーズを生み出せたことから
その正体に気づいていたのでしょうかね。
あるいは、
台詞をはさむタイミングをエリファスとずらしただけで
エナさんもシャイニング・ドローの時点で気づいていたのかも?

>遊馬がアストラルと同一人物なら一馬はアストラルの父親なのか
遊馬がアストラルの分身であることを考えると、
逆にエリファスが遊馬の父親とも考えられるかもですね。
アストラル製造と遊馬誕生のプロセスが不明なのでわかりませんが。

訂正前のコメントは削除しましたが、よろしかったでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 デュエル一覧・目次
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

「六武衆の真影」付属のVジャンプ10月号(8月21日発売)予約受付中!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析
pixiv
ブックマーク DR100