TOP > アニメ感想 > アニメ 遊戯王ZEXAL 第43話 感想 2周目  
タグ : アニメ ZEXAL DVD 感想 

アニメ 遊戯王ZEXAL 第43話 感想 2周目

※Ⅱ放送開始後に書いた感想です。

ナンバーズ43 「奇跡のオーバーレイ!超銀河眼の光子龍」

昨日の放送でナンバーズに関する1つの大きな謎がようやく明らかになった記念に、
久々に2周目感想記事を。

カイト&遊馬vs&・後編。

~アバン~

ブレイブ・ハート
安定の遊馬のサポート。
しかし、「余計なことを・・・っ!」とか言っちゃう大人気ないカイトが
なんか懐かしい。最近はすっかり頼れるお兄さんになっただけに。

ハルトの記憶
20140210_01.png
リアルタイム視聴時は天城兄弟の思い出の時系列に散々混乱させられましたが、
第134話のオービタルの台詞からハルトが7歳くらいだと判明したおかげで、
この別荘時代は本編開始のおそらく1~2年前だということがわかりました。
ところで、漫画版でハルトが使うナンバーズはやっぱり蛾より蝶がよかったなぁ・・・


~Aパート~

「やりすぎだと!?
 お前は俺たちが味わった苦しみを忘れたのか!?」

結局何があったんでしょう?

ピラミッド・アイ・タブレット
ゲームの「激突!デュエルカーニバル!」ではお世話になりました。
しかし、結局《No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック》はカオス化しなかったなぁ・・・
OCGオリジナルで「CNo.」出してくれないかなー?

模擬戦闘
「バトル・シュミレーション」が誤字なのか意図的なのかいまだに気になっています。
OCG化してくれればはっきりしたのですが。

「デュエルは新しい仲間を、絆を作ってくれる。
 そしてデュエルってのは、
 新しい自分にかっとビングさせてくれる!」

今放送中の最終決戦で皆が遊馬に託して散っていく姿には感動しました。
20140210_02.png

「カオスナンバーズだと・・・ッ!?」
のカタルシスが半端ない。
でもジャイアントキラーの解体シーンは
怖かった。


「この少年・・・九十九遊馬・・・九十九・・・!まさか・・・?」
今思えば、バイロンと同じくフェイカーの被害者である一馬の家族のことを
何で調べたりしてなかったんでしょうね?

ギミック・ボックス
まだOCG化しませんねー。
このカード、ぬか喜びさせてひっくり返すところがⅣらしくて好きです。使ってみたい。

ヘブンズ・ストリングス
これも「激突!デュエルカーニバル!」ではお世話になりました。
普通にアタッカーとして強いですよね。蘇生手段も豊富ですし。


~Bパート~

「ふざけるなテメェら!いい加減沈めよ!沈めッ!」
またもや見事にサポートした遊馬。この台詞も当時流行りましたね。
そしてⅣの定番ネタとなる「次のターンで勝利」の始まりもこの回から。

「お前がハルトを守らなくて誰がハルトを守るんだよ!」
この回はホントにデュエル・メンタル両面での遊馬のサポートが光ってましたね。

「俺に共鳴してみろ!(訳:リリース要員をよこせ)」
にはちょっと笑いました。兄さんマジロマンチスト。

超銀河眼の光子龍
20140210_03.png
作中でまだはっきりと説明されていないのでわかりませんが、
《銀河眼の光子竜》《No.62 銀河眼の光子竜皇》の「仮の姿」ってことで
「半ナンバーズ」的な存在だったために、
ハルトの「兄さんを守る」という心(カオス)を受けて進化したのかな?
などと考えています。
ところで、「光子竜」系召喚時のあの謎の物体
20140210_04.png
は「バリアン由来」アピール?以上の深い意味はなかったんでしょうかね?
正直、《No.62 銀河眼の光子竜皇》の時には
「投げて当たり前」って感覚になっててツッコムのを忘れてましたが。
20140210_05.png

「懺悔の用意はできているか!」
以降カイトのキメ台詞になりましたね。
Ⅳの「ぐおおおおおーっ!!」から「切望のフリージア」に入る流れが好きです。


~まとめ~

第42話感想(2周目)でも書きましたが、ゲスいⅣと大人気ないカイトが懐かしかったです。
リアルタイムでこの回を観ていた時は、
まさか「銀河眼」もナンバーズ関係(しかも超重要)だとは思いませんでした。

アニメがもうすぐ最終回ですが、
2周目感想は、とりあえず初回視聴時に書いてなかった第49話までは終わらせたいです。
WDC決勝編は特に考察することないし、
Ⅱはリアルタイムで考察しながら書いてるからいいかな?
ZEXALは序盤の謎がずっと引っ張られてますし、
むしろまた第1話から観直した方が書くこと多そう。
アニメが完結したら何かしらまとめたいところです。


【関連項目】
カイトの使用カード(アニメ版)
遊馬の使用カード(アニメ版)
Ⅳの使用カード(アニメ版)
Ⅲの使用カード(アニメ版)
遊戯王ZEXAL DVD-BOX 4 レビュー その1・特典編
遊戯王ZEXAL DVD-BOX 4 レビュー その2・DISC編

  

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

スポンサード リンク

関連記事

Amazon人気商品

Amazon.co.jpアソシエイト

この時のカオスナンバーズのカタルシスをほんとすごかったですよねぇ。
今でもカオスの化身であるドン・サウザンド率いるバリアン組が出張っているのでカオスナンバーズという存在自体はすでに十数体登場しましたが
この時はまさに遊馬だけが持つ特別なカードでしたからね。
ホープレイが一番ZEXALで好きなカードなのでちょっとひいき目かもしれませんが。

超銀河眼は未だに謎自体は残ってはいますが、
自分も以前カオスの概念をエリファスが説明した時にハルトのカオスによって疑似進化したものかなと思っています。
ハルトと連動しているような描写やカイトの我が魂発言もありますが。

銀河眼がバリアン関係ではないか、という話はフォトンをフェイカーが作ったこととバリアンの紋章が頭部や尻尾にあったことから結構当初から言われてましたけど、
まさかナンバーズに直に絡むほどの存在とまでは思ってもみませんでした。

>>ジェネティックさん

結局のところ、《銀河眼の光子竜》は
《No.62 銀河眼の光子竜皇》のカードそのものが仮の姿をとっていたのか、
「光子竜の精霊的なもの」が非ナンバーズのカードに宿っていた
(「No.62」本体はずっと月にあってミザエル戦で合体した)のか気になります。
カイトはいきなりどこからか取り出してましたし。
台詞的には後者なんでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

ブログパーツ
アンテナサイト
目次
全記事タイトル一覧
アニメ感想・目次
ZEXAL】【ARC-V】【20th
VRAINS
漫画感想・目次
5D's】【ZEXAL】【Dチーム
キャラ別使用カード
未OCG化カード・目次
ナンバーズ一覧 デュエル一覧・目次
スポンサード リンク
Amazon遊戯王注目商品
今月発売の商品まとめ
来月発売の商品まとめ
遊☆戯☆王 【Kindle版】

「六武衆の真影」付属のVジャンプ10月号(8月21日発売)予約受付中!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
リンク
ランキング参加中
blogramによるブログ分析
pixiv
ブックマーク DR100